プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:arcfakitsfozjy
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
大相撲の賭博問題で永谷園が懸賞金提供中止 他のスポンサー企業にも影響の可能性 / 2010年06月27日(日)
 大手食品メーカー永谷園は21日、大相撲の賭博問題に関連し、その社会的影響の大きさから、7月に開催される名古屋場所への懸賞金の拠出を中止すると同社のホームページ上で明らかにした。これまで同社は、1場所当たり200本(1200万円)をかけており、この決定は他のスポンサー企業の方針にも影響を与えそうだ。

 永谷園は、2000年から懸賞金を拠出している。東関部屋に所属する力士がCMに出演することでも知られており、古くは高見山大五郎関(先代東関親方)、近年は人気力士の高見盛関が「お茶漬け海苔」のCMに出演していた。

 では、話題の懸賞金、力士にはいくら支払われるのだろうか。懸賞金は幕内力士の場合、1回の取組で1本につき6万円が協賛する企業・団体から提供される。懸賞金6万円のうち、5000円は日本相撲協会の事務経費、2万5000円は個人名義の積立金として天引きされるため、勝利力士は懸賞1本につき、手取りで現金3万円を受け取る。

 永谷園は場所中、高見盛の15日間の全取組に、それぞれ5本ずつ懸賞をかけていた。このため、高見盛が1回の取組で勝利すれば手取りで15万円、もし15日間の場所中に全勝優勝すると、225万円の現金を手にすることになる。

 人気が高ければ、それだけ懸賞も増える。個人では2005年1月場所に元横綱朝青龍関が記録した290本が最多で、受け取った金額はなんと870万円になる。1回の取組あたりの懸賞の本数では、2006年9月場所千秋楽での朝青龍関と白鵬翔関の対戦にかかった51本が最多記録となっている。この取り組みでは、朝青龍関に軍配が挙がり、朝青龍関は153万円を手にしている。

 ちなみに、力士の月給は、横綱282万円、大関234万7000円、十両103万6000円などとなっている。このほかに力士報償金という手当てや、ボーナスとして月給2カ月分が支給される。またタニマチと呼ばれる後援会からの祝儀があり、これらすべてを合計すると、横綱の年収は1億円を超えるという。

 永谷園が懸賞金の拠出を再開する時期は未定だが、秋場所以降は状況を見ながら検討する方針。ホームページ上で同社は、「伝統ある国技の相撲が、清く正しいものになっていくよう、弊社としても切に願っております」とコメントしている。

【6月27日16時0分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100627-00000002-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 21:51/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!