BBQ〜 

May 31 [Sat], 2008, 14:38

今日は、私の日本人友達のおうちで6家族ファミリーで参加型のBBQに夫と参加してきた。
私の友達系のイベントには全く参加したことのなかった、人見知りの夫には、かなり勇気のいる参加となったはず。
今日でテストも終了したことと、日頃私がお世話になっているみんなに会って欲しくてほとんど無理矢理連れて行った。

途中、大丈夫かな?大丈夫かな?って何度か夫の様子を見ていたが、まぁこどもじゃないし結構楽しそうにしていたので、安心。

昨夜は今日のテスト勉強で睡眠不足だったから、あまり長居はできないよって言っていたけど、結局おひらきまでしっかり長居。

夫はいつも夫系のイベントには私も連れて行ってくれるので私は夫のクラスメイトやその家族とは仲良くさせてもらっている。
私も夫に私の友達とも仲良くして欲しくていつも参加して欲しかったから今日は念願かなって嬉しかった。

でもテスト疲れ、気疲れかなー。
帰ってきたら、ぐっすり。 カーペットの上で寝ちゃった。

朝までそっとしておこう。

今日はBBQはみんなで食べて美味しかったし、みんなでいっぱいお話できたしいっぱい笑ったし、久しぶりのUNOも楽しかった。でも、やっぱり一番はMiyokoしゃんだなぁ

アメリカの家具屋って。パート3 

May 31 [Sat], 2008, 14:29

意気込んで苦情しに行ったわりに、小さな声で

「ソファの足が・・・足が・・・ついてナイんですっ!」

と、言ってみました。

「ソファは引き取り?お届け?どっちだった?」と聞かれ、

「引き取りでした・・・」

「じゃ、こっちきて」

なんだ?なんだ?とついて行く。
連れて行かれた先、私が買ったソファの前。

そこで、ソファをぐいぐいっと持ち上げてソファの底を私に見せて

「ほらここ。見える?ここに、チャックがあるでしょ。ここを開けると足と取り付けに必要な物が全部入ってるから。」

「はぁ・・・なるほどぉ。」

「グッドラック!」

「はぁ、どうも・・・。」

そんなことソファを引き取ったときに教えてくれることじゃなくて???
引き取ったときと同じ人だったよ。

でも、もしかしたら説明されてたのかなって、やっぱり英語力のない自分を疑ってしまう。

結果オーライ。

アメリカの家具屋って。パート2 

May 31 [Sat], 2008, 13:40

友達のおうちに遊びに行って気づいた。

同じソファを買ったのに、なんか、違う。。。うちのはもっと低いなぁ。。。

と考えていたところ、ふと気づいた。

「あ。うちのには、足がない・・・

またかぁ・・・・・・。

アメリカに長く住んでいる友達が「家具を買うなら帰国よりかなり早く買った方がいいよ、いろいろクレームあると思うから」ってアドバイスしてくれてなかったら、テーブルの傷もそのままで、ソファの足もないままで
日本に連れて帰ることになっていた。

どうして1回でいい仕事をしてくれないのだろう。

今日はこれから家具屋さんに行って、「ソファの足がついてません。」ってクレームしてきます。

もーーーー、アメリカ人、頼むよぉ〜・・・。

卒業 

May 30 [Fri], 2008, 19:23

今日、学校を卒業した。卒業式はないけど。
寂しかった。
会社を辞めるときも、寂しかった。
あー去るって辛いなぁ。

初めて先生に会ったときは、全然好きじゃなかったのに、
今はすごい好きなんだな。

変な人だなぁとか、ちょっと頭にくる人とか生きていればいろんな人に出会うけど、
基本的に「嫌いな人」はいないというか、作らないようにしていたから、
嫌いじゃなかったけど、好きじゃなかった。

でも、もともと引っ込み思案な私を積極的にでもないけど、
少なくとも機会を与えてくれれば、人前で話すことができる様に変えてくれたのが、
この先生。

授業中にできないことがあったり、英語に関係ないことでも話題の中で人生相談みたくなったりしたとき、
絶対に言ってくれたのが、「You can do it.

初めて出会ったとき、上級クラスに上がりたくなくてめそめそと泣いていたときから、
つい最近まで、いつも、その一言で私にいーっぱい自信と勇気を与えてくれた。

それで最終的に私を変えてくれた。すごい人だ。
この年齢になって、そんな人に出会えるとは。

先生については、賛否両論ある。
もちろん、人それぞれなので当たり前だけど。

私は帰国するときに、先生を連れて帰りたいと本当に思う。キーホルダーサイズにして。
なぜなら、私は、不思議と彼女にその一言を言われると、本当にできるかもって思ってしまう。

今日、最後に言ってくれたのは、やっぱり「You can do it.」、それで、卒業だからかな、
もう一言。
「日本に帰ったら、いろんな可能性が待っているよ。」

この年齢でもう再就職は無理かなと半ば諦めていたけど、就職できるような気になった。

これからも壁にぶちあたったときは、先生にメールしてあの一言を言ってもらおう。
他力本願じゃないよ、ほんの少し背中を押してもらいたいだけなんだよな。あの一言で。

そんなのがあってもいい気がした。大人になっても。

クラスメイトとももう会えないのかなと思うと、ちょっと涙目になる。
泣くと止まらなくなるから、今日は一生懸命、「今日は最終日じゃない」って言い聞かせていたけど、
おうちに着いたら、うるうるってした。

バスのドライバーさんとも、すごく仲良くしてもらって、今日はハグしてくれた。
先生も、下のクラスの先生もハグしてくれた。
ハグって落ち着くね。
この文化を日本に持ち帰りたいな。

ハグって言えば、こないだクラスメイトのキューバ人が真剣に私に聞いてきた。

「どうしてアジア人はハグをしないの?」
「ん・・・・。ハグ文化がないの。」

「みんなからだ臭いの?だからハグしたくないの?」(真剣っ)

いつか日本にもハグ文化が普通になればいいな。
そしたら、臭いのかな?なんて思われないよね。

アメリカの家具屋って。 

May 20 [Tue], 2008, 23:35

昨日来るハズだった家具屋さんからの電話がなかったため、今日、授業を抜け出し意を決して電話をかけた。

私「arocoですけど。。。」
家具屋「arocoって、土曜日の?」
私「そうですけどー、電話くれるって言ってたのにー、まだもらってませんがっ!(片言のくせに強気)」
家具屋「あら。じゃもう一度カスタマーセンターに電話するように言っておくわ。」
私聞き取れず。「エクスキューズミー?」
家具屋同じ文章を繰り返す。
私聞き取れず。「エクスキューズミー???」
家具屋、半分キレながらもスピード激減して、繰り返す。

3回目でやっと聞き取り成功
でも、お客様は神様なのに、半キレってどういうことだ。ムッキー

授業に戻って先生に。
「私はもうすぐこのクラスを卒業するというのに、まだ電話でアメリカ人を話せないヨ
と、泣きついたら、

「私もよ。」って先生が。
え?!ほんと?なんで?

「彼らの言い方はわかりづらいし、早口だし。ノープロブレムよ。」

1年前にこの先生に習い始めたとき、「こんな恐い先生に習うくらいなら家で勉強するぅ〜」って言ってたのに、こんなにラブい気持ちになっている。

日本に帰るときは、ミニJudyが欲しい。

それにしても日本の家具屋さんではあり得ないクレーム処理。
売れたらもうそれでバンバンザーイって文化なのかなぁ。

Quebec Cityへの旅 

May 17 [Sat], 2008, 23:18

たぶん一生分の旅をこの短期間にしている。
こんな環境にいられることに感謝。ますは夫に感謝?そうだったそうだった。

念願のケベックシティ@カナダへの旅行。
がっこの日本人の友達に地球の歩き方カナダ編を借りて(これがなかったら楽しめなかったかもぉ~)
情報いっぱい教えてもらって、2泊3日のカナダ満喫旅を成功させた。

ケベックまでは途中の休憩を入れて8時間半かかった。
高速道路は相変わらず運転できないダメ人間な妻(しかも、車に乗ると起きていられない)を横目に
ひたすら運転し続けてくれた夫、本当にすごいっ!
しかもモントリオールの高速は、車も多くて渋滞してたり道路も複雑だったのに、私のつたないナビと夫の冴えていた判断力でなんとかすんなりと1泊目の宿に到着。

ケベックシティまで行くと深夜のチェックイン。それはちょっと。。。って断られたので、ケベックシティまで2時間くらいのところで1泊。寝るだけなので激安宿。
朝一、ケベックへ向け出発。

