ほお 

November 27 [Fri], 2009, 22:29
久々に読み返してみると、結構面白い記事書いてたなぁ。と思った。
自分で言ってしまうのも変かもしれないが、ちょっとだけ笑った。

久々にアクセスログ見てみると、何人かお気に入りからきてくれてた。

正直言うとまたやりたい。
でも皆今は社会人。

なんとかしてえもんだ。

誰もいねえ 

December 12 [Fri], 2008, 0:22
アクセスログに自分しかいない毎日。
でも絶対宣伝はしない。

このPCでは 

December 07 [Sun], 2008, 8:41
新しいのが壊れてるんで、こっちでも更新できるんですよね。
パスとかこっちのPCだけ残ってたから。


さて修理までは暗い話をつづっていきますよ。

気がつくかな 

December 05 [Fri], 2008, 23:39
更新してみるお。
なんで更新かって、毎日毎日仕事&ゲームの毎日に変化をつけるためさっ。


あぁー。


遊びに行きたいけど行き先がないもんだ。
ヒッキーはこういうとき困るなー。

いい加減オタク脱出せんとダメだな。
若者らしさが感じられない。
でも無理だな。

染み付いたもんて取れないもんだ。

動画うpしたよ 

July 31 [Tue], 2007, 21:59

適当編集になってしまったが1回目だから許して。次回があればもっと力入れる。

ちなみに優勝者には箱○プレゼント。
もちろんスポンサーは俺。と言う事で見て欲しい。

とりあえず言っておく。
MVPは間違いなくけの人の【おっぱいイーグル】な。これ確定。

MVP記念に今度みんごるでも誘うわ。


うpされてた 

July 03 [Tue], 2007, 22:38

下手なプレイがうpされてました。ちなみに俺はパチョじゃない!
パチョレックはもっとうまいからな、1回やってフルボッコにされたいもんだ。

ちなみに住民の方々でうまいと言ってくれている方もいますが、あくまでも私は素人でございます。ちなみに動画の7分目ぐらいで『あ、こいつバット振らなくても塁出れるwww』とか思ったのは秘密です。

あー、下手でももっとフルボッコにできたと動画見ると余計後悔した。
あと2回の裏からないけど、実はその後3アウトチェンジの際にランナーをクネクネさせたり色々細かい芸を入れて遊んでみたりしました。細かすぎて誰も気がつけないんだけどね。

ひと夏の思い出でした。

花火大会 

June 18 [Mon], 2007, 23:19
初のドット作品と共にお送りいたします。

いやぁ、俺絵心ありまくりだね。2点は文字だけどね!!
そんなこんなで花火で地面の石にいたずら書きしちゃったよ。提案者は我が浅葉JAPANのセカンドトップ『けの人』でした。

いい提案だから2つ返事で作業をしたが、免許取得頑張って欲しいものです。

とりあえずロケット花火1発目で自称大やけどをした私は、原始人が初めて火を見る人のように怯えきってしまったためほぼ映画の立ち見。
結局何時間いたかわからないけど川辺で火で遊んでいました。周りから見ると大火事のような煙でしたとさ。

札幌の川を探すと見つかるかもNE!!


花火の時期には早いって?
虫が増えると家から出たくねぇんだよ!!

札幌ぶらり旅 

January 15 [Mon], 2007, 13:44
学校へ書類を出しに行くと担当の人はいませんでした。この時点で明日も学校へ行く事になります。殺意が沸きました。

明日もこなければならないのに書類を出して終わるのは面倒だと思い、就職活動用写真、成績証明書を発行してもらう事にしました。
するとどうでしょう。発券機で券を買っていくのですが、なんと私が買った券は隣の校舎専用の券売機だったらしいので発行できないと言われました。約1000円返せ。

担当の先生がいないから買戻しもできない。次の時間にまた来い。と言われ1時間暇になる。

どうせ待つならと地下鉄で札幌駅まで向かう。
なんだかパワーアップするごとに駅なのか分からなくなっていくのは私だけでしょうか。
長年住んでいる札幌で1番違和感を覚える場所でございます。
初期札幌駅の原型がまったく残っていませんね。
ついでに出来上がったのがJRタワー。何のために作ったのかさっぱり理解できません。札幌市民で喜ぶ人も少数でしょう。


高校時代教室からTV塔が綺麗に見えていたのですが、こいつがいるせいで何だかパットしませんでした。ちなみにこいつは何をする場所かと言いますと。

これ。

そんなこんなで電気屋でフラフラする気分でもなくなった私はラーメンを食いに行きました。
ラーメン王国とやらでラーメン店がわっさわっさと並んでいる所です。

正直なんでもいいんだよね。なんて思いながら空いているお店を探します。
するとどこからともなく『いらっしゃいませぇぇ〜んっ』と貴様何の萌えキャラだと言わせんばかりの声が聞こえてくるので直行。

顔は見なければ良かったと聞こえないように呟きつつも着席。
待っている間も萌え声を聞いて学校への怒りを静めようとします。『ここの・・・・、お勧めは・・・、何かな?』とダンディな声。

萌え声とダンディ声のコラボレーションにテンションはうなぎ登り。

見た事もないぐらいの細麺をうまくねぇなと思いながらも完食。
まだ1時間には程遠いので歩いて学校へ再び向かいました。

札幌駅から学校へ向かう途中に道議会があります。その前には池があり、夏は鴨さんがよく休んでいる場所となっています。冬場は流石にいないなぁ。と思って歩いていると私の大好きなバカップルを発見。高校生のバカップルを発見した私はすぐ後ろに付きます。

男『池凍ってるねー。ここ渡れそうじゃない?w』
女『鴨とかいないんだね。冬眠すんの?』
男『ハア?(゚д゚)』

お前の脳みそは年中冬眠してんのか。と言わせんばかりのボケに男も唖然。
冗談抜きで日本の教育は終わったな。どうしてこうも馬鹿ばっかりと出会えるんだろう。もうまともな子供はいないのか?と思ったあたりでその男と目が合いました。


一目惚れです。恋の予感。


いいえ、違います。気まずくなりました。
そのまま学校へ向かうも、バカップルが向かう方と同じなので10分ほど気まずい思いをしながらウォーキング。
学校へ着くといい時間帯。担当の先生とやらにお金を返してもらい、買いなおす。なんとか受け取ってもらえました。


明日も書類提出と、写真などの受け取りでもう一度学校へ行く事になります。
また少し歩いてみようか、ラーメン食べに行こうか。悩んでいます。

イ・チョンスいいチャンス 

August 08 [Tue], 2006, 22:18

気がついて吹くアナウンサー。萌えです。


相変わらずサイトから拾ってくる感じです。本当ネタ探す時間だけでも欲しいです。

16,000Hit記念 第三章 

June 27 [Tue], 2006, 20:09
50個の残骸、そして僕らの思いを1つにまとめたボール。
そう、マックボール。

マックボールから光が出始め、僕らの視界を奪った。
次の瞬間だ、人の形をした何かが生まれた。

マックマンだ!!
マッククレイジーだぜ。

話を聞くとマックマン。地球上では視界がよろしくないのか、しきりに『前が見えないんだよ』と言っていました。やはりマック星と地球の環境は違うのだろうか、その辺はよくわからないし知らなくてもいいと思った。
マックが地球の物だと言うのは今は忘れた方がいい。この辺もマッククレイジー。

せっかくマックマンに出会えたのだから、マックボールで遊ぼうと思いマックマンを誘うと快く了承。
マックバレーにマック野球。彼はスポーツ全般が得意なのか何でもやってくれた。マックスパイクを受けれた僕は一生の思い出を手に入れることができました。

他にもサッカー、バスケなどもやったが諸事情によりボツにさせてもらう。

一通り遊び終えると約1時間経過していて、お空も暗い。マックマンの門限は8時らしいので『僕は帰りマック』と言い帰っていった。

僕らのイベントはここでひとまず終わってしまう。
マックマン、奴のせいでgdgdで終わってしまう。そんな怒りを私浅葉がマックマンにぶつけました。

動画は追記にて載せてみます。
見づらいけど頑張って!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asaba
読者になる
『No.1よりオンリーワン』 この言葉に世の中は犯されている。 腐敗した世の常識を覆す為日々延命をしている私。

『No.1はオンリーワン』
これを捧げて逝きます。

メールフォーム

TITLE


MESSAGE