ゆりかご 

September 14 [Fri], 2007, 9:57
旅先でたくさんのものを頂いて、帰ってきた東京

人との出会いに満ちた旅、
大きな糸で繋がるご縁。

会いたいな
早く会いたいな

水と木と土を讃え
大きな森のドームで眠る

あたたかい ゆりかご


ここであなたを待っている
風が吹いたら 迎えに行くよ

異邦人 

July 28 [Sat], 2007, 13:43
生きる哲学

徹底してこれを追求してる男はかっこいいと
思いました。

世界はどう見えるか
自分はどう見たいのか

これだけ抱えて
彼は今日、日本を発つ。

カミュのように、
空からやって来た異邦人の気分で、
世界を見てきてほしい。

私は虫になって世界を観察。

その心は一緒だと思う。

螺旋階段 

July 09 [Mon], 2007, 0:53
時が流れる

なんてよく言うけれど、
いかに流れているんだろうか

左から右へ、横に流れるのか
縦軸上に昇っていくのか落ちていくのか

それとも螺旋にくるくる回っているのか

今の自分を振り返れば、多分後者だ
螺旋を描いて回っている

つまりは、
なんだか訳がわからないということ

人間は進みたがる生き物
線上をぐんぐん進んでいきたい

私はくるくるしている
時間軸を浮遊している


どこにいるかわからないけれど
どこかにいるということだけはわかる

そら・から 

June 15 [Fri], 2007, 22:05
ふっと、こんな空に救われたりする

空を見上げる自分は、空っぽでいい
何にもなくていい

自分が何でできてるかなんて知らないが、
こんな空に感じ入る自分がいることは、確かだ

ゼロになっても、
世界はそこにある

カラー 

June 14 [Thu], 2007, 1:24
色で溢れている世界

人の色
土地の色
記憶の色

ここにいる、
私は何色?

この頃
心から動く場所がない

愛すれば滲む
流されれば染まる

できるだけ、
染めてゆく人に

世界を色付けてゆきたい

海馬 

June 08 [Fri], 2007, 22:35
思い出せない

今まで何してたんだっけ
何を思って
何を愛して
何を信じていたんだろう

思いを馳せていたものは何?

楽しいことは目の前にあるのに
用意されているのに

うまく笑えない
今まで私は何処にいた?

今日出会った人が
今夜の夢に現れる
明日の朝、目が覚めればきっと忘れてしまう
全ては夢の中


思い出せないよ

瞬光 

May 20 [Sun], 2007, 22:36
全ての仕事は売春である

岡崎京子のpinkから。
この言葉が、理解はしきれないが妙に引っかかる。

細江英公が撮った舞踏家大野一雄氏の写真集を見た。
体が止まった。
身体から宇宙が溶け出している人の写真を初めて見た。
写真で鳥肌が立つほど息苦しくなったのは、
これと岡本太郎ぐらい。
写真ができることの、体感的な力強さを知った。
二人の表現者が放つふるえが、
体の内奥まで突き破ってくる。


ぐちゃぐちゃの感情に、ちょっと光が差した瞬間。

ワルツと祖父 

April 27 [Fri], 2007, 1:05
若木信吾さんの、星影のワルツを観る。
いい映画だった。

会津の、3年前に死んだじいのことばかり思い出して、泣いた。

うちのじいはCABINだった。
毎晩林檎を食べていた。
黒糖飴やらジャムパンやらがいつも周りにあった。
そんなことばかり、思い出した。

ああうちのじいは、
誰にも支配されなかった。

死ぬ直前はボケて大変だったけれど、
老人では決してなかった。
お爺ちゃんでも、きっとお父さんでもなかった。
ただ、荒井翠という人間だった。

私はじいとはあまり話したことはないが(晩年はボケていたし)
ああでも、たまらなく押し寄せてくるこの感情は、
きっと何かと繋がっている証拠だろう。

もっとじいを撮りたかったなぁ

冷蔵庫 

April 25 [Wed], 2007, 1:05
一日中、大島弓子の綿の国星をどっぷり読む。

下北沢で世にもおいしい水茄子を食べる。
くたくたに煮たそれは、甘くて春の終わりの味がした。

雨音が心地よく、深夜の冷蔵庫を開く。

たったひとり。
深夜のキッチンは、たったひとりになる。

遠くでラジオからジェットストリームが流れている。

このとある一瞬、世界は完成される。


無機質の冷蔵庫に、アイスティーだとか蜂蜜だとか味ぽんだとかが詰まっていて、
開けば日常のあらゆる世界が迫ってくる。

そこは私的で詩的で、普遍の世界。
現実的な、夢の世界。

日常、生活、煙、空気。
変化し続ける世界に、ひとつの定着を与えるもの。
時にそのことが私をひどく感動させる。
冷蔵庫。

欲望スケルター 

April 14 [Sat], 2007, 16:21
今更ながら、 岡崎京子のヘルター・スケルターを昨夜読んだ。 今朝3回は悪夢を見た。 シャイニングに出てくるあの部屋のような、 惑星ソラリスの無重力空間のような、夢だった。 そして吐いた。 ああもうどうして、ここまで世界を見てしまうんだろう。 目を塞げば見ずに済むのに。 もっと楽に、楽になれるのに。 それは蓋を開けてしまったパンドラだった。 欲望を絵にしたら、自然とこうなったんだろう。 決められた約束のように。 超現実的なこの社会。 限りなく上り詰める欲望。 高層ビルは今日も建設されゆく。 ここにはもう全てが描かれているので、 私はこの岡崎京子世界を前に、 右往左往して反復するしかない。 初めて踏み入る森を歩くような、 モナ・リザの前に立った人々のような心持ちで。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:塚田 有那
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年2月12日
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
最新コメント
アイコン画像url
» ゆりかご (2012年08月05日)
アイコン画像こけし
» ゆりかご (2008年10月18日)
アイコン画像をとこ
» ゆりかご (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» ゆりかご (2008年09月30日)
アイコン画像由井 和正
» 螺旋階段 (2007年07月12日)
アイコン画像由井 和正
» 螺旋階段 (2007年07月10日)
アイコン画像おく
» 伝言 (2006年07月02日)
アイコン画像wato
» 伝言 (2006年06月30日)
アイコン画像
» おわり はじまり (2006年05月28日)
アイコン画像加村隆幸
» おわり はじまり (2006年05月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる