念入りに触れても黒い岩に見える?

January 23 [Wed], 2013, 17:18
二週間前に友達よりゆうパックで兵庫名産の大きな山の芋がやって来ました。
友達は数年前に溺愛していた愛犬を病気で亡くしたので、命日にと百合の花束をお供えにと送りました。
学生時代からの友達は命日を覚えていた事にとっても感動してくれ郷土名産の山の芋を感謝の気持ちを込めて送ってくれました。
BOXを開けると「ん?んん??」山の芋が行方知れずです!BOXいっぱいにオガクズが詰まっていて其れを除去すると中からブツ?が現れて来ました。
「何じゃこりゃ?」って思えるほど茶色くってゴツゴツした山の芋。


短冊に切って食べる事しか考えられない私(汗)困り果てているとオガクズの中にキラリと光るOPP封筒が!!それを取り上げてみると中に小冊子が入っていて調理例がいく通りも書いてあり思わず渡りに船(笑)と飛びつきました。
山の芋は、揚げ物・煮物・焼き物、全て良し!説明書の写真はどれも美味しそうなんです♪其れが心の奥底の料理魂に大きな火をつけ山の芋料理にこだわり出した切っ掛けとなりました。
料理本を立ち読みしたり芋系大好きな友達に聞いたり山の芋料理のバリエーションの多さにとても驚きました。
寒い時期はベシャメルソースに摩り下ろした山の芋を混ぜて鉄板で焼くとあっさりして滅茶苦茶美味しいです!後、これは一般的ですが、ぎんなんを入れた天ぷらも美味しいですよ。
20種以上のレパートリーが増え、ファイルする楽しさを知りました。
素材は個性が表に出ないほどいっぱいアレンジ出来て私らしさが出せ面白いですね!で、最終的に分かった事は一番リクエストが多いのは簡単に焼くだけとか。


ガッカリ(涙)でも友達からのお届け物のお蔭で私の楽しみが一つ増え幸せを感じています。
残り一個あるので、今日のランチメニューは山の芋を何に変身させようかな♪
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ariakesumishi/index1_0.rdf