まっつうらうらで尾形

March 28 [Mon], 2016, 20:31
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?母子ともに健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると大変だと思います。葉酸サプリを利用することをお勧めします。
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。とりわけて赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は最も重要なポイントだと言えます。ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することがおススメです。例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方にはぜひサプリを活用してみてください。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けることが出来るという報告があるのです。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが賢い方法だと言えます。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、葉酸を摂りすぎる場合がありますので、気を付けてください。理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか誰でも管理できるので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には良いですよね。
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。でも、葉酸には体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。
赤ちゃんを授かったという事で栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。赤ちゃんを授かったあと、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという話があります。ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常の食事での摂取とは別に、葉酸を補給することを厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんに悪影響が無いように、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大切なポイントだと言えますね。
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asgvtemlreaita/index1_0.rdf