イギリス発明必要ない注射ワクチン接種法

May 15 [Wed], 2013, 18:52
< p >新華網ロンドン2月5ニュース(記者刘石磊)イギリス研究者が開発の技術のワクチン接種注射する必要がない。実験用のワクチン接種新技術も有効を回避できるワクチンDQ10 rmt注射による交差感染リスク及び不便。< \/ p >< p >イギリスロンドドラクエ10 RMTン大学国王大学の研究者は5日報告によると、彼らは1種の利用シリカゲル金型製作マイクロアレイ顕微針針、すなわち多く構成のチップ。これらの顕微針で糖で作られ、皮膚の後に自動的に溶解。研究者は、動物実験をしたところ、ワクチンを通じて針に溶解のマイクロマウスの皮膚の後、特定の免疫細胞を活性化させ、起動する免疫反応。このような方式のワクチン接種注射と伝統のワクチン接種と線量効果がかなり。< \/ p >< p >研究者によると、多くのワクチンは贮蔵や輸送の条件が厳しく、が必要な冷蔵など、新しい方法によってワクチン、室温で蓄え、かつ使用を避けた針を引き起こす可能性の感染リスク。また、「無注射接種」にも役立つことマラリア、肺結核などワクチンの普及。< \/ p >< p>関連研究発表新一期アメリカ「国家科学アカデミー紀要号に。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:イギリス発明必要ない注射ワクチン接種法)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk299/index1_0.rdf