半年振りの書き込み・・・ 

January 18 [Thu], 2007, 12:38
うーん、実に半年振りの更新になってしまった。
昨年の9月から仕事に復帰して、自分の時間などほとんどなし。ブログの更新ってなかなか難しい。
でも日記はボチボチつけていたので、こちらにだんだんアップしていこうかな。

次女また発熱 

August 31 [Thu], 2006, 11:36
月曜日の夕方37.7、夜38.5。
火曜日は39.4〜38.6の間を行ったりきたり。
水曜日は朝38.4で下がるかなと思ったら、午前中にまた39度超、夕方には40.2。呼吸も浅く、お昼寝も良くできなかった。
先週の木曜日から鼻がズルズルしていて、日曜日は治りそうな感じだったのに。熱も日ごとに高くなるし、こじれさせちゃったかな・・・と不安になる。
今朝は37.2。平熱に下がった。よかった〜。
でも機嫌悪い。ずっと抱っこ。
食欲はあるらしく(ただし好きなもの限定)10時半にホットケーキ1枚半をすごい勢いで食べて、今昼寝中。
保育園は月曜日に行ったきり、ずっとお休み。
明日は私が復帰第1日目なので、おばあちゃんとお留守番してもらおう。

お利口さん 

August 30 [Wed], 2006, 11:43
*「スイカの名産地」という歌を歌うと、その振り付けに近い踊りをしてくれる。人差し指を立てたり、手拍子したり。
*「オムツ替えるよ」というとオムツを取ってきて座布団のうえにゴロンとする!
*立って〜座って〜というと立ったり座ったりする。
*「ばいば〜い」と手を振ったら「バイバイ」と言った!と思う・・・。
*「あっちいこ」とあっちを指差すと、そっちのほうに行く

最近ますますいろいろ出来るようになったなぁ

長女、愛人と遠出 

August 28 [Mon], 2006, 11:17
長女には3歳まで通っていた保育園で出来た愛人がいる。女の子だけど。
どういうきっかけで、お互いのなにが気に入って仲良しになったのかさっぱりわからないのだけど、目が合うと見詰め合ってはニヤニヤし、相手が休みだと一日中がっかりし、座るときは隣、走るときも手をつないでいる(必ず長女が転ぶ・・・)という、保育園の先生公認で、親は「結婚しちゃえば?」と無責任発言を投げつけるような仲。
離れ離れになったいまでも都合がつけば2、3ヶ月に1度くらいの割合で会っている。
その愛人もえちゃんと、今日はジブリ美術館に遊びに行ってきた。初の愛人と遠出。
あんまり前々から楽しみにさせておくと、風邪やらで中止になったときの落ち込みが大きいと思って、計画を打ち明けたのは3日前。
母はそれまでの間、長女とお留守番の次女に風邪を引かすまいと気を使った(別に何もしてないけど)。なのに次女が5日まえに風邪を引いてしまった。でもまぁ日数もあるし、治るだろう、とタカをくくっていたら自分に遷った・・・そのうえ前日に発熱。さらにそのうえ、長女にも遷ったらしく、ちょっと鼻ズルに・・・。
そんな状態で、鼻ズルの次女を夫と保育園に押し付け、自分にはパブロンゴールドとリポビタンゴールドで鞭を打って、朝6時30分に家を出た。
電車に乗り違えたりしたものの、無事に愛人とそのママと合流。
会った途端にはしゃぐ2人。それはそれは嬉しそうで、電車や駅という公共の場で静かにさせるべく、「し〜っ」「ガタガタしない!」「もう少し小さい声で」とことあるごとに小言を言っていたら、風邪の私の喉はすっかり潰れてしまった・・・。
ジブリ美術館は、まぁまぁ良かったかな。4歳のチビたちには猫バスとミニ映画とお土産売り場以外は普通の美術館並みに退屈だったようだけど・・・。
もえちゃんと別れたのは4時半ころだったから、ほぼ半日一緒にいたのかな?
電車に乗るのも、立つのも座るのも、歩くのも、待つのもご飯食べるのも、お菓子食べるのも、本当に楽しそうだったね。
またどこかに行く計画をもえママと計画するからね。
それにしても母は疲れた・・・・風邪も悪化したような・・・。

