多汗症と言う病気について 

May 21 [Mon], 2012, 15:45



「多汗症」という言葉を耳にした事はありませんか。

多汗症とは読んで字の如く、汗をかく量が人よりも多い症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を言いますが、全身にたくさんの汗をかく「汗かき」とは異なる症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)です。

それでは、多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)とは一体どんな病気の事を指すのでしょうか。

多汗症とは、二つある汗腺(エクリン腺とアポクリン腺)のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要以上に多い病気のことをいうのです。

全身的に発汗が起こる症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を「全身性多汗症」、手のひらや顔、脇の下や足の裏などの特定の部位にのみ多量の発汗が見られる症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を「局所性多汗症」と言います。

多汗症と言っても、自分が単純な汗かき体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)なのか、それとも多汗症なのか、はっきりしないケースも多くあるんです。

多汗症の症状は人によっても様々で、少し汗ばむ程度の人から、汗が滴り落ちる程の重症な場合もあります。

例えば、字を書こうとしたら手の平の汗で紙が濡れて破れてしまった、ピアノを弾こうとしても、汗をかいて鍵盤から指が滑ってしまう等、他人と比較して明らかに汗をかいていると感じたら、多汗症を疑ってみてもいいかもしれません。

多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)をそのままにしておくと、人の目が気になる対人恐怖症になったり、好きな人が出来ても手も繋げありませんので異性と付き合う事が出来なかったり、消極的になったりと、日常生活でもあらゆる支障が出てきます。

自分が多汗症だと自覚したのならば、早目の対処が必要になってくるでしょう。









<PR>
不眠症を改善させるには?
うつ病 改善

多汗症の原因ってなに? 

May 21 [Mon], 2012, 15:45



多汗症の原因としては、以前は緊張や不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)などからくるストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が原因だと考えられていました。

「気の持ち方次第で多汗症は治る」と言われていましたが、実際にはリラックスしている状態でも手の平から汗が滴り落ちたり、朝目が覚めた瞬間に汗をかきはじめたりするケースもあり、必ずしも精神的な要因による病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)だとは言えない事が判っています。

それでは、多汗症の原因とは一体どんな事なんでしょうか。

多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)には、もちろん、「精神性発汗型多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)」といって、ストレスや緊張から自律神経のバランスが崩れて交感神経が副交感神経(主に夜に働き、昼間の活動でのダメージや疲れを修復して次の活動に備えます)よりも優位になり、発汗を促すケースもあるでしょう。

その他には、中枢神経の異常や循環器の疾患、内分泌異常や代謝異常などの病気によっては多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)になる場合もあるでしょう。

具体的には、バセドー病や褐色細胞腫、急性リウマチや糖尿病などです。

急に汗の量が多くなった場合には、こういった病気が原因である可能性もあるので、早目に専門医(かかりつけ医に診てもらうのもいいですが、不調の箇所や原因がある程度はっきりしているのなら、こちらを選択する方がいいかもしれません)を受診するようにしましょう。

また、ホルモンバランスが崩れると、自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)に影響を及ぼし、多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)となる可能性があります。

このような多汗症の場合には、全身的に発汗が起こる「全身性多汗症」となるケースが多いようです。

食事が原因となる多汗症もあります。

具体的には、辛いものや酸味のあるものを食べたり飲んだりした場合に、発汗神経が刺激され、多量の汗をかいてしまいます。

これは、「味覚性多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)」と呼ばれています。

このように、多汗症の原因は人によって色々なんです。




体の一部分を中心に汗が多いのは病気なのか? 

May 21 [Mon], 2012, 15:45



手の汗が酷くて書類が濡れて字が書けない、寒い季節なのに靴の中が湿ってしまうくらい足に汗をかく、水浴びをしたのかと思うくらいに背中から汗が滴り落ちる、脇の下がビショビショになる。

こんな経験をした事はありませんか?

もしかすると、それは単純にあなたが汗かきの体質だからなのかもしれませんね。

けれど、年齢を重ねてもなかなか症状が改善されなかったり、日頃の暮らしにまで支障をきたしたりするようであれば、それは単なる汗かきではなくて、何かの病気かもしれません。

それでは、体の一部分を中心に汗が多量に出る症状には、一体どういう病気が考えられるんでしょう。

手であったり、顔であったり、足であったり、体の一部分を中心にして汗が多量に出てしまう症状は、多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)が考えられます。

多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)は、人が汗をかくほとんどの体の各部分から発汗し、汗の程度によりレベル分けされているので、なかなか多汗症だとの特定は難しいかもしれません。

けれど、基本的には汗と言うものは、体温調整を行う為に出てくるものなのですが、涼しい季節やエアコンの効いた涼しい部屋の中にも、ビショビショになるくらい多量の汗をかくようでしたら、まず多汗症を疑ってみましょう。

多汗症の中で、手の平や足の裏、脇の下や頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)、顔などの一部分から大量の汗をかく場合には「局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)」と呼ばれています。









<PR>
胃もたれ吐き気を解消するには?
ファンダメンタル分析の手法など!トレードテクニックを公開!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ase9191/index1_0.rdf