システム担当者向け「暗号の2048bit鍵長」対応ガイド

April 04 [Thu], 2013, 16:49
優勝争いの鍵を握るのは、やはり福士加代子だ。将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が行われていくが、公開鍵 交換 救急長については2,048bit以上の鍵強度に移行していくことを業界全体で進めている。エンジニアの未来サミットは,学生とトップエンジニアが交流し,エンジニアの未来を考えるイベントです。


鍵 交換 救急


先頭集団に位置取り、後半に勝負できれば十分に2時間24分を切れる設定だ。インターネットで広く利用される暗号方式のひとつSSLにおける公開鍵 交換 救急長の仕様変更に関する話題を表している。毎回,多様なエンジニアがゲストとして登場し,座学形式の講演に加えて,質疑応答や懇親会の場でリアルな場でコミュニケーションが図れる特徴があります。本資料は、日本ベリサインが過去に準備した解説書であり、仕様変更に対して情報システムやサーバ/ネットワーク担当者が予め検討・手配すべきことを具体的にまとめている。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/araki2012/index1_0.rdf