両手で持ち触っても巨石?だ!

January 23 [Wed], 2013, 17:53
一週間前に友達より宅急便で丹波名産の立派な山の芋が届きました。
友達はちょっと前に愛しんでいた犬を失ったので、ワンちゃんの命日にと白いバラの花を私の気持ちとして送りました。
昔からの友達は大好きだった愛犬の命日を覚えていた事に凄く感激してくれ故郷名産の山の芋を感謝の気持ちにと出荷してくれました。
BOXを開けると「何も無いよ?」山の芋が行方知れずです!箱ギューギューにオガクズが詰まっていて其れを除去すると奥からやっこさん?が現れました。
「本当に食べ物?」って思えるほど硬い皮で覆われた山の芋。


おろしてご飯にかける事しか思い浮かばない私(涙)思い巡らしているとオガクズの下からOPP封筒を見っけ!!それを取り上げてみると中に小冊子が入っていて調理例がいく通りも書いてあり思わず食付いて(笑)しまいました。
山の芋は、揚げ物・煮物・焼き物、全て良し!説明書の写真はどれもヨダレが出そうなんです♪其れが私のヤル気に引火し山の芋料理に凝り出した始まりとなりました。
色々な方のブログをのぞいたり料理好きの友人にたずねたり山の芋料理の部類の多さに改めて驚きました。
冬の時期はホワイトソースに摩り下ろした山の芋をタップリとのせて鉄板で焼くと香ばしくって滅茶苦茶美味しいです!後、これは一般的ですが、蓮根を刻んで入れ天ぷらにしてもイケますよ。
20種以上のレパートリーが増え、其れを友達に自慢する喜びを知りました。
行き着く所はシンプルな材料ほど色々と遊べて個性が出せ刺激的ですね!で、最後に分かった事は一番求められるメニューはシンプルに揚げるだけとか。


トホホ(泣)でも友からの贈り物のお蔭で私の趣味が一つ増え幸せです。
残り一個あるので、今日の夕飯の献立は山の芋入りお好み焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aragebango/index1_0.rdf