車椅子障害者の求人情報の探し方とは?

June 06 [Tue], 2017, 8:43
一言で「車いす障害者」といっても、それぞれ障害のレベルがあります。
そこで、まず、大きく2つに分けて考えてみましょう。


★一般企業で就業することが困難な車いす障碍者の仕事

この場合の車いす障碍者の仕事における求人情報としては
授産所(または授産施設)と呼ばれるところで紹介を
してもらえます。


授産所には、作業指導をしてくれる≪生活支援員≫≪作業指導員≫
と呼ばれる方がいます。

例えば、生地の周りを縫ってランチョンマットを作ったり
クッキーやパンの製造工程の一部をお手伝いするといった
簡単な手作業の作業などとなりますので
健常者のようにこれだけで生活ができるといった
収益にはならないかと思います。

ですが、短時間でも人とのかかわりの中で
お仕事をしながら同じような障害者さんたちと
コミニケーションがとれて仲間生まれてきます。
とても有意義な時間を過ごせるのではないでしょうか。



また、この授産施設は2種に分類されています。
共に通所施設です。


1)法定授産所

身体障害者授産施設や知的障害者授産施を指す。
設身体上もしくは精神上、また、家庭の事情において
働く能力がある程度制限されているといった人たちのために
就労または技能の修得に必要な機会を与えることで、
各々において自立を助ける保護施設です



2)小規模授産所

目的は1の法定授産所と同様になりますが、法定授産施設の基準を
満たすことのできない各種運営主体が設置する授産施設で
大半は地域の中での運営です。

車い障がい者自身、さらには親や、各ボランティアを
はじめとする関係者によって共同事業化されている施設になります。


★一般企業で就業したい車椅子障害者の仕事


例えば、市役所、県庁などといった公務員職などは
よく車いすの職員さんを見かけたりしますね。


ですが、一般的な求人情報において
正直で仕事を探すのはかなり困難かと思います。


やはり、トイレ、床の段差、身障者用のエレベーターなどといった
先様のオフィスビルの受け入れ環境なども
ありますので、実際は難しい部分になってくるでしょう。


ですが、最近のネット環境の影響力は強いとあって
ネット求人サイトなどでは、


障害者の総合就職サイトなどもありますので
諦めないでどんどんチャレンジしてみてください。


ですが、このようなサイトでは同じように
車いす障害者の方が検索されていることを踏まえて
考えると、いかにあなた自身が企業に対して
アピールできるかという部分も大切になってきます。

そのためにも、可能なら先に資格などを取得して
仕事に就ける準備をしておくのもいいのではないでしょうか。

障害者求人 車椅子の方の就活はココが人気!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒヤマ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる