青山だけど新(あらた)

February 02 [Thu], 2017, 2:17
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼汰
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる