近年のかかりつけ医の見直し

March 15 [Fri], 2013, 23:58
昔、日本では歩いて通える距離には必ずかかりつけの診療所があり、足を擦りむいた、やけどをした、風邪を引いた、喉が痛い、などは、この「かかりつけ医」で治療しました。

何かあればすぐに診てもらえる気軽さがあり、患者さんの信頼があり、患者さんの特性を熟知して診断治療してもらえるかかりつけ医では、誤診や治療ミスはほとんど起こらなかったのです。

高度医療の発達に伴った大病院偏重から、存在価値が薄れてしまった「かかりつけ医」の価値に改めて着目した厚生労働省は、近年「かかりつけ医」または「ホームドクター」の推進事業を積極的に行っています。

情報が氾濫し、医療の専門性が高まる中、「かかりつけ医」または「ホームドクター」によって、一人ひとりの健康を観察し続け、変化をとらえて適確な診断と治療を行うことが求められているのです。

医療の治療優先順位

January 22 [Tue], 2013, 10:57
医療には.次のような治療優先順位があります。

1.命
2.病気
3.機能
4.形態
5.色調

形成外科という科は、"病気"の治療をした後の"機能"や"形態""色調"を治すことを目的とした、最も新しい診療科のひとつです。

例えば、上顎癌の手術で目的の癌という"病気"が治ったとしても、鼻や眼の"機能"や"形態"を失ってしまうと、その後の生活に支障を来すことになります。

形成外科は、このような"機能"や"形態"を一次的な手術によって再建することができます。

「美肌」という言葉の移り変わり

December 15 [Sat], 2012, 16:54
いくら健康でも猫背で、ダラダラと歩いている人も美肌は似合いません。

余談ですが、平安中期の紫式部や清少納言の時代では、美しい女性とは殿中にあって、できるだけ日に当たらない生活をし、青白く弱々しい姿を表す言葉だったようです。

古くから日本の女性は、白粉(おしろい)を塗ることで、その弱々しさを装っていたのかもしれません。

このように白粉をつけることをお化粧するとも言うようになりました。

このような歴史の流れの末に、現代では青白さや弱々しさよりも、健康的で快活な女性の美肌が好まれているのです。

光源

September 19 [Wed], 2012, 21:21
レーザーで治療といっても、なかなかイメージしにくいと思います。

それに、レーザー光線なんていうと、どうしても破壊的なイメージが強くて、何となく怖いような気がする人もいるでしょう。

しかし、身体に悪影響はありません。

そもそも、レーザーとは、どういう光線なのでしょうか?

「光源」という言葉は、もちろんご存じですね。

たとえば、松明やランプ、白熱灯、蛍光灯やネオンサインなどを光源といいます。

これらの光源の場合、熱エネルギーや、電子の運動エネルギーを得て、高いエネルギー状態にある電子が、おのおの独自に光を発しているという状態です。

レーザーの効果

August 24 [Fri], 2012, 17:43
健康な方でも発熱しているときは受けられませんので、どうぞご注意ください。

先日、テレビのワイドショーを見ていたら、シミやアザを消す手術としてレーザーの光を当てる方法が紹介されていました。

照射するとき、パン!と音がしていたような気がします。

アザの部分は赤くなって、やがて消えていくのだと番組では紹介していました。

たしかに、治療を受けた女性のアザは消えていました。

このレーザー光線を脱毛に利用する場合は、いったいどういう方法で行われるんでしょうか?

医療機関ならではのメリット

August 03 [Fri], 2012, 12:02
医療機関で脱毛を受ける時は、症状に応じて抗生物質の投与やマッサージなどの治療もあわせて行いますので、ご心配には及びません。

こうした処置ができるのは、医療機関における脱毛ならではのメリット。

エステティック、サロンとの大きな違いです。

この方法での脱毛は、次のような人は受けられません。

1、妊娠中の方。

2、糖尿病などで化膿しやすい方。

3、心臓ペースメーカーや整形外科手術などで体内に金属プレートを挿入している方。

4、金属アレルギーの方。

5、感染性の病気がある方。

皮膚にやさしい脱毛法

June 10 [Sun], 2012, 20:27
レーザー脱毛は、産毛が残りますから、ほかの部分との差もあまり目立ちません。

その意味ではかえって自然な仕上がりということもできます。

またつけ加えれば、レーザー脱毛は実に気軽にできる脱毛法ですから、スネを終了したあと、太ももを行うこともまったく苦にはなりません。

どの部位の脱毛が可能なのか。

レーザー脱毛は、皮膚にやさしい脱毛法ですから、全身ほとんどの部位に行うことができます。

一番ニーズが多いのは、やはりワキの下です。

容易なことではない

May 26 [Sat], 2012, 21:55
スネ毛を電気脱毛して完全な無毛状態にしたとします。

しかし、スネ毛の濃い人は、やはりひざから上、太もも部分にもそれなりの体毛が生えているものです。

スネは1本たりとも毛のない無毛状態、太ももはモジャモジャ、というのもおかしいものではないでしょうか。

それまで気にならなかったものも気になってきて、今度は太もも部分の脱毛処理が必要となってくるでしょう。

もちろん、脚全体を脱毛してしまえば問題はありませんが、太もも部分を電気脱毛するのは、容易なことではありません。

「無毛状態」を望む人

May 05 [Sat], 2012, 19:29
1本たりとも体毛の生えていない「無毛状態」を望む人には、レーザー脱毛はちょっと不向きですが、実際には無毛状態というのはいささか不自然なものではないでしょうか。

濃い薄いの違いこそあれ、人間は全身の多くの部分が体毛に覆われています。

それが、体毛が生えている部分の一部分だけが「無毛状態」になってしまうと、ほかの部分とのコントラストが逆にハッキリ出てしまいます。

たとえば脚を脱毛することを考えてみてください。

毛根部が完全に破壊

April 29 [Sun], 2012, 14:12
レーザーで脱毛を行うと、体毛が圧倒的に少なくなると同時に、剛毛が産毛のような細くて短い毛に変わります。

毛根部が完全に破壊されれば、毛は一切生えてきませんが、ダメージを受けはするものの、完全には破壊されないこともあるからです。

しかし、その場合でも、毛の再生力はかなり落ちるため、非常に細くて薄い毛に変わるわけです。

ただし、細くて薄い毛が生えているといっても、それは近づいてよくよく見ないとわからない程度のものです。

もちろん、施術後のお手入れは不要となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぴか
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/arpegy/index1_0.rdf