教養やブランド物よりも、美容にお金を使う時代

February 07 [Fri], 2014, 10:26
茶道のプチ家元をしている祖母が嘆いています。「みんな日本の伝統芸能より、美容にお金をかけるから、弟子が年寄りしかいなくて。覚えることが多いから定年退職後じゃ遅いのよね」とのこと。

40代以上は10才若く見えるようにがんばるのが当たり前の時代です。プラセンタとか美容サプリを飲み、青汁とかでデトックスし、肌のたるみやシミシワケアをしますよね。

だけど、やっぱり体は手抜きです。体型の崩れはほどほどにしか修復しないし、体のあちこちにシミやしわや黒ずみがあります。私、母とよく温泉に行くので、ついついみちゃうんですよねぇ。全身脱毛して、しかもピーチローズという体の黒ずみをきれいにするボディクリームを使って体に自信がある私は、すっぽんぽんで女風呂をうろうろしちゃいます。

30代以上のお子さんと一緒の人とか、40代以上の一人の女性とかは、恥ずかしそうに全身隠しています。

私だけじゃなく、若い子は結構、体を見せる子と隠す子に別れますけど、スタイルの良さと脱毛と体のブツブツケアをやっている子と、そうじゃない子の差のように見えます。私、顔に自信がないから、「ここだけは負けない」という感じで体を人に見せたくなるんですよね。

スタイル、パーツだけでなく、今は肌のツルピカ度が女の評価に加わっています。体はお化粧できないので差が付きやすいところです。

ブランド物や教養より、こうして一人、また一人と、美容の方が大事という女子が増えているのではないでしょうか? 体のブツブツや黒ずみ(お尻、ワキ、ヒジ、ヒザ、二の腕、デリケートゾーン、乳首)改善を語るブログは結構多いですからね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:arukitabe8rin1
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/arukitabe8rin1/index1_0.rdf