薄毛が心配になってきたら食事

February 25 [Thu], 2016, 23:56
薄毛が心配になってきたら、食事も少し気を付けてみましょう。

おすすめしたい食材の一つが、玄米食ですが、毎食は慣れないと手間に感じるでしょうから、時々食べるようにする、ということでも良いでしょう。

玄米は調理に多少手間がかかる食材ですが、それでも育毛のためには食べておきたいところです。

育毛に関わる栄養素が大変多く含まれているからです。

育毛のために摂った方が良いとされる栄養素は、各種ビタミンや、鉄、カルシウムといったミネラル群、食物繊維などですが、白米の代わりに玄米を食べると、これらをちゃんと摂ることができるそうです。

わかりやすく白米と比べてみますと、白米を基準にした場合に、約2倍のビタミンB2、鉄は2倍以上です。

また、抗酸化作用で名高いビタミンEは5倍ほど、疲労回復にも効くビタミンB1は約8倍も含まれます。

未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が少なくないです。

肩コリのときに叩いて血行を良くするイメージと重なって覚えやすいのでしょうか。

最近のスカルプケア商品のほとんどは、余分な力が頭皮にかからないよう工夫されていると思いますが、なんのためでしょう。

頭皮の刺激にはその程度の力で充分だからです。

ブラシで頭皮を叩くのははっきりいって育毛のために「NG」行為です。

薄毛にならないという保証はありますか。

むしろ頭皮をいじめているのではないでしょうか。

頭皮は子供の頃から髪で守られており、むき出しの腕や顔に比べて繊細ですから、ブラシのように重さのあるもので叩いたら、地肌や毛根を傷めて、健康を損なうので、育毛にとっては損失でしょう。

もともと頭皮は、叩いて鍛えられるような場所ではないのです。

それよりずっと効果的なのは指や専用の道具を使った頭皮マッサージです。

しかし、その際は傷をつけないように気をつけましょう。

入浴時は特に地肌が柔らかくなっていますので、力をかけないよう、雑にならないよう注意しながら行ってください。

最近になって「なんだか急に抜け毛が増えてきた」という人は、食生活を見直してみてください。

もしかしたらその抜け毛は、ビオチンが不足しているためかもしれません。

ビオチンは水溶性ビタミンの一種で、以前はビタミンB7と呼ばれることもありました。

タンパク質の合成に関わり、アミノ酸の代謝の補助もしますので、不足すると抜け毛や白髪の増加が目立つようになるでしょう。

というのも、髪はタンパク質でできており、タンパク質は20種類ほどのアミノ酸で構成されているものだからです。

なので、タンパク質やアミノ酸の正常な働きに必要な、ビオチンが不足してしまうと、髪の構成物質が失われることを意味する為、大きなダメージとなってしまうでしょう。

育毛にとって、これ程大事なビオチンですが、実は腸内細菌叢でも作られており、常識的な食生活をしていれば不足することはないはずです。

ですが、とんでもない偏食だったり、腸内細菌叢が抗生物質などで荒されたりすると、不足することも考えられますので気を付けたいものです。

因みに卵黄やレバー、豆類などで摂取することができます。

アジア人は人種的に若い人の薄毛が少ないので、育毛市場は海外のほうが進んでいるようです。

日本国内では認知度が低いものの、低出力レーザーを利用した機器があります。

安全性の面ではFDA(米国食品医薬局)の認可を受けており、海外では近年、普及率を伸ばしています。

毛根に照射することで効果を得るので、毛根がなくなってしまって久しい頭皮の場合、発毛させるのは困難ですが、ある程度の実績が認められなければFDAの認可は受けられないので、毛根が残っている人ならば良い育毛効果が得られるようです。

家庭用に出力を抑えたレーザー機器はタイプ違いで複数種類販売されていますが、脱毛機器に比べるとまだまだ少なすぎると言って良いでしょう。

まだ新しいということもあってか、価格は高めのように感じます。

ハンディタイプは手頃になってきていますが費用対効果についてはひとつひとつのクチコミが少なく、もっと数を多く得たいところです。

年齢を重ねるにしたがって、身体の悩み事も出てきます。

例えば、薄毛や抜け毛などの頭髪にまつわるものです。

原因として考えられるのは、加齢、遺伝、不規則な生活や偏った食事などで、いろいろありそうです。

薄毛の進行を気に病むあまり、そんな精神的なストレスに耐えきれず、さらに薄毛が悪化した、という場合もあります。

それはさておき、最近、育毛効果がとても高いと言うこともあってとても注目されているのが、プロベシアです。

このプロペシアは、服用して使う男性型脱毛症の薬です。

効果は非常に高い薬ですが、強い薬であるだけに、副作用の心配があります。

本当に高い育毛剤が、貴方には必要なのでしょうか?育毛剤以外の方法では、ガムを噛むという単純な方法が、髪にとても効くのです。

なぜガムを噛むと良いのかというと、それは口を動かす事によって、こめかみの部分が活発に動くからです。

頭を優しくマッサージすることと同じ効果が得られます。

そしてまた、唾液を多く出すというメリットが「噛む」事で得られるのです。

あまり知られていないことですが、「唾液」には育毛を促す成分が含まれているのです。

多くの唾液が出て、それを飲み込むことによって、頭皮には「IGF−1」と呼ばれる成分があるのですが、実はこの成分が増えます。

それが髪の毛の生産に良い影響を与えます。

最近は、薄毛治療のために医療機関に通う人が増加傾向にあるようですが、医師に勧められた育毛剤や、薄毛治療の施術費用は、医療費控除の適用対象に含まれるのか、知りたい方が多いことでしょう。

控除の対象と認められる可能性はがないとは言いませんが、対象外と判断されることが一般的です。

ただ、可能性がゼロとはいえませんから、領収書・レシートは捨てずに保管し、とりあえず医療費控除の申請をしてみてはいかがでしょうか。

思い切って育毛剤にチャレンジしたのに、効果がわからないという人も少なくありません。

それは、一概に育毛剤が悪いのではありません。

育毛剤とはもともとそれほど簡単に効果や結果が出るものではない商品です。

お試し感覚で、半年ほどは使わなければなりません。

当たり前のことですが、育毛剤に頼りっきりになるのではなく、普段の生活にも気を付けてくださいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レント
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/arersuycq8esa4/index1_0.rdf