祝☆ウォーキング開始! 

February 15 [Fri], 2008, 22:05
パチンコしないと時間が有り余る・・・

DSしてもなかなか寝付けない日々が続いていたので

ウォーキングをしようと一大決心!!!


初心者でも大丈夫????

気が引けながら仕事帰り近くの公園へ・・・



するといるわいるわ

走る人・歩く人・犬の散歩のひと・・・

ひと・ひと・ひとだらけ(犬も・・・)


格好もいろいろ

Yシャツに短パンで走るおじさん

仲良く歩く老夫婦

全速力でかけぬける少年

もちろん私のようなオバサンも


やってみると気持ちいい

今まで あんな苦しいことして何が楽しいの???? と

思ってたけど

結構いいね



百聞は一見に・・・ってやつね  ほんと




でも

来月 彼氏と休みが合わないのが確定・・・

ちょっとへこんだな・・・・

共産の候補者削減が民主に追い風 

February 08 [Fri], 2008, 17:51
 共産党が衆議院選挙の立候補者を大幅に減らしたことが、民主党に追い風となり単独で過半数を占める

可能性があるという。

 共産党はこれまで、衆議院小選挙区300のほぼすべてに候補者をたててきた。しかし、次回選挙では

135区にしぼり、165区で立候補しない。この165区の共産票全部が民主にながれると単独でも過

半数がとれる計算。半分とみても過半数にちかい議席となるとか。

 それでなくても民主に有利な次回の衆院選。共産が候補者を減らすことが、民主に大きな追い風となる

ことが確実だ。

 ただ、共産が民主を支援するわけではない。立候補者の大幅削減は共産のお家の事情。つまり、財政難

に苦しんでいる共産が経費を負担しきれなくなっただけだ。結果として、死に票となっていた165区の

共産票が民主にいくという予測だ。たしかに自民や公明にはながれないだろう。

飲むだけでダイエット 

January 19 [Sat], 2008, 4:33
活力あふれる毎日。アンデスが生んだマカのこと


カロリーコントロールフーズとサポートで目標達成


美しく健やかな素肌のために。<conoha>新登場



サントリーの健康食品がみなさまのお手元に届くまでをご紹介します。


サントリー健康食品お客様センターから皆様への月替わりメッセージ。


健康をつくる食生活に、季節を感じる旬の食材とレシピをご紹介。



2007年10月2日 conoha ギフトセット 新発売


2007年10月1日 グルコサミン&コンドロイチン 顆粒 新発売


2007年9月26日 お客様センター便り「アクティブな秋を満喫していますか?」


セサミンEプラス
アラビタ


セサミンEプラス
ゴマのパワーをギュッと凝縮。
マカ 冬虫夏草配合
5つのパワーで夫婦いつまでも若々しく。
ゴマペプ茶
血圧が高めの方に。血圧コントロールに嬉しいお茶。

印象バトン 

January 14 [Mon], 2008, 20:06
■Q1 このバトンを回してくれた人の印象を200字以内でどうぞ。

いい人
最高
天才 

■Q2 このバトンを回してくれた人とは、どのような関係ですか?

ブログ友達〜〜(強制的になってもらった)

■Q3 このバトンを回してくれた人は、あなたのことをどう思っていると思いますか?

変人

■Q4 日ごろの感謝もこめて、バトンをまわしてくれた人へ一言どうぞ。

バトンありがとうーーー
語りべy・・・叫び部屋ありがとうーーー
画像ありがとう!!!!!
とにかくありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

■Q5 まず次に回す3人を指名してください。

えーじゃあお詫びをこめて
椛と・・・・・
フリーで・・・・
椛様ゴメンナサイ

■Q6 その3人の印象をそれぞれ200字以内でどうぞ。
 

 
ムヒョとYUIさんとアクアタイムズが大好きな人

 
■Q7 その3人とはどうのような関係ですか?

ブログ友達〜(?)

■Q8 あなたはその3人からどのように思われていると思いますか?

腐女子
変人
馬鹿
死んで
頭おかしい

■Q9 お疲れ様です。感想をどうぞ

楽だった〜〜^^
さて、、、
誤りに逝きますか。。。

感謝 

January 09 [Wed], 2008, 12:49
目が冴えて、眠れんもんで、

パソコン開いたんだわぁ〜

よぅ〜考えて見ると 興奮しとるんだね、何でかと、言うと

訪問者の数が、多かったんだは、これには、吃驚ぇたは〜 面食らったぁ〜

 普段は、

平均して、20〜30人 ぐらいの訪問者だがね、それでも、ありがたぇことだがね〜*

一気に、117人も、こや〜たんだはね、

ほんなもんで、ちゃちゃばあちゃんは、何が、なんだか

解らへん????? どうなちょる

おそがなってしまうわ〜〜〜 これは、正夢か・・・??

誤字・脱字・文章に、なっとらん・・・・(泣き)・・許してちょう

もっと、真面目に取組な、あかんし 頑張ならいかんは〜ね、

こわがっちょるで、あかんわぁ〜・・・

ブログを、始めた、きっかけは、ちょつとでも、パソコンを、上達したい気持ちも、

あったもんで、、 あっ、 そうそうもう一つ(ボケ防止)これが、重要だがね(我が、願い)

そんな、認知症手前の、ちゃちゃばあちゃんに、(^^♪)お付き合い、してちょうす


若いブログの皆さん、どうか、どうか、説なる願いだけど、

老人介護だと、思って,広い心で、温かく、見捨てずに、見守ってちょう。

勝手な、おねげゃばかりしとるけど、

皆さんには、大いに感謝しとるでね

今後共、宜しくご指導おねげゃします。

エディット・ビアフ〜愛の賛歌〜 

December 28 [Fri], 2007, 20:00
映画のレビューです。

「エディット・ピアフ 愛の賛歌」
監督:オリヴィエ・ダアン 主演:マリオン・コティヤール、他

第一次大戦の只中。
少女エディットは、街角で歌を歌い日銭を稼ぐ娼婦アネッタの娘。
アネッタは、出征中の夫に見切りをつけ、エディットを老いた母に預けて姿を消してしまう。
知らせを聞いて戦地から戻った父は、エディットを引き取ると償還を経営する自分の母に預ける。
病弱なエディットだったが、娼婦たちに可愛がられ、少しずつ心を癒してゆく。
そんなつかの間の幸せも、戦争の終結と共に終りを告げる。
戦地から戻った父に再び引き取られるエディット。
戦前は大道芸をしていた父は、エディットを連れて流転の日々を送る。
そんな生活の中、エディットは街頭で歌を歌うようになり、自分の声が人の心をひきつけることを知る。
やがて父から独立したエディットは、キャバレーのステージで本物の歌手として歌うようになるが…
・・・・・・
「ばら色の人生」などの名曲で知られる歌手エディット・ピアフの生涯を描いた映画です。
酒と麻薬に犯され、最後にはモルヒネ中毒になり47歳の若さでボロボロになって亡くなったエディット。
そのあまりにも過酷な人生を数々の名曲が彩ります。
名曲の幾つかは、日本の歌手によってカバーされており、耳馴染みのある歌がけっこうありました。
最近だと山下達郎氏が「ばら色の人生」をカバーしてるのをラジオで聞きましたね。
けっこうタイムリー、狙ってた?

それはともかく、ヨーロッパの映画で時代物をやるときに年代を示すアイテムとして良く使われる自動車。
この映画でも、いかにも古そうなのがたくさん出てきます。
それこそ、パリの町並みを今でも走ってそうなくらい…
何時も思うのですが、良くもまあこんなに集まりますよね…CGには見えないし。

はっきり言って、フランス映画らしくけっこう重い映画です。
美女…とはちょっと言えないエディット・ピアフ。
下品な笑い声、ヒステリー、姿勢が悪くちょっと不気味でさえあります。
しかし、一度歌だすととたんに力強い輝きを放ち、人々を弾き付けずにはいられない…
その心の内は、人間そのものであり「歌こそ我が人生」と言い切る。
マリオン・コヤーテルを始めとして、キャストの気合の入り方が違うと感じました。

