ラスト85!! 

February 15 [Fri], 2008, 19:30
今日も忙しかったです。
今週に入ってからも、毎日どたばたしてました。

そんななか、先日、先生方オススメの耳鼻科に行ったのですが、
これまたすげー痛い診察に、へこんで帰ってきました。
むしろ行かなかった方が、耳は痛くなかったのでは???

ですが、お薬を処方してもらい、一安心。
耳は痛くなくなりましたが、喉が痛いです。
すごい診察のせいだと思ってます(笑)

難聴とかではなく、喉の腫れが原因で、耳が痛かったそうな。。。

つまり、 怒鳴りすぎ ですね。


今日も、喉が痛いながらも、怒鳴りまくりでした。
腹筋つけて、お腹から声を出さないとなぁ。。。

にしても、確かにすごい診察でしたが、腕は確かな先生でした。
愉快な人でしたし、安心して私の耳を任せることができました。


いやぁ。。。今日は忙しかったな。。。
いや、今日も、ですね。
私のお給料を、時給に換算したら、63円でした。

労働基準監督署に訴えても良いですか???

今日のテレビ♪ 

February 08 [Fri], 2008, 8:10
禁煙生活12日目♪
今日でフリスク4ケース消費しました! 50粒×4で200粒 → 1日平均16個!


今日は何のテレビ見ようかな?? 実はテレビっ子なんです。

今日の日テレ系19:00〜
「女子ソフト世界一投手からヒットを打ったら200万円だぁー!SP」.........
どうしてソフトボール?しかもスペシャル?
出演者は... 
徳光さん、所さん、掛布さん、山口達也、加藤晴彦、長嶋一茂、元木大介、北沢豪

そしてオッパッピー「小島よしお」!!


何だろうこのキャスティングは?本当に打つ気がある?
番組改編の谷間だからでしょうか??
とにかく気になる番組です。このごろ小島よしおともご無沙汰だし今日はこの番組だ!

陶觴山房だより 

January 30 [Wed], 2008, 8:22
2007年10月28日
C型肝炎、妻のこと

 台風も去り、三日ほど続いた雨も上がって雲ひとつ無い青い空が広がる朝です。庭木の間に蜘蛛がぎごちなく動いて昨日の嵐で破れてしまった巣を補修していて、その糸が朝日に光っています。

 先日からC型肝炎が国会で話題になっている。
すでに書いたように私の妻はそれから発症した肝臓がんで命を失った。C型肝炎のニュースを見るたびにそのことのことが浮かび上がる。
妻の闘病の細かなことは私しか知らないことが多い。子供にも知らせないで彼女はC型肝炎と闘い、医師の見落とし(私はそう思っているのだが)もあって力尽きた。私がいなくなるとその間を知っているものはいなくなり、妻の努力の姿は永久に闇に消える。彼女の闘いの様子をまとめ記録しておくのも知っているものとしての責任かもしれないと思い、繰り返しになることもあるがそのことを書いておく。

 1973年市内の「大病院」で第一子を出産。そのとき出血が止まらず、大量の輸血を行った。(このとき血液製剤が使用されたものと思われる。あるいは肉親たちから集めた血液では不足していたので売血も使用されたのかもしれない。今はわからない。あくまでも私の想像に過ぎないけれど。)
 彼女のその後はそれまでと同じ、健康そのもの、第2子第3子を出産、元気に子育て、仕事に力を尽くしてきた。風邪引き一つなく、まるで病院とは無縁の生活をおくる。

 1994年ごろ勤め先の健康診断でC型肝炎感染を指摘される。
 1997年インターフェロンを投与のため3ヶ月入院。しかし、C型肝炎は治癒せず。
 これ以後近くの病院に主治医を決め、休診日以外は会社の昼休みを利用して毎日C型肝炎を抑えるための注射による投薬を続ける。それは私もびっくりするほど規則正しく死の直前まで続けられた。
 2003年、小さなものが肝臓に発見され、アルコール注入方式による治療によりつぶす。2ヶ月に一度の割で発生し、2,3日の入院で治療する。
 2005年5月少し大きなものができ、主治医の勧めで「大病院」にうつりカテーテルの治療をする。
 同年11月再治療、妻が退院後同じくわたしも他の病院に循環器治療の観察のため40日入院。
翌年2月3度目の入院。経過良好ということで検査期間をあけ、5月に予定される。
2月末に、会社から慰留されていたのだが妻の強い希望で早期退職。退職後の海外旅行を「9月メキシコ」に決め、それを楽しみに、趣味のパッチワークに専念しようとする。しかし体調が悪そう。

 2006年5月25日予定の入院をする。今回のカテーテルによる治療は4時間をこえるもので、病室に戻った妻は元気なくだいぶ参ったよう。私もいつかのことを想像するようになった。
 肺に転移を知らされ、今後の治療方針について医師と確認し、6月14日検査、その翌週入院の予定を決める。

