あしゃの一ヶ月検診&お出かけ 

2006年08月02日(水) 22時19分
43日目でちょっと遅くなったけど、あしゃの一ヶ月検診へ行って来た

お昼からだったので、その前に近所の韓国料理店でランチ。
石焼ビビンバセットが750円で安いっ♪
その前に、3種類のお惣菜も出てくるしお得ですw
あたしは、母乳なので辛いモノはダメだから辛味噌はナシで・・・(自分で好きに入れられるの)
予定では、お宮参りも行こうかと話してたんだけど、それは次のまきのお休みの日になった。
さぁて、お腹も満腹になったので病院へ

早くに家を出たのでかなり早めに到着。まず支払いを済ませる。
授乳室へ行ったりして待っていると徐々に赤ちゃんを連れたママさんがやってくる。
平日のお昼間なので、今までと違い男の人の姿はほとんどなかった。
まきに「ねぇ、男の人まきだけかもよ?」と話していた。
うちは、あたしが腕が弱くて、あしゃを長時間持てないのでまきのお休みの日にしか動けない。
まきも分かっているから結構平気で「俺、仕事してないと思われるかな」なんて笑っている。

時間が来て部屋に入るとパパは20組中ふたりでした。
1ヶ月検診の他、3・5・7ヶ月検診組が一緒で、それぞれシートに分かれて案内される。
うちは受付が2番目だったのでサクサク進んで良かった"(#  ̄ー ̄)〇

まずは体重測定。
ここで、5kgはあるだろうな・・・という想像を通り越して5540gと告げられる
5.5`、5.5`・・・・・・・・・・とこの後、一日中頭をぐるぐるしてました^^;
あしゃって産まれた時も確かに大きくて3540gだったんだけど、1ヵ月半で2kgも〜!!!!!
ちょっと増えすぎで、そりゃあ重い筈だわ
まぁ、健康で良いんだけど、これで完璧にまきのお仕事が増えますね(苦笑)

その後、身長計測、ケーツーシロップというのを飲ませてもらい(半泣きで我慢してました←ひ〜ん、と言いながら口をへの字にして涙をひとつぶ貯めていたww)、助産婦さんとお話、医師と問診、栄養士さんとお話。



うっ
あしゃがパイパイって呼んでいるので(※ジタバタと手足を動かして口をぺろぺろしている)行って来ます!
続きはまた後で〜

出産日記 更新 

2006年08月01日(火) 23時58分
6/20の出産日記(出産Bと誕生☆)を更新。

この日は、あしゃがこの世に生を受けた大切な日なので日記も大作ですがあともう少しかな。
後産の様子と病室に行くまでとか、その夜とか・・・
午前1時25分に出産したので1日が長く、なんだかずぅーっと続いてどこが1日の境なのか分からなかったなぁ。
ずっと夢見心地な気分でした。

ちなみに、もっと短いですが、一週間の入院中の簡単日記もあるのでこれからUPする予定。
なんかねー。ずぼらなあたしが「これはつけてないと!」って思ったんだよぉ(笑)

あ。
このブログ、8/1の夜になってますが、日付詐称です(笑)
えっと、今はホントは[8/2の4:14am]ですね。
あしゃと生活してると昼夜逆転の生活です^^;
と言っても、睡眠自体が1日3〜4時間なので特に夜に寝なきゃって感じでもないかな。

さて、8/2は、久しぶりの外出です!
やっとまきの休みが取れたので、随分遅くなったけど、あしゃの一ヶ月検診。
生後2週間の時点で4000g弱あったビッグベイビーは何gになっていることやら・・・
もう既にあたしひとりでは、重くて外出できません


初☆ 

2006年07月31日(月) 12時49分
初めて携帯から送ってみます 笑〃
あしゃ画像も送れるかな?
ちなみに生後10日頃の写メだったかと思われます。
まだ男の子みたいだp(^□^)q
(最近の写真は、乳児脂漏性湿疹:乳児の9割が出る湿疹:がひどいので、見せれたもんじゃありません-.-;;)

生後40日 

2006年07月30日(日) 9時32分
出産の様子を書きかけたまま放置しています。
退院してきてから怒濤の日々を過ごしているのと、入院中毎日、簡単日記をつけていたメモを紛失しちゃってたからなんですが、やっと見つけたのでまた暫くしたら再開する予定。
勿論、日付詐称でね(笑)

