粗悪品を購入し、重大な副作用に見舞われるケースも相次いでいます。

October 25 [Sat], 2014, 13:09
バイアグラの登場は世界中で衝撃をもたらしました。
日本での販売は1999年と他の国に比べてやや遅れましたが、
粗悪品を購入し、重大な副作用に見舞われるケースも相次いでいます。
そんななか、「バイアグラを超えるむED治療薬」と話題となっている
では実際にこのゴールドバイアグラ はED治療薬として
どれだけ「使える」のでしょうか。
じつはこの製品、かなり危ない内容であることがわかっています。
偽造品の段階で安全性を疑ってかかる必要があるわけですが、
この製品の場合はとくに危険性の高さが指摘されているのです。
なんとバイアグラの主成分となるシルデナフィルが本家の4倍以上も
含まれているケースもあるというのです。
手を出すととんでもない副作用に見舞われる恐れがあります。
バイアグラゴールドには十分注意したほうがよさそうです。
ファイザーの池田哲也セキュリティ・オフィス部長によると、世界中でバイアグラの偽造薬は流通しているものの、「ゴールド」が販売されているのはなぜか日本だけ。押収品の成分を調べると、本来の有効成分が真正品の4倍以上と、過剰に高いものもあったという。池田氏は「日本人の体格からすると、有効成分の量があまりに多すぎる」と言う。池田さんが中国で確認した製造現場では、錠剤の着色料として塗料の青色ペンキを使用していたそうだ。ほかの現場では、殺虫剤の原料となるホウ酸や黄色いレンガを使った粉末が着色・凝固材に使用されていたところもあったそうだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あsfdfdfsdgwせ
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asdqwqaq/index1_0.rdf