いやな母親・・・・ 

August 22 [Tue], 2006, 21:44
ふう〜。
自分の理想の母親とかけ離れている自分・・・。
毎日毎日、夜子どもたちが寝静まった後、ど〜んと気持ちが重くなる。後悔の雨がザーザーと、バケツの水をひっくり返したみたいに降ってくる。
明日は、あんなふうな言葉を言うのはやめよう。明日はたくさん抱っこしてあげよう。明日は絵本読んであげよう・・・・明日は、明日は、あしたは・・・。
毎日思うのに、毎日できない。
長女や次女の気持ちを考えたら悲しくなる。

理想の母親像
 ため息つかない。鼻歌に替える。
 聞こえない振りしない。なあに?と言ってあげる。
 プレッシャーかけない。
 脅し文句もどきな言葉を言わない。
 ニコニコしている。
 抱っこしてあげる。
 絵本たくさん読んであげる。
 文句言わない。そうだね、そういうのも良いね、と思ってみる。
 命令しない。促す。
 否定しない。肯定する。

母親になってもう5年。
いつになったら子どもにとって良いお母さんになれるのかな。
 

泥んこっこ 

August 18 [Fri], 2006, 15:07
保育園の帰り、暑すぎず良い天気だったので、2人を公園へ連れて行った。
砂遊びが出来るようにゼリーのカップを持って。
砂場に穴を掘り、ゼリーのカップを入れていったビニール袋で水を運んで、砂場に池を作った。
2人は大喜びで遊び始めたけど、だんだん次女が大変なことに・・・・。
両手を水溜りにバシャーンと突っ込むのを繰り返す。そのたびに茶色い水が体中に跳ね返る。長女にも私にも。次女はもう頭から足の先までびっしょり。
途中でいつも公園であうフウカちゃん(1歳)が合流して遊んだけど、フウカちゃんママと「ここまで泥んこな子って久しぶりに見たよね」と笑ってしまった。
結局私も長女も泥だらけ・・・次女にいたってはびしょ濡れになってしまって、フウカちゃんママに洋服をお借りする始末・・・(ありがとうございました)
後始末が大変だけど、思い切り泥遊びを楽しむ子どもを見るのは結構嬉しい。
次はタオルと着替えを持っていこう。

いないいないばあ!進歩 

August 17 [Thu], 2006, 22:00
少し前に「いないいない・・・」と言えるようになった次女。
今日は手で顔を隠して「いないいない〜」と出来るようになった。
小さい手のひらをいっぱいに広げて(このモミジみたいな手のキュートなことといったら♪)顔を隠す様子が本当に可愛くて何度もやってもらった。
まだ「ばあ」とは言わないんだけど、「ばあ」のタイミングで見せる笑顔がこれまた可愛い。
うう〜可愛い。

あと最近「あ〜〜〜〜〜〜あ」も言うようになった。
モノを落としたりしたときにこちらが「あ〜あ」と言うのを真似して言う。
大げさでコレも可愛い。

次女1歳 

August 06 [Sun], 2006, 9:51
次女、1歳になった。おめでとう。
朝方ふと目が覚めて「ああ、去年の今頃産んだんだったなぁ」と出産の思い出に耽った。
お腹に入るほど小さく丸まっていたのに、その赤ん坊が私の隣でデーンと大の字になってグースカ寝ている。
身長49センチ体重2858グラムだった赤ん坊が身長73センチ体重8000グラムに成長。
最近はすっかりアンヨが定着してほとんどハイハイをしなくなった。
「いないいない」と言うようになった。ほかにもなんとなく意味があるようなお喋りをするようになった。
こちらが言うバイバイ、オイデオイデ、ニギニギ、イヤイヤ、いってらっしゃーい、お茶、どうぞ、ちょうだい、ないないを理解しているようだ。
この、たったの1年で、本当にいろいろなことができるようになったね。
風邪を引き、何回か熱も経験した。
オッパイを卒業して、ご飯をモリモリ食べてお茶をゴクゴク飲む。最近は自分からフォークでさして食べたりコップで飲んだりもする。
保育園にも行くようになって、思いのほか泣かずに通ってくれている。

いろいろ心配なこともあったけど無事に成長してくれて、本当にありがとう。
さきと、りなと、すくすく育ってくれていることが何よりも嬉しく、あなたたちの存在が、何にも替えがたい宝物です。
あなたたちが元気でいてくれることが、私の願い。この願いが叶えられるなら、私はほかの何を捨ててもいいと、本当に思っています。
大げさ?大げさじゃないんだよ。本当の気持ちだよ。
でも、ほかの何を捨てても・・・と言っても、私とパパが健康で長生きすることは親としてのあなたたちへの義務だと思っているのでこれはそう安々とは捨てられないね。
家族4人、元気で楽しく仲良く、暮らしていこうね。

