タマは無けれど、ボクはいる。 

2006年05月05日(金) 0時00分


移転しました。

尾崎な時代で。 

2006年04月17日(月) 13時50分


中学生のとき、熱い先生がいた。

校内暴力真っ盛りの時代に、「俺は今からお前を殴るが、自分のことが正しいと思ってるなら殴り返して来い。」

そう言って、不良学生の頬を張った。

あの時代は先生も、校内暴力の餌食になってた時代で、この先生も何度か被害にあっていたわけだが。

この生徒は苦笑いがちに席に着いたが、どう思ったんだろう。

体当たり的に接した先生に、殴り返したらかっこ悪いと思ったのか、はたまた、なにか心が動いたのか。

その日からその先生の授業はまじめに受けるようになってたのが記憶に残る。

ま、わかってくれる人間ばかりではないとは思うが・・・。

哀歌(エレジー) 

2006年04月08日(土) 16時58分


 最近のあんちゃん達の会話が、どうも物騒やねん。


 最近ひどすぎるから命(タマ)とらんとね。

 しょうがない、みんなの幸せのためだ、殺(や)るしかないね。

 最近、調子にのりすぎてるからね、クーちゃん


 わいの事やないか 


 二週間後ぐらいやね。

 じゃ、それで。 

 やばい・・・。

卒業。 

2006年04月05日(水) 5時45分


小学校の卒業式で、クラスのみんなで思い出を声に出して語るってのあるじゃん?

あるよね。

「楽しかった修学旅行!」

「楽しかった修学旅行!」

「みんなでがんばった運動会!」

「みんなでがんばった運動会!」

まぁ、こんな感じ。

小学校を卒業するころなんて、まだ声変わりもしてないし可愛らしい声で、語っていくんだ。

だが、ただ一人・・・。

「今日ぼくたちは卒業する。」

みんなより先走り、野太いおっさんの声になってしまった友人の声がね、ツボなんだ。

「ぐっんくっ・・・、ぷぷっどぅぷっ・・・。ハァハァ・・・。くくっ・・・。ぶーーーっ

笑いがこらえきれなかったんだ・・・。



そう・・・。

悪気があったわけじゃないんだ。

ただ、それが僕にとって最高に笑いのツボなだけなんだ。

でも先生はそれを許してはくれなかったよね。

卒業式も終わり教室に戻ったらいきなりパーンって張り手をしたよね。

でも、ぼく、我慢してたんだよ。

ワラッチャイケナイッテ、ガンバッテタンダヨ。

ハーモニー。 

2006年04月03日(月) 10時46分


「だいぶ落ち着いてきたね。」

で移動中、ふと、最近できたBOXタウンの横を通りすがりに人ごみを見て、同じ間合いで同じ言葉をチョイスする哀れな二人。

実はこの二人、脳みその活用方が同じらしく、気持ちわるいくらいに同じ間合いで同じ単語をチョイスする。

ボキャブラリーの少なさからなせるワザなのか、はたまた相性がいいからなのか。

ときに、同じ質問を二人同時にハーモニーでするときがある。

「シャンプーなかったよね?」

なぜ、今、このタイミングでシャンプーが・・・。と冷たい視線で二人が見つめあう。

冷たい空気を切り裂き勇気を持って言葉を発する。

「パピヨン・・・ ・・・。」

そしてなぜ、また同じ間合いでパピヨンの言葉を・・・。と冷たい視線で見つめあう。

「なんか気持ち悪いね・・・ ・・・。」

この言葉もハモってたりする。



ときめき続ける大人の子。 

2006年03月27日(月) 1時37分

注 カブトじゃないよ。

昔々、仮面ライダーになることを夢見た子供たちも今はパパになり、その子供たちもまた、仮面ライダーになることを夢見て大人への道を歩んでいるのです。

で、今放送されてるのは仮面ライダーカブト。

最初見たときは、ストロンガーがいるのになんでまたカブトなんかいなって思ってたけど、いざ見てみるとこれがまたかっくいい。

圧倒的な強さといい、キャストの雰囲気といい、大人でももう一度、仮面ライダーに選ばれる日を夢見て、その日の為に腕立てふせやらなんやらで体を鍛えてしまいそうなくらい、かっくいい。

たとえ変身することができなくても、子供たちにはハートだけでもヒーローに変身することができるということを学んでほしいと、おぢさんは願います。

ときめく大人の子。 

2006年03月23日(木) 0時49分


 匠魂のvol7が発売されました。

今回は全体的に魅力的な作品がなさそうだから12個入りのBOXで買うのはやめてノーマルカラーのみを気合で引き当てようという試み。

だいたい四種類しかないわけだし、しかも重さが微妙に違うわけだから四種類を引き当てるのはあながち不可能ではないわけなのだ。

あとは色を変えただけの無意味なアーティストカラーが出るのを避けきれば任務完了というわけだ。

で、結果はと言いますと、ひとつダブり。

しかし、シークレットもうまく引き当てたし、なかなかオッケーな作戦でした。

六個のお買い上げで任務完了。

それはさておき、こんな大人でいいんですかぃ?>俺。

WHY? 

2006年03月17日(金) 22時51分


最近、ケータイに間違い電話が頻繁にかかる。

同じ人の名前に間違ってるみたいだから、その人が俺の番号と間違って教えてしまってるんだろうけど。

しかし、今日の間違い電話は首をかしげてしまった。

 はい、もしもし。

 もしもし。

 なんすか?

 え、○○さんのケータイですよね?

 違いますよ。

 何でですか?

 はぁ?

 何で○○さんのケータイじゃないんですか ・・・ ・・・。

間違い電話だからじゃないですか?

ガチャン。

やろう、無言のまま電話を切りやがった。

ガッデーム!

ハイアンドロー。 

2006年03月16日(木) 23時51分
 

なんかな、クーちゃんがすり寄ってくんのよ。

ウニャーってな、すり寄ってくんのよ。

おー、憂い奴よのー、やっぱペットはええもんやのーって、なでなでしてやってたのよ。

そしたらよ・・・。

しっぽをプルプルしながらオシッコかけてんのよ、俺に。

マーキング・・・。

だよね・・・。

 俺っていったい・・・。

クーちゃんにとって俺っていったい・・・。

愚痴っ。 

2006年03月15日(水) 23時46分


お店でお代を払ってそのお釣りを貰おうと右手を差し出したのです。

ところがですよ、その店員さんはですよ、僕の出された右手を無視して、下のお釣り受けのお皿にお釣りを置いたのです。

僕の右手が汚れているとでもいうのですか?

親から貰ったこの右手が汚れているとでもいうのですか?

くそおぉぉぉっ!!




2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/asa1383/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asa1383
読者になる
Yapme!一覧
読者になる