中間貯蔵施設で検索したおすすめサイト : 【 使用済燃料の中間貯蔵 − 原子燃料サイクル | 電気事業連合会【でんきの情報広場】 】

October 31 [Mon], 2011, 5:10
使用済燃料の中間貯蔵−原子燃料サイクル|電気事業連合会【でんきの情報広場】メニューを飛ばして本文へ進みますHOME>電気事業のいま>原子燃料サイクル>使用済燃料の中間貯蔵原子燃料サイクル原子燃料サイクルとは原子燃料サイクルの利点原子燃料の濃縮・加工原子燃料の再処理日本原燃の原子燃料サイクル施設リサイクル可能な燃料プルサーマルプルサーマルの必要性MOX燃料の特性プルサーマルの実施実績プルサーマルの現状使用済燃料の中間貯蔵高速増殖炉原子燃料の輸送と安全性の確保使用済燃料の中間貯蔵青森県六ヶ所村の再処理工場は、操業開始に向けて建設が進められています。
しかし使用済燃料の発生量と処理量を考えると、従来までの原子力発電所内での貯蔵に加え、発電所外において使用済燃料を貯蔵する施設が必要です。
中間貯蔵施設の役割と現状電力各社の使用済燃料貯蔵においては、発生状況に応じてリラッキング、乾式キャスク貯蔵など発電所構内での貯蔵、号機間移送、中間貯蔵施設の立地など必要な対策をおこなっています。
今後は各社の使用済燃料の貯蔵量を見極めながら、必要な対策を計画的に着実に進めていきます。
青森県むつ市では、2012年7月の事業開始に向けて、東京電力と日本原子力発電の使用済燃料を貯蔵するリサイクル燃料貯蔵センターの準備工事が進められているほか、2009年1月には中部電力が浜岡1号機、2号機の運転終了に伴い、使用済燃料を再処理工場に搬出するまでの間、同発電所の敷地内に「使用済燃料乾式貯蔵施設」の建設を公表しました。
貯蔵方式貯蔵方式としては、現在、発電所で実施されている「プール方式」と「キャスク方式」を検討しています。
プール方式は、燃料から出る放射線の遮へいや熱の除去を水で行います。
キャスク方式は、密閉容器(キャスク)によって放射線の遮へいや除熱を行います。
使用済燃料の中間貯蔵方式(例)プール方式は当初から相当規模の施設が必要であるのに対して、キャスク方式はモータのような動的な機器がほとんどなく、運転・保守・点検が容易にでき、貯蔵の必要量に応じてキャスクをつくることができるなどの利点があります。
また、キャスク方式は国内外で使用済燃料の輸送にも使われており、長年の使用実績からみても搬入・備蓄・搬出に優れた安全性を有していると評価されています。
なお、むつ市に建設を予定している中間貯蔵施設はキャスク方式を予定しています。
再処理使用済燃料使用済燃料は再処理工場へ搬出されるまで、どのように管理されるのか?中間貯蔵とは何ですか?なぜ必要なのか?また、中間貯蔵後の使用済燃料は将来すべて再処理するのか?
引用元 : http://www.fepc.or.jp/present/cycle/chozou/index.html

誕生日って、素敵やん。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アクセス解析先生
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ararphtktk/index1_0.rdf