現〜幻 

2005年05月26日(木) 2時55分
そこでは人としての生活があった。
何を争うでもない、平和な場所だった。
もちろん、なにかを守るための戦いはあったが、
少なくとも俺が見る夢に比べたら全然ましだった。

その中であいつの親父さんの作戦と指揮は見事だった。
的確な指示と間違いのない敵の動きの読み。
慧眼とはこの事と言うのがよくわかった。

…なのに…まだ夢の中では俺は…
正直どっちが夢でどっちが現実かわからなかった。

けられにけられて… 

2005年05月26日(木) 2時43分
また…
け〜ら〜れ〜た〜〜〜……
「なにネタやってるのか…」
暇だしな。
メルブラネタで来たぞ。
「…なぁアレフや、ネタ師になるか?」
あえて遠慮しておくよ。

「初めはもっと違う設定だったのが…ネタ師になるとは。」
今度もリクしたのか?
「受け付けてもらっても9月だとよ。」
うわぁ…

夢に起きた非現実 

2005年05月18日(水) 0時11分
爆音が鳴り響く
激しい金属音もだ

武具を繰り出し
斬られた相手は血の雨を降らす

何も考えず
何も感じない
それが殺戮のために生み出された機械兵の役目だ
目の前にある物はすべて壊せ

破壊あるのみ
そう、物も人も秩序も

何者かに斬られた
腕が落ちる
痛みも何も感じない
ただ覚めた目で落ちたソレを見つめていた


「アレフ、またあの夢か?」
「あ……ああ。」
そう、夢だ。
なぜあんな夢を見るのかわからない。
この世界に動く鉄の塊はない。
そして、俺はヒトだ。夢に出てくるような物じゃない。
ここは村外れの大樹の下。
俺は眠っていたらしい。
「そういえば…また見合いだって?」
「…断った…」
わざと話をそらす、こいつはこの手の話が苦手…じゃなく嫌いなのを知ってるからだ。
背が高く整った顔立ち、18にして雰囲気を持っていた。
孤児でこの村に迷い込んだ俺を助けてくれたのがこいつだった。
年は6はなれていた、兄のような存在。
「見合いなど持ち出されてもな。」
「好きでもないやつと結婚しても幸せになれない。」
「…そういうことだ。」
そういうと手に持つ書に目を戻す。

風が吹き木がざわめく
そんな昼下がりのゆっくりした時間だった

我慢と欲望 

2005年05月17日(火) 23時58分
どうしようもなく欲しくなりBU発注っと。
今度は山岡鰆絵師。
ミイルさん…だったかな。
BU見たら知ってる人だった。

綺麗でかっこいいから…きっと俺らしくないだろうな…
もっとも蹴られて新しい絵師探すんだろうな。

まぁ蹴られてもドンマイ…だな。

ディアスボラ 

2005年05月08日(日) 23時20分
今日重傷を負った。
初めてだ。
左腕が……
皆をごまかしつつ一人ディアスボラの神槍に向かう。

ちらつくノイズ。
そこに写し出されたヴィジョン。
そこに向かうためだった。

すぐに終わる。
そう、信じていた。


そして悲しい事だ、
人が亡くなる。
戦争の常だ、頭でわかっているのに…心が納得しない。
知り合い…尊敬する団長の夫…
結婚式挙げるときのあの幸せそうな顔が。
今は浮かばない。まだ知らないのか、納得できないのか。
無常感…常では無いとはいえ…

心配もさせた、
正直、怪我を押して戦いたかった。
あそこまで心配されて…行けなかった。
いや、止めて欲しかったんだろう。

戦う機械 

2005年05月06日(金) 23時25分
さながら地獄といえるだろう。
何度も相手を壊し、壊しては修理されてまた訓練。
死ぬ事の出来ない体を恨みながら、ただ戦うための機械として。
休めるのは壊れて修理を受けているわずかな時間。

俺の記録に残っているデータにはその忌まわしい時間しかない。
俺はそのデータを移植されただけに過ぎない。
「killing machine」
そう呼ばれるには誰しも遠くない。
戦うために生まれ、壊れるまで戦う消耗品。


そんな夢を見ては目を覚ます。
悪夢を見ている、気分が決してよくない。
あの夢はなんだろうか。

A.Nomber’s 

2005年05月05日(木) 23時36分
夢なんだろうか。
正直わからない。
ノイズがかったヴィジョンに映し出される場所はいった。

奇妙な音が聞こえる。何かが動き出す音。
カプセルのような入れ物に、子供が入れられている。
人…ひと…ヒト
確かに人…のようでどこかが違う。
耳障りな機械の駆動音。

良く見たら俺も同じようなカプセルに入れられている。
このカプセルはなんだろうか。
カプセルケースが開かれる。外の空気なんだろう。カプセルの中と違い動いているのがわかる。
何で違いがわかるんだろうか。
たしかオレモ

発注してみた。 

2005年05月03日(火) 2時31分
今日はBUの発注。
古雅絵師に頼んでみた。
あんまり男性キャラかいてないようなのでどうなるか楽しみだ。

そしてこんな時間だが明日は尾張名古屋へ。
さて、どうなるかな。

とりあえず。 

2005年05月02日(月) 2時12分
あんまり更新できない暇つぶしな日記。
たぶんあんまり来ないからそれが楽しいだろうな。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:areph_rugrus
読者になる
Yapme!一覧
読者になる