彼のお母さん

October 06 [Thu], 2011, 16:06
今回はぼやきです。彼のお母さんはとってもいい人です。

いろいろ援助してくれるし、私にも気を使ってくれるし。ただ。

どうしても、好きじゃない部分があります。「心配性が行き過ぎて、可能性の芽を摘んでしまうこと」。心配する気持ちも分かります。

でも、彼も大人です。

やるかやらないか、任せるか任せないかは彼が判断すると思ってます。

それで失敗したって、それは自分の責任だと思うし、そういう経験をしなければならないと思っています。それを、危ないから、慣れてないから、無理だと思うから。

と止めさせようとするのです。本人に出会い、私に言わせよう、やらせようとします。

別に私がやるのはかまいません。

でも、なんか違うと思うんですよ。危ないなら気をつけてやればいい。

慣れてないなら、それをして慣れればいい。

無理だと’思う’というのはお義母さんの意見であって本人は無理とは思ってないかも知れない。私は心配を無視して事故ってしまったり、怪我をしたりしてもしょうがないのだと思っています。むしろ、何もせず「出会い系できないから、無理だから」と何もできない人間に成るほうが怖い。彼がそれでもやろうとすると、ものすごくいやな顔をされます。

私は仲を取り持つのが大変。両方フォローをしなきゃなりません。

基本彼の見方ですけどねw

それと、「面倒見すぎること」。もーーーー、いっちいち何でも聞くの。

アイス食べる?ハンカチ持った?忘れ物ない?洗濯物は出した?・・・

・・・小学生かーい!一人息子の片親だからかわいくてかわいくてしょうがないんだろうけど・・・。

コレがあるから今のところ同居はしたくない。

一番の本心。

別にやきもちを焼いてるわけじゃなくて、怠惰になっていく相方を見るのがいやなのだ。各家庭には常識があって、私がその常識に合わせられればいいんだろうけど

私は放任主義(自分のことは自分でやれという家でした。たぶん普通かと思われる)なので

お義母さんの彼に対する気遣いはドン引きするところが多い。救いは、度が過ぎると彼が怒るところかな。

これがマザコンででれでれだったら救いようがない・・・。仲良くやっていきたいなぁと思うんだけど、傍観決め込むしかないかな・・・。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にっきー
読者になる
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/araigumma/index1_0.rdf