朝起きるのが辛い症状の改善方法で毎日スッキリ

January 24 [Sat], 2015, 1:59
朝起きるのが辛くてなかなか布団から出ることができないけど、
体質なのかもしれないけど、どうやって改善していいのか
さっぱりわからない。


こんな悩みを抱える方は多いです。


いざ起きる時間になっても、体がダル重い、
めまいや立ちくらみがする、食欲がなく胃もたれがある
便秘がつらい、冷えやすい、足がむくむ


こんな症状を抱えていませんか?


上のような症状が当てはまる人は、
生活習慣を改善することで、朝起きるのが辛い
症状を改善することができます。


朝に弱い人は自律神経の乱れや
筋肉が少ない痩せ体質の方に
多い症状です。


○朝起きるのが辛い人の日常生活の改善方法○

朝起きるのが辛い人の症状には、食生活や運動や生活習慣
などと密接に関係していることが多く、問題で改善することで
つらい症状が一気に楽になることもあります。


・朝起きるのが辛い人ポイントその1:朝日を浴びる

朝の目覚めを良くするためには、毎朝しっかりと
朝日を浴びることが大切です。


そうすることで、体内時計がリセットされて
夜眠くなって朝になったら目が覚める体のリズムを
整えることになるんです。


もし、寝室は朝日が差し込む部屋であれば、
カーテンを開けて眠るのもおすすめ。


徐々に部屋が明るくなり日差しが差し込むことで、
自然と目が覚めやすくなる働きがありますよ。


・朝起きるのが辛い人ポイントその2:朝一番の水分補給

サラサラ血液の量を増やして、血液を体中に送り届けるには、
水分をしっかりと補っておかなくてはいけないんです。


朝起きたらまずは体温と同じくらいの水か、
温かい白湯を飲むのがオススメ。


朝から元気に動き始めるためには、体の巡りをを良くする
ことが必要不可欠です。


・朝起きるのが辛い人ポイントその3:朝ごはんを食べる


朝ご飯は必ず食べるようにしましょう。


何故かというと、朝食を抜いてしまうと胃腸がうまく
働きだすことができなくなることで、水分の吸収も
できなくなるため、血液の流れも悪くなります。


朝起きるのが辛い人の特徴として、
朝ご飯を食べている余裕があるなら
その時間を睡眠時間に使いたい。


なんてこと言ってギリギリまで
寝ているなんて話をよく耳にします。


ですが、その時はそう思うかもしれませんが、
長い目で見ると朝ご飯を食べた方が体の栄養バランス
も整うので体の元気度は全く違ってきます。


しかも、食べようとする意欲や行動は、
交感神経の活性を高めるので、自律神経を
安定させることにも役立つからです。


毎日の生活にハリと元気を取り戻したいなら、
朝食を食べる事は必須です。


同時にだるさも軽減できますよ。


ちなみに食べるものでオススメなのは、
ご飯、納豆、味噌汁と緑黄色野菜が
食べられればベストです。


実践したら調子が良くなりそうな事はわかるよっ!


できればそうしたいけど、でもなかなか
そこまできっちり管理した生活は難しいんだ。


という人もいるかもしれません。


でも、朝起きるのが辛いのはなんとかしたい
そんな方たちに口コミで評判になっているのが
朝スッキリに役立つ『月の休息』です。


しかも、月の休息は、
月の休息7日間お試し版があるので
安心して試してみることができます。


気になる方は下記の画像をクリックして
詳しい情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓






朝起きるのが辛い症状の改善方法・番外編

January 24 [Sat], 2015, 1:59
最近増えている起きられない原因に、
睡眠不足に悩む方も多いです。


毎朝早い時間に出勤して、夜は終電ギリギリまで
働いているという人も少なくないのではないでしょうか。


そんな時間がない中でも、プライベートの
時間がほしいということで夜更かしをしてしまい、
次の日の朝起きるのが辛いといった方も多いのでは…


実は私も以前そのような悩みを抱えていた1人。


悩みに悩んだ私がとった行動は…


1、帰宅直後すぐに軽く晩ご飯を食べる

2、食後すぐにお風呂に入る

3、就寝

4、早朝に起きる

5、プライベートでやりたいことを早朝やる

6、会社に出勤するときには超覚醒モードで元気


悩みに悩んで私に1番しっくりきた方法
がこの方法です。


ポイントはがっつり晩ご飯を食べてしまうと、
消化が追いつかず、毎日やると体に悪いので、
空腹で眠れないのを防ぐ程度しか食べません。


慣れないうちは物足りないのですが、
すぐに寝てしまうのでそれほど空腹も
感じず寝ることができます。


しかも、本当に疲れているときには早朝に起きる
のをやめて、長めに寝る事していました。


この生活パターンに変えてからは、とても
カラダが元気になり、会社での仕事も朝から
マックスパワーで働ける状態に…


仕事がはかどるようになり、午前中には
1日の仕事のメドがついてしまうこともあるほどです。


いいことだらけなのでこの方法はとってもおススメ。


月の休息と合わせて実践することで、
深い睡眠をとれると評判です。

朝起きるのが辛い症状の改善方法・適度な運動で体スイッチをオン

January 24 [Sat], 2015, 1:58
これまで食事の方法や睡眠の取り方
について話してきました。


最後におすすめしたいのが、
何か楽しめる運動を続ける。


ポイントはあくまでも『適度な運動』
絶対に『過度な運動』ではありません。


適度な運動することで血流が良くなって、しかも、
楽しめる運動であれば夢中になり、精神的にも
興奮状態となるため交感神経が活性化します。


日常的にこのようなことをしていると、
すべてのことに対してやる気や元気の
原動力にもなります。


はじめは毎日じゃなくても、週に1回
でも構いません。


それだけでも充分効果あるんです。


朝起きるのが辛い症状の改善方法について
様々説明してきましたが、自分のできる範囲から
実践してみてください。


月の休息と合わせて実践することで、
効果がでやすくなるのでお勧めです。
P R