【 更新情報 】

スポンサード リンク

手作りならではのシステムベッド

手作りのシステムベッドは部屋の大きさやインテリアとしてのイメージを考えて、
イージーオーダー、フルオーダーなどを活用して
手作り感があるモノを選びたいですね。

材質としては、家の柱にも多く使われるヒノキがいいみたいですね。
ヒノキには殺菌作用もあります。

最近は合板、集成材も多くなってきました。集成材は強度も優れています。

自作、手作りの方法もありますが、
システムベッドの市販品の寸法を入手して、まずは、それを基準にして、足と外形、高さを
きめ、ベッドの足の形や柱の形などに
手作り感あるオリジナルの造形を施したほうが、いいです。

それとともに人が寝るのですから、強度を確保することが重要です。

手作りの家具の接合方法は木ねじを使うのが多いのですが、ホゾ組みしボルト止めにしないと
強度が保てません。

限られたスペースに自分らしさを盛り込みたいと思う人には、作る苦労もあるとおもいますが、
出きたときの満足度は、苦労に値します。

手作りシステムベッドの寸法は部屋の間取りに合わせてつくるので、ロフトベッドの下に
収納する家具も専用に手作り家具を
製作して用意しなくてはいけなくなるかもしれません。

木製手作りのシステムベッドを仕上げるのに塗装をするか、白木のまま
ワックスを塗るかでガラリとイメージがかわります。
ヒノキの木の模様をいかすか、塗装で部屋のイメージカラーにあわせるか、自分で部屋
をイメージ通りにつくれて、楽しいです。

子供のためのシステムベッド

子供用システムベッドはワンルームや広さがあまりない部屋に子供用ベッドを置く場合には、
子供用ベッドを置くだけで、子供部屋が狭くなり
他のものを置くスペースがなくなってしまいます。

子供用システムベッドを利用すれば、ベッドの下に机や本棚、多用途に使える家具を置いて、
部屋の面積を広く有効に使えて、子供の秘密基地的な空間になります。

子供の成長に合わせて大人になるまで、高さをカスタマイズできるので、経済的です。

通常のロフトベッドより低い高さに作られているミニロフトベッドもあり、
小さなサイズになるため部屋を狭く感じさせません。

子供の人数が増えたときにも、子供用システムベッドとミニロフトベッドを組み合わせて
L字型の2段ベッドとしても
つかえるような、おしゃれなデザインのものもあり部屋のコーディネイトが広がります。

ミニロフトベッド自体をシステムベッド下に収納する
ことも出来るので、使わないときはすっきり片付けられるのも便利ですよね。

子供用に作られているシステムベッドの中には、安全面を考えて階段が取り付けられている
便利なタイプもあります。
階段付きのシステムベッドの場合階段のスペースが必要になりますが、
階段の数を増減することで、

子供の成長に合わせてシステムベッドの高さを調節でき、中二階のような雰囲気になるので
子供部屋のインテリアとしても使えます。

家具でベッドをトータルにイメージチェンジ

家具としてのシステムベッドを考えると、空間の有効利用ができることと、インテリアとして
自由度の高い部屋のコーディネイトができるので、
比較的狭いスペースの部屋や、ワンルームのマンションやアパートにも便利に使えるのが、
システムベッドの利点です。
普通の部屋なら高さ150センチ程度のスペースがロフトベッドの下にできるので、
そこに物入れや、机、ソファ、自由度の高い家具などクローゼットタイプの収納が組み合わせて収

まってしまうものもあり、使わないときには全てを
一箇所に収納できるデザインのシステムベッドもあり、
部屋面積を有効に使えます。
システムベッドには、ベッドの幅以外のスペースに椅子やデスクを組み合わせておく
デザインのものもあります。ベッドの高さが高いシステムベッドの場合、システムベッド下の空間

が一つの部屋のようになっています。

収納などがベッドサイズに収まるためすっきりと見え、インテリアとしても使いやすい家具といえ

ますね。

家具としてのシステムベッドの材質は木材が使われる事が多いようです。
木ねじを使わずに
ボルトで強度を上げているものを選びましょう。
最近では、木材だけでなく、スチールを使ったものも、木材使用のものより、
安く売られていますが家具としてのインテリア性は木材製の家具のほうがいいですね。

「ロフトベッドの種類と特徴」

「ロフトベッド」と呼ばれているのは、はしごを使ってのぼる、高さのあるベッドのことです。
ロフトベッドの種類違いで、大体床下1メートル前後のものをロフトベッドと区別して、
ハイベッドと呼んでいるようです。たとえば、
150センチ欲しいのであればロフトベッドということになるでしょう。
ロフトベッドの背の低いもので「ミニロフトベッド」とよばれるものがあります。
ロフトべットの高さ表示で、「ロフトベッドの高さの約180cm」というのは、
ベッドのてすりを含めた高さで、マット部の高さは150cmくらいで、
日本の部屋の天井高さ230〜250センチなら、
ベッドの上で起きあがっても頭は天井にぶつかりません。
ロフトベッドの下のスペースが100センチ以上ありますから、
子供用の机や椅子、ソファーなど置くものの自由度が、
かなりあるので、使い勝手がいいです。
ベッド下のスペースを使うことが出来るのがロフトベッドの特徴です。
ベッド下の空間は、背の高いロフトべッドでも比較的暗くなりがちです。
下のスペースで机や椅子を使う場合には、照明器具は必要です、
スタンドライトやクリップライトを使うのがいいですね、
子供用の勉強机がセットになっているロフトベッッドには、
ベッドの床下部分に電気が取り付けられるようになっているものもあります。
それなら机のスペースを有効に使えて机の上を広くつかえます。

ベッドまわりのスペースを、きわめて有効的に使えるのがシステムベッドです。

システムベッドは、とにかく収納が多いことが一番の理由です。システムベッドなら机や、キャビネット等が
きちんと整理して置けますから省スペースのレイアウトが可能となります。

個人の子供部屋がもてない場合も、システムベッドの収納力はかなり魅力的で、社会人や学生の一人暮らしで、
つかえる収納やロフトベッド付きの物があります。

ベッドの長さも2メートルを超えるものもあるので、身長が大きくなっても十分使えます。将来ベッドとして
単品での使用もできるので、合理的でもあります。
システムベッドは、狭い空間を有効に活用できる家具ですし、収納はもちろん、勉強や仕事などもそのスペース
で出来るということは、かなり便利な存在です。

システムベッドのベッドと机や本棚の収納など家具として自由に組み合わせることができることでしょう。
そうすることで、自分の生活に合わせてコーディネイトできるのはうれしいです。

また最近では、スタイリッシュなもの、ロフト感覚なもの、ソファ付きのものなど、バリエーションも豊富です
ので、自分の生活様式にあった、自分オリジナルのものを置いて、

ちょっとしたくつろぎ空間ができるのもいいですね。必要なものが省スペースにおさまることで、
省エネにもなりますね。

システムベッドの材質はやはり木材が多いようです。木材はその加工のしやすさという点と大量生産せずに,
まるで受注生産のように、多品種少量で、オリジナリティがでてきます。

限られた空間のデザインを創造してつくりだすことは、市販品のできあいが多い世の中で、自分らしさをその空間で取り戻せる、場所にもなりそうですね。