気の早い話

August 31 [Wed], 2011, 20:01
http://daiichieigeki.iinaa.net/amakusa2011.htm

本渡第一映劇毎年恒例の、シネマパラダイス。とうとう今年の内容の全貌が明らかとなりましたね。今から、私の11月がどんなに映画で充実した日々になるか、今から楽しみで堪りません

何より嬉しいのは、溝口健二監督の「赤線地帯」と新海誠監督のアニメーション映画「秒速五センチメートル」。両方とも既に観てはいるのですが、スクリーンで観るとなると、総てがガラリと変わるでしょうね。去年は、受験で時間が無かったので、深作欣二監督の「黒蜥蜴」しか観る事が出来なかったのですが、今回は時間に余裕がある!と思うので、私の財力が許す限り見まくりたいと思っています。それに、「拳銃無頼帖 明日なき男」には、私にとって世界一の美男子である赤木圭一郎が主演!…となると、見ずにはいられないですね。あと私は日本の女優で若尾文子さんが一番好きなのですが、第一映劇の館主さんも若尾さんがお好きなようで、こういうシネパラになると、彼女が出演された作品は必ず一本は上映するようで、有難いです。今回の上映作品の中では、「その夜は忘れない」と「赤線地帯」の二作品に出演。去年は、タルコフスキーの「僕の村は戦場だった」が見れなくて涙を呑んだのですが、今回は挽回しますよ。

そして11月の中旬には長崎に、午前十時の映画祭「風と共に去りぬ」を観に行く予定です。私の憧れのヴィヴィアン・リー!「茶碗の中の嵐」「セントマーティンの小径」「間諜」「無敵艦隊」のイギリス時代に始まり、「アンナ・カレニナ」「哀愁」「欲望という名の電車」「美女ありき」…名立たる名作達に出演した、名女優ですが、ヴィヴィアン・リーの美しき存在感を世界に知らしめたのは正しく、其の名を映画史に残す不朽の名作「風と共に去りぬ」。あの四時間にも及ぶ超大作、特にアトランタ炎上のシーンをスクリーンで見ないわけにはいきません。其の後にある「シベールの日曜日」も観に行きたかったのですが、此れだけはどうも日程が合わずに断念しました…。


それでも、11月は最高の映画月間になることだろうと思います。


.
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ナツキ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1995年6月14日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:熊本県
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる