大好きな家族・友人・アノヒトへ。
一行日記みたいな感じで不定期更新。

うん。 / 2006年01月18日(水)
大丈夫。

君のおかげで。

僕は大丈夫。





今も昔もこれからも。
 
   
Posted at 21:25/ この記事のURL
コメント(0)
no title / 2005年11月13日(日)
水の中 浸した指先 とても熱い

あなたの体温と同じだし


直射日光 フワフワの波 さらわれながら

君の背中を泳いでた


いいえ

抱きしめてなど 今更言えず

確かめたかった言葉が浮かんできて

必要以上に抑えてきたこと


『君の瞳はなんて澄んでいるの」なんて

言えなかった


僕の身はただ求め続けていく
 
 続きを読む…  
Posted at 16:30/ この記事のURL
コメント(0)
流れ。 / 2005年10月19日(水)
あっという間に時間なんて過ぎるよ

なんて

笑っていたら本当になってしまった。


どんなに時間が早く過ぎても

君への気持ちは変わらないよ。
 
   
Posted at 23:03/ この記事のURL
コメント(0)
これから。 / 2005年07月24日(日)
会いたいと言った分だけ会うんじゃなくて、

会いたいと思った分だけ会いに行きます。





だぁいすきよ
 
   
Posted at 21:19/ この記事のURL
コメント(0)
ありがとう。 / 2005年05月13日(金)
君を幸せに出来るのは僕だけ。
君を不安に出来るのも僕だけ。

ごめんね。

ありがとう。

僕の前で君が流す涙は、とても綺麗だから。
その裏に隠された本当の意味に気づいてあげられなかったんだ。

ただ、君のその葛藤が実はちょっと嬉しいんだ。
だって、僕のためでしょ?

君を幸せに出来るのは僕だけ。
君を不安に出来るのも僕だけ。

そう思っていいんだよね。
 
   
Posted at 01:15/ この記事のURL
コメント(0)
熱。あっつい。 / 2005年04月18日(月)
あたしの世界は、君の音だけ。

それでじゅうぶん事足りる。

だから、君のノドを貸して。
だから、君の心臓を貸して。
だから、君の口唇を貸して。

何もかも一緒くたにして、混ぜ合わせて。煮込んで。

ひとつになったら返すから。


 
   
Posted at 22:32/ この記事のURL
コメント(0)
甘い。 / 2005年04月18日(月)
エゴ。

そんなのただのエゴだよ。

そうそう。

全部なんて、実際無理な話。

独占欲の強いあたしが、

何も考えないで笑ってられると思うの?



幸せは常に不安と隣り合わせって

誰が最初にきづいたんだろ。
 
   
Posted at 22:19/ この記事のURL
コメント(0)
唐突なんだけど。 / 2005年03月26日(土)
全部を引きちぎってしまいたいのです。

どうせ、あたしは気分屋ですから。

総てを無に返してしまえ…。

なんて思うことも多々あるのです。

 
   
Posted at 18:17/ この記事のURL
コメント(0)
全部集めて君にあげる。 / 2005年03月19日(土)
君の声が聞きたい。

僕の不安を一発で取り除いてくれる。

そんな君の声。
 
   
Posted at 01:08/ この記事のURL
コメント(0)
ふっと思った。 / 2005年03月16日(水)
だぁいすきよ。
 
   
Posted at 23:52/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!