くんくでビビ

February 14 [Sun], 2016, 14:42
公務員と看護師を両立する方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。看護師は長期にわたって務められる仕事だという理由から勉強する人も多いのですが、なおかつ公務員にもなれたら一層安定した職業になることは確実です。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は夜勤が必須の職業です。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務の夜勤は時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。求人に応募しようとする病院がどういった交代勤務を採用しているのか理解しておいてください。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、ほぼ希望を通してくれる病院もありますし、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。転職の際には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。注意すべきこと、それは履歴書に書くことの中でも特に志望動機をいかに書くかです。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術や知識を学べるといった理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。自身の結婚、出産あるいは転居など諸事情による転職も多いですが、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと転職そのものが危ぶまれます。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、大病院で最先端の治療に接したい、というように前向きな志望動機があれば良いでしょう。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職する時に出る手当である、退職金については、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。一方、個人経営の病院になると、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意する事を忘れてはいけません。中でも、女性の看護師は派手な化粧はなるだけ控えておいて、印象の良いナチュラルメイクにするのが良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、雰囲気がまた違ったものになるでしょう。働く看護師の休日に関してですが、勤めている現場で異なっていますから、一概には言えません。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトを組んで働きますので、休日出勤や平日休みもよくあります。一見大変そうなシフト勤務ですが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、そういう意味では働きやすいと言えますね。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般的には課長の役職に近いと言えます。普通に課長職といっても、その年収がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、750万円位だと見られています。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復した患者さんが退院していき、その上、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それから、患者さんの家族の人たちに笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、最高にやりがいを実感できます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、辞めてしまおうと思って、悩むでしょう。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、ここ数年でどんどん治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ですから当然、医療機関で働く看護師ももっと多くの人手が必要とされているのですが、今のところ、どこでも人手は足りていません。でも、人手が足りていないというのなら、それは、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職先に困ることはない、という良い面もあるのです。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、看護師の不足が浮き彫りとなっています。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も行い、看護師の大半は激務をこなしているのが実情です。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも分からなくはない話です。我が国の法律で、看護師は医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、患者さんの状態によって、切迫した状態では、キャリアのある看護師には部分的に医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、時間通りに帰れないということはよくあるのです。とはいえ、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても突然笑顔になるのです。看護師のその様子はまるで女優のようです。昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが女性の職業でした。しかし今日では一般的に「看護師」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。看護師に相応しい性格や能力をみても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですが漢字だと、こうして二種の字で表せます。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、性別に無関係に使用できる看護師の表記に一本化されました。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、一にも経験、二にも経験となります。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなシンプルな仕事でもないため、実地に経験していくしかない、ということです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで技術を吸収したいと希望する、意義のある職場変更と言えるでしょう。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。普通、好んで注射をされに行くような人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないようにお願いしたいですよね。とは言うものの、看護師の技術によっては痛みなく処置してくれる看護師もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることがほぼ確実なのです。現在の年収を下げてまで夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修は、看護師にとって一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながら多くの事を学べる機会です。看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の意欲も湧いてきます。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。そういう看護師の仕事を続けていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。看護師という仕事に就いている方の中では、毎日の勤務時間がばらばらであり、過酷な労働環境だということも相まって、違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、案外、看護師資格はいろいろな職種において有利な方向に働くことが多いでしょう。いくつか例を挙げるならば、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ当然のように疲れを蓄積していき、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について自覚したりします。意外に思うかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園がある事をご存知ですか?職場が保育園となると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、最適な職場でしょう。ちなみに、どういった仕事かというと子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を次に勤務を始める看護師に口頭で報告説明する決まりです患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう報告しなければなりません。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うこともとても大事なことです。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、つらいこと、大変なこともあります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考えるようになってもおかしくありません。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ですが、どういった病院か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。勤務している今の職場でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、面接という流れになるのがふつうです。これまでの経験や職務について、志望動機など聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり見られています。人間的な良さをわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、働いていない期間が長くあったとしても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、現場の人手不足の問題が少なからず関係しています。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ時と場合によりたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。休日や時間休も取れますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとそもそも夜勤などはできないものです。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため職場に戻ってきたりする人も少しずつ増え始めています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sou
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/arm0h0orro0gpu/index1_0.rdf