左右の手で持ち吟味しても茶色い岩ですよね!

January 24 [Thu], 2013, 0:41
二週間前に友達よりクロネコさんで兵庫名産の大きな山の芋が届きました。
友達は数年前に大切にしていた犬を突然に亡くしたので、大切な愛犬の命日にと百合の花束を送りました。
昔からの友達は愛犬の命日を覚えていた事に心から喜んでくれ郷里名産の山の芋を感謝の形として届けてくれました。
届いた箱を開けると「何も無いよ?」在るはずの山の芋が見えません!箱ギューギューにオガクズが入れてあり其れを除去すると内側からブツ?が現れて来ました。
「ん?岩石?」って思えるほど茶色くってゴツゴツした山の芋。


短冊に切って食べる事しかひらめかない私(涙)思い巡らしていると芋を取り出したオガクズの下にピカッと光るOPP封筒を見つけました!それを取り上げてみると中に案内の冊子が入っていて調理例が何通りも紹介してあり速攻、開封しましたよ!山の芋は、揚げ物にしてヨシ!煮物にしてヨシ!焼き物にしててヨシ!どの写真を見てもウマそうなんです♪それが私の料理魂に火をともし山の芋料理に凝り出した発端となりました。
料理関係のHPを検索したり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理の品目の多さにびっくりでした!寒い時期は自家製ホワイトソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて蒸し焼きにすると香ばしくってデ〜リシャス!他には無難ですが、海苔に付けて揚げてもイケますよ。
色々なレパートリーが増え、プチ料理教室を開催する楽しさを知りました。
素材は素朴なほどたくさん遊べて独自性が出せ楽しいですね!で、最終的に気が付いたの事は一番お願いされるメニューはシンプルに焼くだけとか。


がっくし(泣)でも友からのプレゼントのお蔭で私の趣味が一つ増え幸せを感じています。
後少し残っているので、今日のお昼ご飯はみんな大好き揚げ物に決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/asamafuro/index1_0.rdf