果物の育て方〜ブルーベリー〜 

March 31 [Tue], 2009, 12:44

今回は、病害虫に比較的強いブルーベリーの作り方を紹介します。
ブルーベリーの品種はたくさんありますが、大きく系統で分けるとハイブッシュ系とラビットアイ系が多いでしょう。
ハイブッシュ系の品種は寒さに強いので日本でも寒冷地で栽培されています。
ただし暑さには弱いので、暖地での栽培には不向きです。
ラビットアイ系は暖地向きです。
なので逆に寒冷地での栽培には不向き。

受粉をしやすくする為には、同系統で2品種をいっしょに育てること。
ライビットアイ系統は特にそうみたいです。


受粉すると花びらが落ちて、写真のように花の根元が膨らんで、実になっていきます。

ブルーベリーは、病害虫や整理障害に強いので、病害虫対策はあまり考える必要はありません。
たまに毛虫がのっかっていることもありますが、他の植物と比べてガジガジと葉が食べられているようでもないところをみると、ブルーベリーの葉は美味しくないのかも……。


水切れを起こしたり、逆に開花時に雨が多かったりすると、写真のように実にならずに花は枯れていきます。

夏場は基本的に水やりを多めに。
庭植えでも水やりが必要になります。

鉢植えにしているのなら、日の強い時は半日陰になるような場所に移動しておいた方が、水切れの心配も軽くなりますよ。
ブルーベリーはアントシニアン色素などその栄養素も魅力ですが、鑑賞用としてもGOOD!

収穫は6月〜9月。

青紫に色付いた実がとっても爽やかに庭を飾ってくれます。
小さな白い花も可愛く、枝が横に広がっていくのでボリューム感も十分です。

収穫が終わったら、込み合った枝を間引き剪定してください。
日が内部まで届くようにすることで成長が促されます。
そして施肥もわすれずに。

病害虫には強いブルーベリーですが、実が熟すと小鳥がやってきて実を食べてしまうので、場所によっては防鳥ネットなどの鳥よけは必要になることがあるかもしれませんね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リンゴ
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる