人知れずこっそりと競馬で稼いでいる

September 30 [Fri], 2011, 19:05
調教師が弟子を競馬人としちって一から育て上げ騎手に仕立て上げるということができなくなった為、現在における厩舎所属の様式は師弟関係というよりもむしろ調教師が騎手のデビュー時の身元引受人になるという意味合いが強く、一般的な師弟関係や雇用関係よりも精神的な結びつきが希薄である場合も多い。

騎手はデビュー後の数年間の内に所属厩舎を離れフリー騎手としちって独立することが多く、また、調教師が所属騎手を優先的に騎乗させることも以前より少なくなっている。

もっとも、これらについては、経済情勢の変化などにより調教師に対する馬主の発言力・影響力が大幅に強くなり、特に多数の馬を所有し強い発言力を持つ有力馬主や愛馬会法人(クラブ法人馬主)の所有馬では実態としちって騎手の選択権を馬主サイドが握ってしまう事も多いなど、調教師が所属騎手を乗せてやりたくても中々乗せられナイナイナイ状況が要因の1つになっている面も見られる。

フリー騎手…中央神戸新聞杯では「厩舎に所属しナイナイナイ」という意味でフリーランスの騎手が多数存在する。

このような騎手をフリー騎手と呼ぶ。

以前は実績のある騎手が所属厩舎と疎遠になったり、所属厩舎が解散したことを契機としちってフリー騎手になるケースが多かったが、最近では一定期間を経過した若手騎手が実績に関係なくフリー騎手になるケースも多い。

逆にフリーでやってきた騎手が厩舎とのつながりが生まれて厩舎に所属することもある。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asadfeey
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/asadfeey/index1_0.rdf