地球の歩き方と友達情報を頼りに一通り見所を押さえ、
郷土料理などというものを頂き、おなかもいっぱい満たされました。

久しぶりに繁華街というか、買いもの街というか、モール以外のぷらぷら出来る場所へ行ったので
東京でよく夫とふらふらと表参道や青山あたりを歩き回ったことを思い出して、
デート気分を味わえたのが一番良かったかなぁ。







家具購入@アメリカ 

May 17 [Sat], 2008, 10:55
帰国に向け、先週末えんらこらさっさと家具購入に励んだ。
短時間で(ってここでの時間はたっぷりあったのだけど)、基本的な家具を決めるっていうのはしんどかった。

結局、ダークブラウン系の家具でダイニング・ソファ・ベッド・テレビ台をお買い上げ。
日本のおうちに入るかなぁってどきどきしながら、小さめの物をセレクト。

今日さっそく届いたダイニングテーブル。
やっぱりステキ あ。ただのシンプルなテーブルですが。
でも、配達のお兄さんたちが帰ってから、はっけーーーん

テーブルの足の塗料が一部はがれて、そこだけベージュ色に・・・

さっそく家具屋さんに電話するもカスタマーセンターは土日はお休みだから月曜日に折り返し電話しますねん♪って陽気な感じ。
あたしがこんなにショックで泣きそうなのに。。。

だって、だって、
短時間で決めたとは言え、何軒も家具屋さんを回ってやっと見つけたお気に入りの家具。
それに、そんなに安くもないんよ。。。

もぅ、今日はかなり気分的に凹みそう。

これからソファを取りに家具屋さんへ行くのだけど(配送料節約っ!)、
頼りの夫は風邪ひいてゴホゴホ、無事に運んでこれるだろうか・・・。

だけどっ。
ダイニングテーブルに合うかなって思って買ったイスも、しっかりマッチしていました。
小さいものを選んだはずなのに、うちに届いてみるとかなり大きくてビックリしたけど。

今のところ、レンタル家具と購入した家具があるので家の中は混み合っている。
それもしばらくの辛抱。

こうやって自分の家具を買ったりしていると、いよいよ帰国に向けて、本格的にわくわくしてきました。
アメリカの生活は好きだけど、やっぱりまだ旅行気分が抜けず、日本の生活が恋しい〜。
日本に帰ったらアメリカが恋しくなるのかな。
でも、今日みたく家具屋さんにクレームの電話するときなんかが、一番、ストレスを感じる。
相手にしてみたら、3歳児くらいの子と話しているようなもんだろうから相手にもストレスを与えちゃうし。
日本だったら、少なくともここよりもすんなりと言いたい事を相手に伝えられるものね。

早く帰りたぁ~い
ような、帰りたくないような・・・。どっちやの???

yogi tea 

April 29 [Tue], 2008, 6:26
太ったからってゆーか。
なんとなく、お茶に頼りたい気分ってだけなんだけど。。。

お世話になっているがっこの友人から教えてもらったので、さっそく。

Yogi tea Detox

"日本で買うと高い"って聞いてそれだけでまた買っちゃった、のもある。
ここだと$3.5くらいなのに、日本だと1000円くらいするらしい。そういうお得感にはすぐ負ける。。。

本当は、いろんな種類のお茶が欲しかったのだけど、
あたしの買い物をいつも監督している、やさしーい夫が間髪いれず「1箱にしときなさい」と。

たしかに。おっしゃるとおりなのだ。
あたしの性格をお見通し。。。 熱しやすく冷めやすい。
いっぱい買ったら飲み終わる前にお茶ブームが去ってしまってお茶が棚の奥深くに葬られることを知っている。

まだブームが去っていなかったら次のお茶を買ってみようか。

ちなみに今回のDetoxは、漢方薬くさい。私は体のことを考えるとなんとか乗り切れそうだけど。
体の悪いものを根こそぎさらっていってくれるらしいので、それくらいの臭みは我慢しよう。

無料サンプルをもらえるらしい。もらってみるか。。

http://www.yogitea.com/

ワシントンD.C.への旅 

April 12 [Sat], 2008, 22:55
ワシントンD.Cで開催されている「桜まつり」 http://www.nationalcherryblossomfestival.org/
去年から行きたいと思っていたので、今年は行っちゃいました〜

ロチェから車で7時間。
桜まつりのせいでホテルがNYC並みに高くなっていたので、隣まちのBaltimore(D.C.までは車で1時間)で1泊することに。

Baltimoreは港町でシーフードが新鮮。
夕方にBaltimoreに到着したので夕飯は蟹を食べられるというお店へ。
CJ's Restaurant:http://www.cjscrabs.com/
注文を間違えて、蟹ハンバーグが運ばれてきたのだけど、とりあえず食べていたらいつものごとくウエイターさんが「美味しいかーい?」と聞きにやってきたので、「これ、私の食べたかったやつじゃないからもう一度メニューください」って言ったら、「何が食べたかったの?」と言われ「まるごと蟹をこのトンカチを使って食べたかったんだ」って言ったら、親切に交換してくれることに。こんなところ、アメリカっていいなと思う。大らかだなぁ。

テーブルの上全体に模造紙みたいなものが2枚ひいてあって、蟹がボンボンっと出される。


で、このトンカチを使って硬い殻を割る。お店に「ガンガンガンっ」って音が充満。


食べ終わったら、こんなにぐちゃぐちゃ・・・


翌日、D.C.へ。
雨の予報だったのだけど、なんと28度の夏あぢぃ〜・・・

今回の目的の桜はピーク越え、残念なことに多くの花びらが散り始めていました。
そこで、桜は早くに切り上げて、第二の目的だった「ホロコースト博物館」へ。
UNITED STATES HOLOCAUST MEMORIAL MUSEUM:http://www.ushmm.org/
D.C.のミュージーアムはほとんどが無料。ほんとに無料でいいの?ってくらいすごいやつなのに。

ホロコースト博物館は、本や映画でしか見聞きしたことのなかったナチスとユダヤ教の人始めとする犠牲になった方々の映像や写真、実際に靴やブラシなど、あまりに衝撃的すぎて、少し具合が悪くなった。
本で読んだり映画を見たりしていたから、すべて初めてと言うわけじゃなかったのに、あまりにも現実は惨すぎて目を疑った。人間ってこんなにひどいことをすることが出来るんだなぁ。亡くなった方々は骨と皮になるまでに痩せ細り、今、痩せようとしている自分がちょっと贅沢だなぁと思ってダイエットは延期。
今回は桜が目的だったのだけど、ホロコースト博物館がものすごく印象に残り、そして勉強になりました。

そのあとは、チャイナタウンで小ロン包を頂き、夕方5時頃にD.C.を出発、ロチェに着いたのは深夜1:30頃。

あと2泊くらいして、博物館をもっとゆっくり見て周りたかったなぁ。。

ちなみに、Baltimoreのホテル前に咲いていた桜が満開だったので。D.C.の桜じゃないけどそんなのかんけーねー?


そういえば、去年の夏にロチェからは撤退してしまったクリスピークリームをBaltimoreで発見
ダース買い



ルクルーゼ衝動買い 

April 12 [Sat], 2008, 12:09
食材の買い物へ行く途中に通ったキッチン雑貨のお店に「SALE」のサイン



ケトル(エスプレッソ)$45
ポット$25(定価)
スープ鍋(キウィ)$89.99

ケトルはこのエスプレッソという色、濃い茶色は初めて見て一目ぼれ
スープ鍋となっているけど、何でも作れる。
ほんとは$160のだから、超お得。なべ底(外側)にちょっとした傷があって、それを気にしていたらさらに10%Offにしてくれた。
日本で買うと¥25,000くらいらしい。いつも日本で買ったら・・・と比較して思わず衝動買いしてしまう。

まだ狙っているものがあるだけど、どうしよう・・・。どうしよう・・・買っちゃおうかなぁ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aroco
読者になる
10kg増の激太り中。

★好きなコト・モノ★
・家にいること
・お菓子作ること
・ゆっくりすること
・1日中テレビ見ていること
・何か作り物をしているとき
・Parkleighという雑貨屋さん
・お友達とお茶すること
・すらすらっと英語を話せたつもりになっているとき
・土曜日の朝寝坊
・チョコレート
・バックなど入れ物全般
・片付けること
・雑貨屋さん
・常に前向きな人
・クロッシェ
・寝ること
・映画鑑賞(映画館はNG)
・お散歩

★苦手&嫌いなコト・モノ★
・負けず嫌いな人
・自己主張があまりに強い人
・他人に厳しい人
・太ること
・人を疑うこと
・生姜をおろすこと
・人前で話すこと(日本語でも)
・アメリカ人に話しかけること
・初対面の人
・すっぱいもの
・甘辛なおかず
・体力使うこと
・演じること
・常に後ろ向きな人
・喧嘩
・急がなければならない状況
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31