 6月3日退院。
 自宅に戻っても具合悪く元気なく、数日過ごす。
6月9日、見かねてすすめて「大病院」割り込みで申し込み、そこの主治医に不調を訴え、6月15日緊急入院を決める。そのときの若いその主治医に浮かんだ「忙しいのに面倒」というような表情が忘れられない。

 6月10日、夕食時集まった子供たちの希望に沿ってハヤシライスにしようという。そのころ食事の準備をすることが多かった私が「できないよ」というと私が作るといって久しぶりに台所にたった。その味は今でも忘れられない。
6月11日一日調子悪そうだがテレビを見たり、パソコンを開いて過ごす。夜も10時過ぎのニュースを見てから寝るといって私より遅く就寝。

 12日朝5時過ぎ、私が起きるといつもは6時半まではおきたことが無い妻が体を起こす。調子悪そうなので、心配になり、救急車呼ぶかというかと声をかける。しばらく拒否していたがうなづく。6時過ぎ「大病院」に緊急入院。
10時、家族を呼ぶように告げられる。
肥大化したガン腫瘍が破裂して出血、内蔵のすべてがおかされてしまった状態、出血した地を止めるすべは無いという。地を止められないのだから手術もできない。死が訪れるのを待つだけだという。板で苦しむだろう、だから痛みを和らげるためには「モルヒネ」しかない、モルヒネを投与すれば数時間後彼女は確実に死ぬ・・・・・という説明だ。

 医師にモルヒネの投与を何度か催促される。
投与すれば、妻の意識は無くなり、そのまま死が訪れる。病院に向かっている東京の息子が母親と一言はなせるまで、私は妻の苦しむ様子に耐えながら投与をのばす。
 メロンを食べたいとも、雪を見たいともいわずじっと痛みをこらえて自分の死を待っていた妻。
 「お前と結婚できていい人生送れたよ」という私には「ありがとう」「ごめんね」という言葉を残し、午後二時過ぎ東京から駆けつけた末の子供に、「しっかりね、がんばりな」という言葉を残したのを確認して、私はモルヒネ投与を承認する。

 その二つの単語を最後に2006年6月12日午後4時8分永眠。
 気も強かったがしっかりした女性で、「ごめんなさい」などという言葉とは無縁だった妻。それなのに、人生の最後の瞬間にそんな言葉を吐かせてしまった自分のふがいなさに私は今でも心が痛くなる。
 そして、彼女の死を早めるモルヒネ投与に諾と答えたのは私、治療法が無いと分かっていても私は彼女の安楽死を認めたのだ。そんな思いが苦しめる。

 時に58歳と7ヶ月、今の女性の平均年齢からみるとあまりにも早すぎる死。
 
 最後に、これからの何年分もの空気をすべて一気に吸い込んでしまうかのように一、見たこともないほどに大きく開いた口で思い切り吸い込んだ空気を、長く長く吐き出したそのときの顔が未だに忘れられない。

 なんとしても伝ておきたかったこと、妻の口から直接聞いておきたかったこと、元気なうちにやってあげたかったこと、さまざまなことが走馬灯のように浮かび上がり、私はへこたれそうになる。
 最後の瞬間なぜもっともっと強く抱きしめてやるることができなかったのか、なぜもっともっと医師に抗議しなかったのか・・・・

 そんな自分自身を責める心をこらえながら一年半が経過、私の生活も味気なくなりました。せめて子供や孫たちにはそんな母親がいない味気なさを少しでもやわらげたいと思うものの、男一人では妻の役割まで果たすことはなかなかできない。

 しかし、自分の体が元気なうちは、ヒトには迷惑にならないように生き続けようと思っている。

 さて、ここまでながなが書いてきたがこれは暮らしと命を守る仕事をする厚生労働省の人たちに知ってほしくて書いたもの。
唯識では「一人一宇宙」という。かけがえの無い一人の命に関わることがら、その一人の宇宙に多くの人の宇宙が繋がっている。一人の死はその繋がった人々の宇宙まで大きく変えてしまう。
 ニュースで知らされる労働省のこれまでの対応、それはC型肝炎へのこの役所にいる人々の想像力が欠如しているのいではないか、私にはそう思える。

子供たちよ、いつかこの記事を読んで、お前たちの母のことを思い出してほしい。そんな思いと私の心を整理するつもりで書きました。

やりきれない思い 

January 15 [Tue], 2008, 21:23
どうしようもない悲しさややりきれない思いでいっぱいになるとき














そういうときはどうすればいいの??
















