どこよりもわかるお金借入れ選び方ナビゲーション

October 19 [Wed], 2016, 23:01
リボ払いに対して如何なる想像を持たれているでしょうか?

「なんだか儲かる」と思っているほうが掛かる一方で「使っちゃいけない・恐ろしい」といった想像を持たれる方も多いだ。
そもそもリボ払いって何?よく聞くけど今一つ良く分からない、というユーザーは多いです。

リボ払いは毎月の返済面倒を少額に制することが出来る受領切り口ですが、その分手間賃が余計にかかってしまいます。
なかなか好都合だからのでリボ払いとしてしまうと、高額な手間賃を払って大損やるパーソンがたくさんいます。


リボ払いは月設定された一定金額を返済していく受領スキームだ。
月払う売り値は月々の決済総額+手間賃となります。

月々の決済総額はカード店先が設定している最低限返済総額よりも多ければ、自分で好きなように条件可能です。
例えばABCカードの最低限返済総額は5000円とする。
5000円上であれば1000円単位で好きなように条件でき、月々の決済総額を7000円にしたり10000円にすることが出来ます。
そして自分で設定した売り値+手間賃を受領していくこととなります。

リボ払いには手間賃が発生します。
割賦で言うところの利息としていただければ伝わるでしょう。
リボ払いの手間賃は「消耗残金×手間賃÷連日×30お天道様」で割り出しできます。
各カード会社によって手間賃は異なりますが、だいたい15%〜18%に設定していることが殆どです。

原資一括で受領が苦しい高額な産物や優待もリボ払いすることで調達が可能となります。
月々の返済面倒を少額に控えることが出来るのはクライアントにとって嬉しいことかもしれませんが、実はトータルで見ると大損やるという落とし穴があります。

トータルで大損してしまう理由は高額な手間賃に関連があります。
リボ払いの手間賃がおっきい理由は、リボ払いが月々の決済総額を低く抑える特徴を持っているためです。
これらしたように手間賃は「消耗残金×手間賃÷連日×30お天道様」で計算します。
月々の決済総額を低く抑えてしまえば当然消耗残金はスゴイ減りませんから、手間賃も多額となってしまうのです。
残金が減らないは決済度数もかさみますので、結果的に支払総額が大きくなるのです。

時代遅れはクレジットカードの受領は次月1回払がマスでしたが、最近では当たり前のようにリボ払いが利用されています。
リボ払いは手間賃が多額ので嫌煙されてきましたが、月々の決済が楽だから手間賃は支払い税等だからという事でリボ払いが増加しているのです。
こんなリボ払いですが引力もあれば足もとも勿論有ります。

リボ払いのメリットは何と言っても、月低額更に断じて一定額の受領ですむ要素だ。
毎月の決済が楽であることはクライアントにとって大きな引力であり、これがリボ払いを普及させた大きな要因の1つであるといえます。
また毎月の決済総額はあまり規定ですから、返済計画を立てるのが簡単です。

逆にリボ払いの足もとは、思わず使いすぎて仕舞う可能性がある要素だ。
消耗限度額内であればいくら配達を通じても月々の決済総額は変わりません。
その為、お金感情がおかしくなり必要以上に使って仕舞うようになり易いのです。
消耗限度額いっぱいまで利用し、カードが使えない状況になって初めて使いすぎていらっしゃることに気付かされる方も少なくありません。


クレジットカードの受領切り口にはリボ払いの他に一時払い、2回払い、月賦、インセンティブ一時払いなどがあります。
クレジットカードによると返済たまに必ずや手間賃が発生すると思っているほうがほんとに多いようです。
しかし一時払いもしくは2回支払いであれば基本的に手間賃はかかりません。
2回支払いも分類だから手間賃が要るように思われますが、基本的にどのカード店先も2回支払いまでなら手間賃はかかりません。
次月一時払いが強い場合は2回支払いで払うと良いでしょう。

一時払いや2回払い、インセンティブ支払いが厳しい場合は月賦で受領下さい。
月賦はリボ払いよりも手間賃は低めとして、決済度数を少なくするほど低くなっていきます。
月賦は、利用する度に月々の返済面倒が加算となりますから、リボ払いのように消耗残金を無視して使って仕舞うようなことにはなりにくいだ。


リボ払いは基本的に利用しないほうが良いですが、いまやリボ払いを利用されているユーザーはどうすることも出来ないのでしょうか?
いまやリボ払い内輪のユーザーは消耗残金を一括で支払って仕舞う、若しくは月々の決済総額を繰り返すと良いでしょう。
決済総額を増やせば消耗残金の減算レンジも増えますのでトータルで払う手間賃を燃やすことが出来ます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダン
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/arhuo9otthcu0r/index1_0.rdf