備忘録

October 04 [Sat], 2008, 12:56
お仕事用です。
ライブ観たやつ。

2008.3.1 syrup16g live forever
2008.3.8 Good Dog Happy Men
2008.3.19 KAREN,Good Dog Happy Men
2008.4.27 ゆず @横アリ
2008.5.17 butterfly inthe stomach
2008.6.1 ACIDMAN
2008.7.12 ACIDMAN @幕張
2008.7.27 Quaker meeting,OK,コンタクト@下北沢
2008.8.2 ROCKIN' ON JAPAN FES
2008.8.16 Quakermeeting @下北沢
2008.9.6 NON'SHEEP@代官山UNIT
2008.9.23 924
2008.9.27 Quaker meeting@daisys bar
2008.10.4 スパルタローカルズ ワンマン


2008.10.10 KINOSHITA NIGHT

September 30 [Tue], 2008, 22:03
見えなくたって
掴めなくたって
ニセモノだって
それでもね

光さがしてる
いつまでも
求めてる

似合わなくたって
届かなくたって
蜃気楼だって
なんでもねえ

光みつめてる
いつだって
呼んでいる



光だけ
いつだって
光だけ
絶望しても
光だけ
何処にだって

掴めないよ
届かないよ
それでもいいよ
どうでもいいよ

タイトル未定

May 12 [Mon], 2008, 1:02
エスカレーターを駆け下りた先には
一面硝子張りの壁と、回転扉

勢いよく回転扉を抜けた先に立っていたのは、
大学一年生の時に好きだった、藤田君だった。

私は、彼の左腰骨の上を
ナイフで差したとき、泣いた。

「好きだった。」
倒れそうな彼を支えながら言った。
彼は、苦しそうな笑顔で
「ありがとう」と唇を動かした。

彼の顔に、
涙が落ちる。


彼を寝かせて、
そっと、キスをした。

何故、私は、彼を置き去りにして
逃げなければならないのか?

気持ちとは裏腹に、
階段を駆け下り、見知らぬ路地を走る。



駅の近くのロータリーにでた。
遠くには工場が見える。


私は、死ぬつもりだった。
本当は、彼を刺したあと、そのナイフで。


なのに、逃げている。
必死で。


でも、これで死ねる。


あのガスタンクに飛び込むんだ。
ポケットの中のマッチで、火を点けて。




そういえば、ガスタンクを真下から観たことが無かった。
丸い。丸い。
高架下のような、圧迫感。


少し、工場内を歩いていたら
飛行場が見えた。

色とりどりの、飛行機
思わず、レンズをむける、が、
少々遠すぎる。

近くで、撮りたい。


そんな衝動にかられているその時、
サイレンが遠くからきこえた。



高速道路は、下り坂だから
地面を蹴る必要はない。
スケートボードで、誰もいない道路を滑る。


飛行機を真下から見上げたり、
しながら、
一人の男の子と出会うのは、まだもう少し先のお話。

アルマイト

January 12 [Sat], 2008, 0:59
目があった瞬間
「オネガイ」と呟いた
勿論届くはずもない

君は聞き返すそぶり
「なんて言ったの?」
届いてない振りをした

それがせめてもの抵抗であり。

自傷

December 27 [Thu], 2007, 1:50
人を傷つける時は
自分を傷つけたいとき

人を傷つけた自分を蔑むため。
自分の為でしかないのである

哀れな犠牲者に
花を添えよう

君を傷つけたいんじゃない
君のことすら、みていないのだから

sign

December 04 [Tue], 2007, 0:19
君は狡くて醜くて
だから僕は君を抱きしめる

冬の日の汚れた町
音も立てず歩いてゆく

いつだって君は
寂しいなって呟くんだ
いつだって僕は
寂しいのってきいてんだ

君の腕の入れ墨
僕はその意味を知らないさ

冷たく乾いた空に
響く鐘の音の様に

いつだって君は
寂しいねって呟くんだ
いつだって僕は
寂しいのってきいてんだ

きいてたんだ
ただ、それだけだったんだ

願望

October 14 [Sun], 2007, 3:02
僕の
本当の望みは
君には
届かない

誰にも届かないし
それは悪いことではない

それでも
叶えられるのは
君の左手だけ



もしも叶わないなら
そのときには
僕は

machinely

September 26 [Wed], 2007, 1:59
なにも悲しくなんてない
ただ、絶望しているのです

悲しいとも
もうしわけないとも
感じられない自分に

結局僕は
そんな人間です

人のことを考えるのが苦手です
人の気持ちなんてしりません

そして、しろうとも思いません

だから、何のためらいもなく
君を傷つけることができるのです

赤い血が流れようとも
悲しい目をされようとも

on the

September 22 [Sat], 2007, 0:56
だから僕は今日3本目の
野菜ジュースを飲む

憂鬱な蛍光灯の音と
夏の名残

風に吹かれて
消えてしまえばいいのに

叫ぼうとした
声はかれていて


ねえ、本当にいいたかったのは
なんだっけ。

syrup16g bestA (not)for me

September 19 [Wed], 2007, 3:34
1.Reborn
2.手首
3.デイパス
4.センチメンタル
5.coup d'Etat
6.生活
7.水色の風
8.You say 'no'
9.神のカルマ
10.ローラーメット
11.Ex.人間
12.(This Is Not just)Song For Me
13.土曜日
14.不眠症
15.タクシードライバーブラインドネス
16.Are you hollow?
P R