ヨーロッパ航局木星探査機搭載機器の選定

May 15 [Wed], 2013, 18:07
< p >新華網パリ2月21ニュース(記者黄涵)ヨーロッパ宇宙局21日、同機構2022年に打ち上げ予定の木星探査機を搭載冰月11セット科学機器、探索木星衛星に存在の生ドラクエ10 RMT命の可能性。< \/ p >< p >木星冰月探査任務は昨年5月ヨーロッパ航局列を「2015−2025宇宙ビジョン」の初の大型任務。計画によると、このプローブは2030年木星軌道に到着し、木星とその衛星を少なくとも3年の観測。< \/ p >< p >欧航空局科学プロジェクトを確定した冰月委員会当日木星探査機は携帯の11セット科学機器を含む、カメラ、分光装置、レーザー測高計、探偵氷レーダー、磁力計と粒子の监测仪など。これらの器具は15からのヨーロッパ国、アメリカと日本の科学グループと共同開発。< \/ p DQ10 rmt>< p >欧航空局太陽係任務コーディネータールイージ?科兰傑利によると、これらの器具は木星探査任務達成できる冰月のすべての科学の目標は、現場から測定木星磁場、遠隔観測衛星表面木星と内部構造など。< \/ p >< p >木星数基の衛星は、「小さな太陽係」と呼ばれる。これまで探求し、木卫二、木と木の衛衛三四にある地下海洋。冰月木星探査機はこの三基の衛星を探査に存在の生命の可能性を探っていき。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:欧航空局木星探査機選定搭載の機器)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk293/index1_0.rdf