私はどうすることもできなくて、もうすぐあれから2年が経とうとしてます。
でもこの8ヶ月は少しはHappyに過ごせたかと思う。
でもその8ヶ月のせいで今また同じくらいにドン底に落とされてます。
でも2年前のそれよりは症状が軽いかな。

だけど、これからどうしたらいいのか分からないし、
この先私が他の人を見つめられるようになれるかどうかは全く分からないし、自信もない。









なんで彼だったんだろう



なんで彼じゃなきゃダメなんだろう



今さらやり直そうって連絡したら、彼に初めて切れられちゃうのかな









でもそういえば彼に私から告白なんてしたことなかったような






私から切り出したのに、告白するなんてそんな虫のいい話   ないよね。

バジュラナーラ  

January 10 [Thu], 2008, 7:00
最近“クイズ ヘキサゴン”がお気に入りで
家にいる時はよくみているのですが、
昨日はちょうどプレーオフがなかったので見れました。

スザンヌ?スザンナ?ちゃんがカワイイですね。


んで、しばらく放置気味だったFF12も再開させました。
ファイターズ戦があると
ファイターズ戦を観戦 ⇒ 10チャンのスポーツニュース ⇒ 1チャンのスポーツニュース
って感じで試合後もニュースを見ちゃうのでFFができないんです。

んで、今日、絶対に優勝しちゃいます。
TV中継があるので胴上げなんかも見れちゃうでしょう(^o^)


**関係ないけど***
よくスポーツ選手(特に格闘技)なんかのインタビューで
「明日は絶対に勝ちますよ!」とか「100%勝ちますよ!」ってなことを言う人がいますが、
“絶対”と言ってるってことは意味として
“負けたら腹切りますよ”と同じじゃないかな?って思います。
「絶対勝つ」と言って負けた人を責めたりはしないのに
「腹を切る」と言った人だけを責める、しかも大勢で、まるで全国民が、
国民に謝れと言わんばかりに・・・

本当に民意が低いと感じられます。
やはりこの国を救えるのは政治でもマスメディアでもないですね。
***********


 

京急1000形 

December 22 [Sat], 2007, 22:04
今日は京急で活躍する旧1000形を紹介します。当該車両は8両編成で平日,押上から品川行きの運用で品川駅に到着後の写真です。8両編成は3編成のみで平日朝のラッシュ時間帯だけの運用です。また京急で一番古い車両でいまだに平日の朝は優等列車(8両のみ)に昼間は普通列車の運用に赴いています。両数もまだまだ多くちょっと待てば出会える確率です。今どきの通勤電車と比べて車内の照明が若干暗く昭和の面影があります。あと数年で新1000形に置き換えられますがすぐにはなくならないでしょう。でもいつか必ずなくなります。(笑)

Visual Basic 6.0 のソースコードから、仕様書を自動作成 

December 15 [Sat], 2007, 16:04
Visual Basic 6.0 仕様書作成サポート

概要

Visual Basic 6.0 のソースコードから、仕様書を自動作成します。
仕様書に出力する情報は、「プロジェクト名」「概要説明」「著作者」「関数一覧」等です。
また、関数の詳細説明を、コメント行から取得して出力します。
作成可能な仕様書のファイルは、エクセルファイルおよびテキストファイルです。
エクセルファイルの仕様書は、同梱されているエクセルテンプレートファイルを修正することで、独自の仕様書レイアウトに変更することができます。
動作環境

Windows 2000 及び Windows XP での動作を確認。
使用するには Visual Basic 6.0 のコンポーネントが必要です。
ソフトウェアについて

「Visual Basic 6.0 仕様書作成サポート」は、オープンソースソフトウェアです。
著作権と転載について

著作権は、いかちソフトウェアが所有します。
本ソフトウェアによって生じた損害については、本ソフトの制作者は一切保証はいたしません。
転載、配布は、自由です。
サポートについて

本ソフトウェアに関するご意見・ご要望などが御座いましたら、作者宛にご連絡下さい。
バグの修正やバージョンアップの責務は負いませんが、できる範囲内でサポートしたいと思います。

■本日の履歴2007年10月21日(日) 

December 12 [Wed], 2007, 13:49
1.社労士試験向けた取り組み・・・H
2.タバコ・・・本
3.酒・・・
4.ジョギング・・・分
5.現在の体重・・・Kg

11月1日 

December 06 [Thu], 2007, 8:34
 今日の練習メニュー
  1:サーブ練習
  2:サーレシ

   何かまぢアイツ仕切り過ぎなんです〓・・・。

   何々、先輩にでもなった気分??

   別にそんな上手くもないくせに・・・。

   気取るのもいい加減にしろ!!

   

カン・ドンウォン 

December 03 [Mon], 2007, 14:17
映画「M」が公開されたばかりのカン・ドンウォン君。
日本の女性の間でも人気がありますよね。



「1%の奇跡」ではかわいらしかった彼も今では演技は俳優の一人になりました。
186センチの長身で、かっこいいです。



今回は彼の魅力的な写真を何枚か紹介しま〜す。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aresan1246
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像KAMI
» ラスト85!! (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» ラスト85!! (2008年10月18日)
アイコン画像ヨシオ
» ラスト85!! (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ラスト85!! (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» ラスト85!! (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» ラスト85!! (2008年10月08日)
アイコン画像きりひと
» ラスト85!! (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» ラスト85!! (2008年09月25日)
アイコン画像火星の後継者
» ラスト85!! (2008年09月19日)
アイコン画像えびふりゃー
» ラスト85!! (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる