今月2日に完成したIGFの新リングが、ロープ間隔の微調整などのため早くもリニ

April 23 [Tue], 2013, 20:32
今月2日に完成したIGFの新リングが、ロープ間隔の微調整などのため早くもリニューアルところが選手たちにとって最も切実な問題である「マットの硬さ」は全く改善されていなかった新しいリングは16日、東京・高円寺の猪木道場に到着鈴木秀樹(33)、澤田敦士(29)、将軍岡本(29)、川口雄介(32)、定アキラ(19)らは「やっと普通のリングで練習ができる」と歓喜したところがそれもヌカ喜びだった

 改善されたのはロープ間隔のみIGFのリングはプロレス用の3本ロープ、総合格闘技用の4本にも対応した特別製転落防止のために下段ロ バッファローは、新転送ソフトウェア「ターボPC EX2 プラス(ターボピーシー イーエックス2 プラス)」を付属した外付けHDDを11製品発表した販売開始は4月下旬

他の写真を見る

 製品ラインアップと希望小売価格は、USB3.0用「ドライブステーション ターボPC EX2 プラス対応 外付けHDD」の4TB「HD-LBV4.0TU3-BKD(ブラック)」「HD-LBV4.0TU3-WHD(ホワイト)」が38,850円、3TB「HD-LBV3.0TU3-BKD(ブラック)」「HD-LBV3.0TU3-WHD(ホワイト)」が22,050円、2TB「HD-LB2.0TU3-BKD(ブラック)」「HD-LB2.0TU3-WHD(ホワイト)」が16,485円、1TB「HD-LB1.0TU3-BKD(ブラック)」「HD-LB1.0TU3-WHD(ホワイト)」が13,125円

 USB2.0対応「ドライブステーション スーパーeco・ターボPC EX2 プラス対応 外付けHDD」の3TB「HD-LSV3.0TU2D」が21,000円、2TB「HD-LS2.0TU2D」が15,330円、1TB「HD-LS1.0TU2D」が12,075円

 全製品とも新転送ソフトウェア「ターボPC EX2 プラス」を付属同ソフトは、ファイルのドラッグ/コピー/切り取りなど、パソコンの操作からHDDにデータが保存されることを検出し、先行して書き込みを行う「アドバンスド ライト」機能を搭載ファイル書き込みの体感速度を速める

 省電力性能を高めており、テレビなどの家電製品と接続した場合に、テレビの電源OFFに連動して本体の電源もOFFにし、待機電力を削減する「スーパーeco」機能を搭載パソコンへの接続時に、一定時間データの転送がない待機時に、HDDの回転を停止して「省電力モード」に切り替えるソフト「ecoマネージャ」を付属する

 縦置きと横置きの両方に対応し、縦置き時の本体サイズは幅39×高さ123×奥行き189mm(突起部除く)、重さは約1kg付属品はUSBケーブル(1m)/ACアダプタなど[PR] 人気の理由は翌朝のドッサリ感噂のお茶が今なら380円でお試し
経済
経済総合
市況
株式
産業
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Facebook

イチロー引退までのカウントダウン
Business Media 誠 4月18日(木)11時39分配信
臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
 日本ではまったくと言っていいほどに報じられていないが、米国のメジャーリーグ関係者の間で物議を醸している話があるヤンキースのイチロー外野手が「2シーズン以内に引退を表明するのではないか」という怪情報だ

 そもそもの発信源は米スポーツ専門局の「ESPN」現地時間で4月1日の深夜に放映された「ベースボール・トゥナイト」という番組の中でベースボールアナリストのピーター・ギャモンズ氏が唐突に「数々の情報を総合すると、イチローは来季までに引退すると思う」と口にしたのだ

●エイプリルフールの出来の悪い冗談だろ?

 放送されたのはヤンキース対レッドソックス戦が行われた直後興奮冷めやらぬヤンキースファンやメジャー関係者から「本当なのか?」との声が次々に上がったのは言うまでもないその一方で、この日は「エイプリルフール」であったことから「もしかしてギャモンズ氏は悪いジョークを言っただけじゃないのか」との見方も一部にはある

 とはいえ、当のギャモンズ氏が、それ以上のコメントを何も発していないことから真相は不明のまま現在も前出の発言が独り歩きしているような状況となっている

 ギャモンズ氏は元プレーヤーではなく、メジャーの「情報通」と言われる重鎮アナリスト2005年には野球殿堂入りも果たした現在68歳の大御所だだが、2010年の8月にはイチローとの“トラブル”も引き起こしている

 自身のツイッターで当時シアトル マリナーズに在籍していたイチローについて「彼は球団のオーナーに(元ロッテ監督の)ボビー・バレンタイン氏の次期監督就任を勧めた」と書き込み、イチローから「根も葉もないこと」と激怒された前歴があるのだしかし、その直後に複数のシアトル地元紙が「ギャモンズ氏はウソをつくような人間ではない」と指摘この騒動は結局うやむやのまま自然消滅してしまった

 この一件とは対照的に今回は、イチローが何の反応も見せていないことから「もうバカバカしくて相手にしていないだけだ」「いや、的を射ているから何も言わないのではないか」と見解が真っ二つに分かれている

●イチローの定位置確保は非常に危うい

 それでは本当にイチローの引退Xデーは本当にカウントダウンが始まっているのだろうかまずは現況を見てみたい

 今季開幕からイチローは右翼のスタメンを確保しているものの、4月14日時点で打率は1割台自慢のバットはまだ湿りがちだこうした状況のなか、開幕前のオープン戦で死球を受けて右腕を骨折した外野手のグランダーソンが予定通りに5月上旬の復帰を果たせば、イチローの定位置確保は非常に危うくなる

 グランダーソンは昨季チームトップの43本塁打を放った主力打者他の外野先発メンバーで中堅手のガードナー、左翼手のウェルズはそれぞれ持ち味を発揮しており「2人をスタメンから外すのは難しい」というのが地元ニューヨークメディアの一致した分析だ

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」で専属アナリストを務めるマット・ステアーズ氏(元ナショナルズ、中日など)も「グランダーソンの負傷によってエンゼルスから獲得したウェルズは打率3割台で絶好調一方のガードナーは打率2割台だが、イチローより数字は上しかも俊足攻守でタイプ的にはイチローと似ているそう考えれば、ガードナー、ウェルズ、グランダーソンの3人で外野手の先発メンバー再編がなされ、打撃が低迷しているイチローが控えに回される可能性も十分さらに左打ちに強いボッシュもいるからね彼が非常に厳しい立場に置かれているのは間違いない」と述べているオフにヤンキースと2年契約を結んだとはいえ、イチローを取り巻く現在の環境は決して「安泰」とは言えないようだ

 それだけではないイチローに「引退」の2文字が迫る理由として、周辺からは身体および外的要因を指摘する声も聞こえてくるまず身体の問題は「目の衰え」だすでに両目の視力は0.4程度しかないことは球界関係者の間で知られているが、イチローが気にかけているのはこの数字ではない

●トレーニングでは動体視力の低下を止められない

 イチローに近い関係者によれば「彼はボールをバットに当てるために必要な動体視力がここ最近、急激に低下している」近視については眼鏡やコンタクトレンズ、またはレーシックなどで矯正することが可能だが、動体視力は近視矯正ほど簡単ではないうえ、時間と労力が必要になる今年で40歳を迎えるイチローも、さすがにこの問題だけは手のつけようがなく頭を抱え込んでいるという

 イチローはバットの芯でとらえる打撃と、あえてほんの少しだけバットの芯より先でとらえることで打球を詰まらせ野手の間に落とす打撃を使い分けているこれはバットコントロールが優れているのはもちろん、150キロ強の動く速球を正確にとらえるケタ外れの動体視力を備えているからにほかならない

 「野球選手の多くは35歳を過ぎると、目の老化が顕著になってくるだからイチローも密かにこうした老化にブレーキをかけるべく、速いボールに振り遅れないでキッチリと対応できるように投手との距離を縮めて打撃練習を行っているのです

