大きなランドセルを

April 02 [Tue], 2013, 2:40
私が小学校に入学する時、買ってもらったランドセルは自分の背中なんかよりもとても大きい物でした。私が小柄だった事もあるのでしょうが「これに本を入れて、歩いていくの?」と不思議に思った事を今でも覚えています。
4歳年上の兄は軽々と背負っているのを毎日見ていても、幼稚園のバックよりもずっと大きいランドセルはなんだか特別な物のように見えていました。
そんな事を思っていても使っていると次第に大きさにも慣れてきて、普通に背負って歩くようになりました。そうなってくると子供なので当然、ランドセルの扱いも雑になってしきてしまいます。
私がその時住んでいたのは東北で、冬になるとたくさんの雪が降りました。平らな道はもちろんの事、帰り道の坂道も雪と氷でつるつると滑ります。
お世話になりましたランドセル!
なので冬の帰り道の途中で、友達とランドセルをソリ代わりにして遊んでいたのです。(教科書やプリントは多少濡れてましたが、乾かして使っていました)
皮なのでそれだけでもある程度は滑るのですが、スキー板と同じくワックスやオイルを塗るともっと滑るんです。なので親には「ランドセルの手入れ」と称してワックスを買ってもらい、滑って帰宅した後には塗りこんでいました。
ですが子供のいたずらはばれるのがお約束です。ランドセルについた氷のキズと「ランドセルで道路を滑っている子供がいる」との通報があり、同じ事をしていた生徒たち共々、教師と親たちからこってりと怒られました(笑)
そんな遊びにも使っていたので、卒業する頃のランドセルはすっかりとくたびれていた記憶があります。
今ではお店に並ぶ新品のランドセルを見る度に、あのキズだらけのランドセルを懐かしく思い出します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さかえ
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asaka734/index1_0.rdf