1歳、本当におめでとう。

次女の誕生日イブ 

August 05 [Sat], 2006, 14:50
明日は次女の1歳の誕生日。
今日は0歳最後の日。

お腹に居たときのこと、生まれたときのこと、新生児の頃、初めて笑った日、初めてハイハイした日、などなど・・・・いろいろ走馬灯のように想い出しては懐かしみ、次女の成長を喜ぶ・・・・
ウンウン、喜んでる。
すごく。
でも普通に淡々と喜んでる私。
もっと盛り上がらなくていいのかしら?
ネットとか育児雑誌とか見ると結構よそのママは初バースデーに張り切っているらしいのに。
たしか長女のときもそうだった。
な〜にしようかな〜と考えてはいたけど結局何もしなかった。なんてったって、長女の1歳の誕生日は夫のおばあちゃんの告別式だった。
長女は一日中私の母と留守番。夜9時頃帰ってきた私と夫とケーキ(ケーキだけは注文しておいた)と長女でとった写真だけが残っている。

そして明日の次女の誕生日には、夫が地域の納涼祭の準備で朝から深夜まで不在。
その上昨日長女が突然高熱出してダウン。
あらら。

でも月曜日にはケーキや美味しいご飯を用意してお祝いするからね。

それに、家族みんな、次女が1歳になることをとても嬉しく思っているよ。それこそ、当たり前のように迎えられる誕生日。すばらしいことです。

今私のまえで、熱が下がり始めた長女が次女に「おめでとう」の手紙を書いている。

長女の熱 

August 05 [Sat], 2006, 10:32
金曜日の午後3時頃電話が鳴った。
長女の保育園の担任の先生から。
「りなちゃんお昼寝の後、熱があって、測ったら38.4あるんです」
ええっそんなに!!
急いで迎えに行きながら「ああ〜明日は楽しみにしていた納涼祭なのに・・・」「あさってはさきの誕生日なのに・・・」「晴れてたらプール連れて行こうって思ってたのに・・・」あれこれ未練がましい思いが頭をかけめぐる。
でもそんな未練がましい思いは保育園について長女の顔をみたとたんにすっ飛んでしまった。顔が真っ赤で瞼もむくんでいる、元気もない。こんなに具合悪そうな長女はあまり見たことがない。
医者によると夏風邪。
家に帰って薬を飲ませるとすぐに寝てしまった。
夕飯も食べなかった。
熱はどんどん上がっていく・・・39度40度・・・手と足がものすごく熱い。
夜中もうなされては30分おきに目を覚まして泣く。
そのたびに足をマッサージしたり、水枕を替えたり、お茶を飲ませたり、足に濡れたタオルを当てたり・・・。
熱は41度。上げ止まらない。
2年前の入院の記憶がよみがえる。どうしよう、夜間救急行ったほうがいいか・・・。
そのうち「マッサージしようか?」「お茶飲む?」の問いかけにも意味不明な返事をするようになって・・・・。
育児書で読んだあんな病気やこんな病気が頭をよぎる。どうしようどうしよう・・・
熱を30分ごといやもっとかもしれない、とにかく小刻みに測っては「あ!下がってきた!」「また上がってきた・・・」枕元のメモ帳に書いていく。
朝が近づいてくると、熱が下がり始めて、うなされて起きる間隔も長くなってきた。
朝になると38度台。山は越えた〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!ものすごく安心した。

こんなに心配したのは久しぶり。うう・・心臓に悪いよう。

昼には37度台になって、すっかり、本当に「なんだったの?」と言うくらいにすっかり元気。
保育園の納涼祭にもいけそうだったけど、ぶり返すのも怖いので休ませた。

あんなに盆踊りの練習をして、友達とカキ氷食べる約束して、オモチャや焼きそばの引換券を何回も引っ張り出してみて・・・・とっても楽しみにしていたのに、残念だったね。
また来年があるさ。
とにかく、元気になってよかった。本当によかった。
結局喉が痛かったようで、夏風邪、ということかな?その後は鼻水や咳も全くなく、すっきり元気になった。
P R
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あすりさ
» 英語漬けな日々 (2006年06月13日)
アイコン画像りな
» 英語漬けな日々 (2006年06月12日)
アイコン画像あすりさ
» もう6月かぁ (2006年06月03日)
アイコン画像けんじの飼い主
» もう6月かぁ (2006年06月02日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:as_ri_sa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる