美教育部の部下サイト引用毛沢東名言批判されても

April 26 [Fri], 2013, 10:11
< p >で新網3月25日イギリスメディアの報道によると、アメリカ教育部の部下機構国家教育統計センター22日そのサイトの児童コーナー「毎日語録」欄に引用毛沢東名言だが、後にはそれを削除し、リンカーンの言葉に変えて。< \/ p >同サイト< p >が英語で引用した毛沢東の名言「自分には、「こつこつ勉強する」は人に対して、「面倒な」(本網注:毛沢東中国共産党による「民族戦争中の地位』)。あるネットユーザーアメリカ発見後は社交のサイトを分かち合って、事件は瞬く間に広がり、国家教育統計センターから批判を受ける。< \/ p >< p >サイト事後削除した内容に関しては、まず「今日は変えない、後また警句」に変えたリンカーンの名言。これに対し、アメリカ上院議員は公言して、教育部はなぜ「共産主義者」を引用しなければならないのなら。< \/ p >< p >アメリカ教育部代理秘書ダレン?布里斯科ニュースによると、「国家の教育統計センターホームページの児童専区の‘毎日語録」欄に載っている今日選択名言は適切で、その真意は教育と学習の重要性を強調したい。このコラムを毎日私たちドラクエ10 RMT<DQ10 rmt/a>から2007年更新データベースの自動生成一条及び教育関係の警句。今このコーナーは中断。我々は照合?審査データベースの内容。」< \/ p >< p >聞くところによると、アメリカ国家教育統計センターはアメリカ教育部の部下機構は、そのサイトの児童専区は主に図書館や学校のデータがあって、そしていくつか小さいゲーム。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:外国メディアは、美教育部の部下を引用するサイト毛沢東名言紛争)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk286/index1_0.rdf