近況としては、便秘気味な「あしゃ(仮名)」(←やっと生後一ヶ月になった我が子ちなみにまきはあしゃしゃんと呼んだり)はあんまり眠れないようで、赤ちゃんのクセに目の下に隈がある〜
毎日、うんちくんが出るまで心配で仕方ありません・・・

ホントは、赤ちゃんってその子によって、毎日うんちが出る子と、一週間近く出ない子もいたりするそうで、病院とか誰に聞いても2−3日くらい出なくても大丈夫よと言われてるのですが、真っ赤な顔して、何時間もうんうん唸ったり、悲鳴に近いような泣き声を瞬間出したりするので可哀相で><
あしゃって泣かないんですよ普段は。
だから、便秘気味の時も泣くのをすっごく我慢してるみたいで・・・
最近は泣かした方が腹筋もつくし肺が強くなると聞き、泣かせようと思うけど、どうも可哀相で^^;
3分もすると放置出来ないダメママだったりします。

誕生☆ 

2006年06月20日(火) 1時25分
陣痛の波がどんどんやってきて、痛くない事がない状態になる。
「はいっ、いきんで!!!!上手ですよーー!」と助産婦さんのひっきりなしの掛け声が大きくなっていき、ずっと激痛だった腰に衝撃が
腰が爆発したと思いましたもん・・・・・・・・・・・・
なんかもう感覚が【真っ赤】って感じ。
目の前が真っ赤になったワケでもないんですけど、感覚的に【腰が燃えたのが見えた】みたいな感じでした。←わかんないですよねー^^;

「頭が見えてきましたよー、はい、いきんで!!」
「息を止めていきんで!!!!もう1回だけ!さぁ、次で出ますよーーー!」
もう言われるがままで、ただただ、ベッドの頭側に立ってたまきの両手を、万歳状態で(頭の横で)握り締めていました。
(スゴイ力が入ってたと思ったんだけど、後で聞くとそうでもなかったらしい。自分ではしがみついてる感じだったのに。)

1:25am

「順調に行ってますよ、もう少しよ」と言われても自分では[まだまだ!まだまだ!!><]と思っていたら。

「頭が出ましたよ!・・・・肩が出ました!!」
この辺りが自分ではものスゴク早くて、頭の中で[エーーー]と思ってる間に、
直後、ズルンって感覚があって「産まれましたよ〜〜〜」と言われる。

自分が未熟児で産まれて、オギャーって泣かなくて、パシパシ叩かれてやっと「ほぎゃあ・・・」と弱弱しく泣いた・・・・・と聞いて育ったので、自分の子はどんな産声かと早く聞きたかったんですけど・・・

「ぐえ・・・」
あたしの足の方で最初に聞こえたのが、これだったの(爆)

出産B 

2006年06月20日(火) 1時00分
1:00am過ぎ
陣痛のなみが間断なくやってくる。
最初は呼吸のタイミングも、4で吸ってゆっくり8カウントで吐いて・・・って自分で出来ていたのに、もう助産婦さんの掛け声に合わせるのに必死。
後でまきに、「芹が言った一番印象的な言葉はなぁに?」と聞いたら「いッたぁぁぁぁぁーーーーーいっ><(痛い)」という‘叫び‘だったそうなので

あたしは普通分娩だったけど、呼吸はすごく大事でしたねぇ。
陣痛って、最初にウガーーッて痛みのなみがくるけど、この時に8カウントでゆっくり吐くと、‘いきみ‘が逃れて(いえ、痛いんですけどね)、何度もその呼吸を繰り返しているうちに4回目くらいでなみが去っていく感じでした。
とは言え、途中この呼吸すら、吸ってるんだか吐いてるんだか判らない状態になったりもしたんですが。
そうそう、陣痛の時も分娩も【目は開ける事】
これも大事みたい。
痛いと目をつぶっちゃって力が入るから難しかったけど頑張って凝視(何を?)してました(苦笑)

さて、分娩台に乗って「いきんでいいよ」と言われたら、今度はなみが来た時に息を吐かずに踏ん張ります。

「いきんで!」とよく助産婦さんに指示されたけど、自分ではどうすればいいのか判らないの。
うんちくんをする要領で下腹部に力を入れるんだけど、あたしの場合は、なみがくると勝手に肛門あたりにずずーーんっと力が入ってました。
今思うと、あれであしゃが下がってきてたのね・・・

