同じ引っ越し業者さんにお世話になっている理由。

March 15 [Fri], 2013, 10:22
はじめて引っ越し業者を使っての引っ越しは、わたしがまだ学生の時でした。
まず、物件を紹介してくれた仲介業者さんからいただいた引っ越し割引券があったという、それだけの理由で
『アリさんマークの引越社』を利用させていただくことになりました。

親もとを離れたばかりで、右も左も分からない当時のわたしは見積もりに来てくれたお兄さんと
ただただ楽しく会話をすることから始まったのですが、いってもあちらは仕事中の身ですので、すぐの引っ越し費用の話になりました。

当時は、バイトらしいバイトもしていなかったため 正直引っ越し費用はかなり値切った記憶があります。
値段についてはこちらです。

一時間ほど駆け引きが行われた結果、ほぼわたしの理想の金額まで落ち着くことに成功したのですが
その営業さんは、交渉をする度に上司の方に電話を入れ、
「いや!お客さんのために値切った分はなんとか僕が仕事で頑張りますから!」
というような口調で、その方の上司と話を丸く収めてくれたのでよかったのですが、

今となっては、「たぶん、あれは営業の手法のひとつだったんじゃないかなあ…」
なんてくだらない勘ぐりをしている自分がいます(笑)

というのも、それから社会人3年目で、再度引っ越しをしようとまた、以前お世話になった引っ越し会社(アリさんですね)に連絡をし、お見積もりに来てもらうことになったのですが、案の定、わたしの値切り交渉の場で、
「これはデジャブじゃないのか?」
と思うほど、その営業さんと上司の方とのやりとりが数年前に見た光景と同じだったのです。

わたしも金額を下げてもらって非常に満足している身ですので 文句などを言う気もさらさらないのですが、
これもひとつの営業手段だったんですね。

お互いに嫌な感じにもならないし、むしろこの営業方法を身につけたいな、と思うほどです
アリさんマークの引越社の方には大変お世話になっています。

またいつか引っ越しをするにも、この“デジャブ”を楽しみに見積もり依頼をしたいと思います。
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