素晴らしい映画です。
シャンソンを愛する人なら迷わず見るべき。
多くの人に見てもらいたい一作です。

リトルスプーン 

December 15 [Sat], 2007, 8:50
リトルスプーンというカレーチェーン店が北海道にはある。
このチェーン店ではカレーMが380円だが、それが300円で食べられる店が一店だけある。
研修店とかいって研修中の店員さんのいる店でその分安くなるという事だ。
安いのでよく利用させてもらっている。(ちなみに研修店ではカレーLも300円というお得な状況)
使っているメニューは他の店と一緒だが値段のところにシールが張ってあって安くなっているのだ。
しかしこの間久しぶりに研修店に行ったらシールが張ってねーーー!
つまり値段が他の店と一緒になってるーーーーー!
店員さんに聞いたら研修店割引はやめてしまったそうだ。あーショック。3年くらいやっていたからずっとあると思っていたのに。しょうがないのでカレーS300円を食べて帰ってきました。

お金がないと生きていけないのか 

December 08 [Sat], 2007, 4:50
お金に支配される人類





あらゆる政策諸課題を解決するのには、財源というものが必要です。
また、民間の経済社会においてもお金というものは非常に重要なポジションにあります。政治というものは、つねに経済と一体です。
現代社会で生活していくかぎり、必ずこのお金がつきまといます。
「人間はお金のために生きているのではない」と言える一方、「お金がないと生きていけない」のもまた事実です。





が、しかし「お金がないと生きていけない」と定義したのは誰であろうか。神であろうか、自然の摂理であろうか。これは他ならぬ人間です。宗教団体は神の名の元にお供えを集めます。しかし、お金を使うのは実際人間です。その宗教団体の宗教家の給与や支払いに消えるのであって、神様に渡すわけでもないし、自然に帰すわけでもありません。宗教家は、神様にお金を差し出すことによって、差し出した信者に「これであなたも救われました」などと言うが、実際に救われるのは、その教団と宗教家です。教団活動資金としての献金と素直に言えばいいのですが、このような言い方をして募る教団ばかりです。
もともと自然の仕組みは、人間に衣食住を必要とするようになっていますが、お金を必要としていません。








自然の恵みがお金の傘下

私の家の近所では白菜が、スーパーで160円でいつも売られていたのですが、いつも野菜が高い。肉となる牛・豚は穀物を原料にして人間に食べられるのに、肉はなぜ米や野菜より安いのだと。そして、そのあと、全農が白菜とダイコンが供給過剰となったので1万トンほど処分するという.「なんてもったいないことを!ただでくれたらいいのに」と



「そしたらそれを作って働いている人の生活はどうなるんだ。ただであげたらその人たちの収入がないだろう」となりますが、解せない人もいるでしょう。




肉が安いのは貿易の仕組みを利用しているからであり、国産の野菜もまた資本主義経済の仕組みに支配されています。お金が先にあって、その命令に従って食料がある・・・と今の仕組みはなっています。




どこまでいっても人件費

次に労働について考えてみましょう。ラーメン屋で働いている人がいるとします。ラーメンを食べてお金を支払うお客さんがいる。お客さんのお金は、ラーメン屋に入る。お店は家賃、光熱費、水道料金、従業員の給料を払い、仕入先にも支払う。





家賃は家主に、光熱費は電力会社に、水道料金は自治体に移動しますが、ここから先も延々と仕入先か自社従業員の給与・役員の報酬などで使います。そこで使われた金はどこまで行っても、必ず人件費になります。ラーメンは食べて排泄物になるのに、お金は延々とお金でありつづけます。いずれ自然界とのバランスが崩れて、その矛盾から破綻するのは当然でしょう。
まして、このお金は交換機能としては問題ありませんが、貯蓄・増殖するためやっかいな問題を引き起こします。





人件費にすべてなると言いましたが、正確には人件費を経由して留まっていることもあります。それが大資本の場所であり、具体的には政府・金融機関・大企業等という力を持っているところになります。
これらの弊害により、次のようなことが生まれます。





●貧富の差
●返せるわけのない借金による苦しみ・自殺
●お金を中心として形にこだわり心を失う
●生命の尊さを知らなくなる
●自己中心主義社会・孤独
●社会病理現象・教育荒廃・児童福祉の衰退
●農林水産業の衰退
●医療の形骸化・高齢者福祉の衰退
●環境破壊
●財政破綻・年金破綻
●戦争





どこまでいってもお金は決してラーメンにはならず、チャーシューたる豚にも、卵たる鶏にも、土から育つねぎにもならない。お金を土に埋めて、ねぎは生えてくるでしょうか。
こんなことは当たり前なのですが、実際にやっていることは、当たり前でない事をやっています。自然界はお金を単なる紙か金属としてしかみていないはずです。






自然万物とお金の矛盾

なのに人間は、お金がたまることによって力を持つ仕組みを作ってしまいました。最初のうちは、そのズレは微々たるものですが、これだけ金融が発達してくるとおかしなことにもなります。



お金はたまると増えていくのに、自然界のものはつねに分散しています。いずれ全ての人々は借金が返せなくなり、国・自治体の財政は破綻し、年金などもらえるはずもありません。ここに政策の全ての問題を片付けるヒントが隠されていますが、永田町や霞ヶ関の人々は、一つ一つの政策分野を専門化して、木を見て森をみないことが行われています。今世紀において片付ける問題とはたった一つの源をやればいいだけのことなのです。



お金の仕組みにより命を絶つ人もいます。貧者は富者に、怒り、ねたむ。富者は貧者を蔑む。貧富のいずれであっても、いずれでなくてもお金のために騙したり、殺したりする。こうして、できた世の中は命を尊ばなくなり、思いやりをなくし、人をおとしめようとする。弱いものはその努力が足りないんだと、またやり直せばいいと切り捨てるわけです。かつてはこのようなことは資本家や経営者が口にしていたものですが、やがて中流階級も言うようになり、アメリカのようなやり方が改革だという流れができてきました。日本人は周りを見て、誰かが新しそうなことを言うと飛びついてしまう傾向にあります。それだけ日本人としての心が失われた経済社会ができあがってきているのでしょう。



現実社会では、お金に捕らわれない生き方をしようにもなかなかそうはさせてはくれません。競争する経済であっても、談合型経済であっても、いずれにしてもお金に縛られているわけです。お金に無縁でいられるのは、保護者に守られた児童くらいのものでありましたが、最近はそれでもお金にとらわれるようになったくらいです。





自称改革者たち

政治の世界では、ここにメスを入れなければならないのですが、既成政党や官僚は、既存の経済政策の土台で物事を計ろうとするゆえ、政策の限界が多く起こるのではないでしょうか。





既存の経済政策の土台とは、「競争に基づく市場経済悪く言えば弱肉強食経済」並びに「政府による調整経済悪く言えば利権誘導政治」です。この二つはすでに世界では試された事であり、これらの価値の限界に気付かないと手遅れになってしまいます。現在の政治勢力は、この二つのいずれかの立場をとるか、その中道です。いずれも資本を重要視するため解決にはなりません。





人類の精神文化を築くにも、人間がお金に執着しなくてもよい世の中を作る必要があります。
しかし、モノ・サービスを手に入れるのは、お金は便利なものであり、物々交換など不便きわまりないです。ようは、お金がストックされると力を持つことをやめさせるのです。

ネットの危険 

December 05 [Wed], 2007, 13:44
僕はネットから始まって、

幾人かの人を傷つけてしまったし、

また、色んな人に傷つけられた。

ネットでの誹謗中傷はすごいものだった。

でも、それより、傷つけてしまった人たちの事が悔やまれる。

僕はネットで深い関係を持つのは良くないと思う。

それは、やがて転がり出した石のように加速して行き、

しまいには自分の力では止められなくなる。

確かに、僕はブログを通してかなり癒された部分があるし、

色んな人と接する事で成長や学ぶこともできた。

でも、代償の方も大きかったように思う。

ブログで一番危険なのは背教者の攻撃に遭うということ。

僕はかなりの被害を受けました。

もう一つ、異性と関わるなら危ない道に陥る可能性があるということ。

ネットを正しく用いるようになりたい。

けど、寂しい。。。

ここをサタンは付け込んで来る。

今日の獲物 

December 01 [Sat], 2007, 17:31
朝5時に起きてコレ!



やってられん!




生き物はコレしか掛からなかった。




もう、ディープエリアが狙える波止場に戻るしかないのかも。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aronjo1526
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年10月08日)
アイコン画像チャーリー
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年10月01日)
アイコン画像はにまる
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年09月21日)
アイコン画像MASA
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年09月18日)
アイコン画像佳奈美
» 祝☆ウォーキング開始! (2008年02月20日)
Yapme!一覧
読者になる