痛かったのは“腰”
んー、腰と言うか、やっぱり骨盤なのかなぁ。その背中側が焼けそうでした><
ただね、「痛いのはいやーーー><」と怯えてたあたしが出産前に言われてたんだけど「出産で気絶する人はいないから」と言うのはホントなんだなぁと思った。

うん、名言ですよ。

出産A 

2006年06月20日(火) 0時45分
0:45頃
全開(10CM)だと思うが上の方に少しだけ残っているからいきんで、と指示される。
今までいきむのを我慢するのが辛かったのにいざ、いきんでと言われてもいきみ方が分からなかった^^;

呼吸を今まではいきみ逃しの為、4秒吸ってカウント8でゆっくり吐くと言うのを繰り返していたんだけど、ここからハー、ウンでいきましょうと言われる。
でもこの‘ウン‘が分からない(爆)
ウンって何??って思ってる間にどんどん波が来る。
「ハイ、上手ですよー」って言われてるけど何がどうなんだか分からず頭の中は激痛と共に「ウンって?ウンって??」って感じだった。
そこへ初めて医師の方が入って来られたんだけど、すぐにナースさんが来て「あっちの人も同時くらいです」と言ってるのが聞こえて「まさかひとりになるんじゃあ・・・」とちょっと怯える^^;

そのまま急展開で
「はい、いきんで!羊水見えてますよ」
「はい、もっといきんで!頭が見えてきてるよ、もうちょっと」
多分この辺りで破水してると思うけど、私は分からなかった。
まきが私の頭側に立っていて両手を握ってくれてて後から聞いたところによると、破水の瞬間すっごい飛んでびっくりしたらしい。
そして「頭が見えますよー」と言われ、ジーーって言う電気が走ったような痛みが起こり「うわ、会陰切開だ;;痛いじゃん><」と心の中で思ってました^^;
これはちぃちゃんが「会陰切開って言ったって、分娩の痛みの方が大きいからわからへんって」と言われていたから(苦笑)

出産@ 

2006年06月20日(火) 0時00分
0時・分娩台へ

子宮口8CMで動けるうちに分娩台へ移動。
順調と言われるが信じられず「遅くてどれくらいですか?」と訊く。
信じられないって言うのは、37、38週目の時の検診では、それぞれ違う医師に子宮口の開きが3CMと言われ、この分だと早く産まれるかもしれませんね、赤ちゃんも大きいので動いて早く降りてくるようにしましょうって感じだったのに翌週はまた別の医師に「1CMですね」と言われ、かーなり凹んだのです。
だから、なんかあまり信じられないって言うか^^;

分娩台に乗ると、違う分娩室からさっき隣にいた妊婦さんの叫び声が聞こえてきた
ギャーーーーッ痛いーーーっもう無理ーーーーーっとかホントすごい声で
この時「あんなに陣痛の時は静かだった人が叫ぶんだから、もっともっとすごい痛みが来るんだ><」と憂えて、まきに「もう無理、やめたい;;」って泣きついたくらい
この分だと順調なんで2時半くらいには産まれてるかなと言われ「あと2時間半だ><」と覚悟する。
ゴールが見えているならまだ我慢しようという気になったのでこれは私の場合は聞いて良かったと思う。
この後、何度もいきみそうになり激痛が・・・・;;
いきみそうになる度、肛門辺りをまきに押してもらう。
この押さえる時の為にテニスボールをわざわざ買って持って来てたのに結局バッグの中で使わず仕舞いだった。
この頃の波は、まずいきみそうになるので肛門を押さえてもらい、続けて腰に激痛が来る。
腰はさするくらいじゃ全然ダメで強く指圧してもらっていた。

陣痛B 

2006年06月19日(月) 23時51分
スーパー助産婦さんが、陣痛逃しの椅子(雑誌で見ていて使いたかった!←これは良かったけど後で一旦ベッドへ行ったら痛みが増し、動けなくなったので戻れず残念だった)やアロマオイルを炊いてくれたり細やかな気配りに痛いながらも感動した。

「お産は体力勝負だから今のうちに食べたり水分摂っておいてね」「夜だから寝られるなら少しでも寝てみて」など言われるが何も出来ない;
あたしはこういう通常でない事態の時は元々、あまり寝ない、食べないの人なので、少しウィダーとかは摂ったけど食べたくなくて困った。

しかし、どんどん痛みや間隔が増し、「子宮口が開かないから、御主人とゆっくり歩いてきたり、せめて座って(赤ちゃんが)降りるように」と指導されるがベッドに横になったまま動けない。
せめて・・・とトイレに行く為歩く。
この移動の間も波が何度も来てその度まきにしがみつく。
トイレの中が実は一番ラクだったんだけど、陣痛室に戻ろうとする度、波が来て動けなかった。
トイレが良かったワケは、多分便座が温かかったのとかなのかなぁ。波が来ていて痛くても一番マシでした。
やっとトイレから戻った際、スーパー助産婦さんから「あまり変わらなかったらショックかもしれないけど、もう一回内診してみましょうか」と言われ子宮口をみてもらった。
・・・と、「7−8CM開いてますよ〜。順調順調!」
この時、隣にいた人はもういなかったの。
もう分娩室に移動したのか〜、早いなぁと思った。
この妊婦さんは、なみが来てる気配なのに全然声が聞こえなくて・・・ご家族の声しか聞こえなかったの。痛くないのかすごく不思議だった。

そして、まだ子宮は全開(10cmで全開)じゃないけど動けるうちに分娩台に行きましょうかと訊かれ「行きます〜」と情けない声で言ったと思う^^;
看護師さんに支えられながら必死で歩いて移動した。

陣痛A 

2006年06月19日(月) 23時44分
19時・入院。
さて、病院の隣でタクシーを降りてまきに隣のコンビニで飲み物と簡単な食べ物(ウィダーとかカロリーMとか・・・)を頼み、私は先にふらふらと病院へ歩き出した。
30秒の距離なのに、病院の前でうずくまってしまい立てない。
近くにいたやっぱり娘さんの出産の為外で待っていたお母さんとすぐ来たまきに支えられ病院へ。
見かねた人が車椅子を持って来てくれそれに乗る(←恥ずかしかった)

一旦、分娩室で様子を診るが、子宮口がまだ4CM程なので陣痛室へ移動。この時、7−8分間隔。
何時間かかるか分からないのでコンタクトを外していて、助産婦さんとか誰が誰だかわからない^^;
でも担当してくれた人がすごく丁寧で安心した。(他のナースさんがいた時に陣痛がきたのに、その人は離れて見ていただけだった )
担当の方は、波が来たらさすってくれながら呼吸とか見てく)れたり、声をかけてくれてたの。

1時間経ってやっと別室にいたまきが来てくれた。どうもまきも別室で放っておかれたらしい^^;
(後日、19日夜に7人出産があった事が判明
まきに時間を聞くと20:36。私は「あぁ、ボーリングが・・・;」←※Hey!×3でTOKIO VS V6のボーリング対決があり、とっても楽しみにしていたのだ(爆)

子宮口が4CMから全然開かないのに、陣痛の間隔がどんどん短くなっていき辛い辛い
カーテンの向こうに大家族がやってきた気配がし、和やかに話す声が聞こえてきた。
うちはまきと二人きりだったんだけど、波がやってきて私が呼吸(※カウント4で吸って、8でゆっくり吐く呼吸法)が分からなくなる程痛くて大声で「痛いよーーーっ」と叫ぶと、隣がシーーンとした
そしてそこのお父さんが「実の娘があんなになったら見たくないから外出るわ」と言う声が聞こえた。
この時、うるさいー痛いものは痛いんだっとかなり思った^^;
しかし、またすぐ波が来てまきにしがみついて叫ぶ。まきもずっと腰を押してくれてて大変だったと思う・・・
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うーたんママ
» 生後40日 (2006年08月05日)
アイコン画像芹☆
» あしゃの一ヶ月検診&お出かけ (2006年08月05日)
アイコン画像まゆまゆ
» あしゃの一ヶ月検診&お出かけ (2006年08月04日)
アイコン画像芹☆
» 初☆ (2006年08月02日)
アイコン画像tomo
» 初☆ (2006年08月01日)
アイコン画像('-'*)
» 散歩の途中で (2005年12月04日)
アイコン画像キノ
» 三回目の検診(11週目) (2005年11月29日)
アイコン画像やよこ
» 三回目の検診(11週目) (2005年11月24日)
アイコン画像まき
» 三回目の検診(11週目) (2005年11月23日)
アイコン画像やよこ
» 三回目の検診(11週目) (2005年11月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asagiria
読者になる
Yapme!一覧
読者になる