専門家:通信独占を打破する、希望や新技術

May 15 [Wed], 2013, 16:45
阚凱力元標題:インタビュー北京郵電大情報産業政策と発展研究所の所長阚凱力を打破する教授:通信独占、希望や新技術の本紙記者定軍北京報道&ldquo ;情報産業が伸びているが、しかしと国際まだ一定の差がある。といえば;現在の三网融合と電信産業の発展、原工業情報部部長、現在は全国政協委員李毅中、話がある。指折り数えていただいて、中国電信分野の改革は4度。その中の最も早いのは1994年、聯通の会社を設立、目的は中国電信の独占を破る。その後1998年中国電信再び分割され、成立した中国移動。2002年5月新中国電信と中国網通開業して、形成電信、網通、移動、卫通、レールの6家基幹通信企業の競争の構造。2008年は、通信業界再編に再び、電信、聯通、移動3家のキャリアの新しいパターン。通信分野の改革をどう見ている過去損得をどのように解決する問題から独占体制を実現し、ブロードバンドアクセス速度向上や価格低下、本紙(以下「21世纪』)は最近インタビューした北京郵電大情報産業政策と発展研究所の所長阚凱力教授。阚凱力長年産業政策と発展戦略の研究、電気通信の分野の改革に詳しい心。電気通信の分野では依然として独占『21世紀』:過去電信業の改革に何度、現在各界に電気通信の分野で独占使用料価格高等はたくさんあるが、関連部門は独占、あなたはどのように見ますか?阚凱力:この問題は二つの方面からは。第一に、聯通、移動、通信三軒の運営委員会に属する国すべて1家委員会、国を実現する国有企業の維持増加の機能をさらに大きく、強く、そのため、実際には励まし競争、反対を明確にし打价格戦。だからテレコムの体制改革は所定の位置について。第二に、現在私の国有の3つの電気通信事業者は、キャリアの数は多くないが、しかし別の演算子の手の届かない国からのライセンス。しかしを比較してみると、小さな香港が六の演算子DQ10 rmt。この二つの要素を加えて、少なくとも私の国の電気通信の競争はまだ関係を合理化し、その表面上で独占キャリアの上は三家寡占、委員会から国的独占独占。どの角度からにとっても言えない私たちの国は、通信業界独占の改革は所定の位置については、励ましの競争。これらの説は同意できない。「21世紀』:昨年発改委のインターネットブロードバンドアクセス市場で占める電信と聯通3分の2のシェアが支配的だが、ある報道には独占、この件についてどう思いますか?阚凱力:ブロードバンドアクセス市場は、本来は一定の競争。電信のカバー範囲は南方で21省、聯通は北方で9省。この二つのそれぞれが自分の区域内の90%以上のシェアをはるかに、3分の2。また、一部の小規模のプロバイダ、たとえばレール、広電、万里の長城ブロードバンド、北京歌华ケーブルもあるがシェアが発展して、有効なネットワークを形成することができない。そして南電信、北聯通はドラクエ10 RMT、それぞれ1家もっぱら。なぜかというと、それはインターネットのバックボーン通信と聯通の手に、あれらの小さいのキャリアにざる電信又は聯通のリースこのバックボーンに、家賃が高い。統計によると、昨年の電気通信の聯通のバックボーンの家賃は月ごとに約G 100百万。しかし同じ容量、電気通信の大手顧客、例えば銀行、非常に安く、たとえば1Gが二三十万さえすれば、これは悪い数級。だから聯通、移動差別的価格。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk283/index1_0.rdf