業界に激震!? 広告収入激減で「ユーチューバー」 

January 10 [Sat], 2015, 11:50
暇つぶしH I K A K I N、マックスむらい……最近、ヘタな芸能人より人気も稼ぎもある「ユーチューバー」が戦々恐々になっている。1回再生されるたびに約0 . 1円の広告料を受け取る仕組みで、中にはサラリーマンの平均年収と同程度を稼ぎ出す者もいる。

HIKAKIN、マックスむらい……最近、ヘタな芸能人より人気も稼ぎもある「ユーチューバー」が戦々恐々になっているという。

ユーチューバーは動画を配信し、「YouTube」を運営するグーグル社から広告料を得ている。

1回再生されるたびに約0.1円の広告料を受け取る仕組みで、中にはサラリーマンの平均年収と同程度を稼ぎ出す者もいる。

著名なユーチューバーともなれば、1000万円を超える年収をたたき出すという。

前田敦子そんなユーチューバー業界に激震が走ったのは昨年末。広告料がそれまでの半額の0.05円程度に減ったというのだ。

この事態にネットでは、
「月収30万下回ったらユーチューバー辞めます」
「どうなってんだよ、食いっぱぐれちまうわ」
と大荒れ。

収入激減で、「ユーチューバーは絶滅するのではないか」とささやかれ始めたのだ。

ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「ユーチューブはアクセス数増加に伴い、サーバーの増設にコストを回さなくてはなりません。そのため、広告料を絞らざるを得ないのでしょう。

国内にユーチューバーは数十万人いるといわれていますが、(広告料の激減で)半分以上が廃業に追い込まれるとみられます」

やはり地道に働いた方がよさそうだ。

著名なユーチューバーともなれば、1 0 0 0万円を超える年収をたたき出すという。そんなユーチューバー業界に激震が走ったのだ。

前田敦子