しかし 

2010年09月30日(木) 15時00分
ヤプログは記事書く欄が狭すぎて見づらい。
左右の余白がきになる。

9/29 

2010年09月29日(水) 18時36分
Amputechture (2006) - The Mars Volta
Kid A (2000)- Radio Head
Hedwig And The Angry Inch (2000)- Hedwig And The Angry Inch
The Condensed 21st Century Guide To King Crimson (2006) - King Crimson
The Singles Collection (1993) - David Bowie

近くのGEOに行ってみた。
TSUTAYAになかった物があるのはありがたい。
とくにHedwig And The Angry Inchのサントラがあったのは嬉しかった。
David Bowieはたまたま最近Starman聴いて良かったので借りてみた。
あとは中学の時CMでEasy Money聴いてずっと興味あったんだけど
そのままにしていたKing Crimson(今アマゾンみたら叩かれてて笑った)、
なんかの動画でBGMになってたRadio Head、最近ややはまってるThe Mars Voltaね。
Origin of Loveはやっぱいい曲だと思う。

9/29 

2010年09月29日(水) 17時51分
・Blade Runner(1982)

Phillip K. Dickの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が
ベースになってるけど、Dickは版権を売ってからは
ほとんどノータッチらしい。そのため小説とはけっこう差がある。
私の中での『アンドロイド〜』の世界観は
まだ少し発展途上なところがあるイメージだったから、
巨大な電子広告掲示板でゲイシャが強力わかもと的な何かを宣伝してたり、
「コノレフ月品」とかいう謎の文字が光ってたりっていうシーンには衝撃を受けた。
歌舞伎町に影響を受けて設定された舞台らしく、
発展途上なアジア諸国にみられそうなオリエンタリズムに
サイバーとか近未来的要素をぶちこんだって感じ。
でもギャップが薄気味面白かった。
映画版だとレイチェルがちゃんと?人間ぽかった。
小説だと結構あいまいっていうか、
結局アンドロイドの持ってるものは
ハートじゃなくてプログラミング、みたいな。
(よく覚えてないけど)
そいえばあんまし人間が天然ものにこだわる描写がなかったな。
あと思ったこと箇条書き
・冒頭シーンの美しさがやばい
・ルトガー・ハウアーが異常にかっこいい
・最後のペガサスが意味するものは?
・オチがなんか消化不良
・あれみろよ だれかへんなもの のこしていったぜ

というわけで 

2010年09月29日(水) 17時50分
備忘録というかメモというか
まあ適当に
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:Reina
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年10月21日
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30