 遠くから近くに来る物を見る『KVA動体視力』を鍛えるためには、ピントを調節する水晶体を支える筋肉のトレーニングが必要不可欠ただし、これはあくまでも『ブレーキ』をかけるためのトレーニングで、動体視力を『向上』させることはできない

 今のイチローがバッターボックスでとらえたと思ったはずの打球がファウルになったり、打ち損じたりするケースが多くなっているのは、やはり動体視力の衰えそのものに拍車がかかっていると言わざるを得ない」(メジャー関係者)

 そして「外的な要因」としてささやかれているのが、2012年12月末に現役を引退した松井秀喜氏の存在だ巨人、ヤンキースの主軸としてエリート街道を歩いてきた同氏も現役最後の昨季は開幕から所属先が決まらなかったばかりか、途中加入のレイズを7月下旬に解雇され、過去の輝かしい経歴とは対照的に寂しいラストシーズンとなった

 こうした松井氏の姿を見たイチローは今年に入ってから「自分はボロボロになるまでユニホームを着たくない」と複数のヤンキース関係者に漏らしているという

●イチローが渇望するもの

 「イチローは肩を叩かれながら辞めるより、惜しまれながら引退したい気持ちがとても強いようだその思いは同じヤンキースのチームメート、デレク・ジーターと共通している彼が2シーズン以内に辞めるかどうかは分からないが、1つだけ言えることがある

 それはヤンキースでワールドシリーズを制覇することが、彼の野球人生の節目になるということだイチローは個人記録にばかり興味があると思われがちだが、実は一番欲しいタイトルこそがワールドチャンピオンの座

 イグチ(現ロッテ)がホワイトソックス、タグチがカージナルス、そしてマツイがヤンキースで次々とチャンピオンリングを手にするなか、日本人メジャーリーガー野手のパイオニアであるイチローは地区シリーズ優勝止まりワールドチャンピオンになっていない劣等感を抱いている」とは、ニューヨークの地元ケーブルテレビ局「YES」で長きに渡ってアナウンサーを務めるマイケル・ケイ氏のコメントつまりイチローはヤンキースで世界一になった直後に現役からサッと退くつもりなのではないか――という読みだ

 真相は分からないとはいえ、かつてイチローは「ボクは周りの人たちの予想を、いい意味で裏切るタイプ外野でグチャグチャ言ってばかりの人を喜ばせるようなことだけはしたくないですからね」と語ったことがある周囲から自身に対する低評価や限界説が飛び出すと、言葉ではなくプレーで“答え”を出してきたシーズンはまだ序盤だ突如として持ち上がった引退説を吹き飛ばすような今季の暴れっぷりを日本のファンは期待しているープの位置を微調整したモノが、今回のリニューアル版だ

 ところがマット下の敷板、マットのクッション、ほぼ無いに等しいスプリングは以前のままどうやら真相は、サイモン猪木取締役の発注ミスだった模様…

「この硬さじゃボディスラム一発で試合が終わっちゃう」(岡本)、「他団体の選手から、IGFがますます嫌われる…」(鈴木)と文句を言われたサイモン氏は、「まあ、つまり、それぐらい緊張感のある戦いを目指せ、ということです」とごまかすばかりマットの硬さが要因となり“プロレス界の番外地”IGFのファイトスタイルに変化が現れそうだ鈴木秀樹(33)、澤田敦士(29)、将軍岡本(29)、川口雄介(32)、定アキラ(19)らは「やっと普通のリングで練習ができる」と歓喜したティファニー キーリング鈴木秀樹(33)、澤田敦士(29)、将軍岡本(29)、川口雄介(32)、定アキラ(19)らは「やっと普通のリングで練習ができる」と歓喜したケース コピー鈴木秀樹(33)、澤田敦士(29)、将軍岡本(29)、川口雄介(32)、定アキラ(19)らは「やっと普通のリングで練習ができる」と歓喜したグッチ iPhone ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asfoew256/index1_0.rdf