代表杨甫旺:学校運営の考えに集中して遠隔農村忌画一に行って

May 15 [Wed], 2013, 13:01
全国人民代表大会の代表は杨甫旺元標題:代表杨甫旺:学校運営の考えに集中して遠隔農村忌画一に行って中広い網北京3月8日のニュース(記者王茂盛、李健飞、宋林)全国人民代表大会の代表は、雲南省楚雄師範学院の地方の民族文化研究所の研究員の杨甫旺集中の運営に貧しい山岳地帯の適齢児童に学校に難しい問題注目は、州市営高校、県営中学、郷小学校する;集中建学モデル画一に行ってもできない、十分に考え貧しい山岳地帯の家庭の実態。杨甫旺説:教育の公平は社会公平の起点に、各地方政府や各級の教育部門都市と農村小中学校の共有を実現するために教育の平等一連で重大なふるまい、本来は田舎特に山村貧困地域の学生を有し、良質の平等な教育資源の積極的な役割を果たしたが、今は少し渇望教育の公平の山の子供たちはこれらとは思いたくない。;杨甫旺紹介によると、彼の故郷では今、町に集中する2中学校を8つの郷鎮郡の学生が集まり、郷の処理後をもとに田舎に小学校の授業もキャンセルになった、これはいくつかの学生は学校に遠い問題DQ10 rmt。私達は少しの子のありかの郷鎮県の中学校から最も遠いが130キロであり、彼らから町の家も50キロ。この100キロの道のりが学生に往復何日の時間。多くの子供は休みになる時は城まで遊んで、あるいは学校は家から遠いば行かないで。です;彼は紹介して、中学の時には、それが小学校も例外ではない。多くの67歳の子供は家十多二十キロの場所で学校へ行って、毎週金曜日と日曜日しかない親に送迎。家にバイクの条件に、少し良いあとで、もし家庭の状況はよくなくて、あるいは親が外出してアルバイトをした、これらの子供しか家に養豚羊の番を;杨甫旺現在貧しい山岳地帯の子供の登校困難な場合を心配する。彼は言います:集中運営は確かに向上した全体の進学率が、義務教育の統合率が低下した。;そこで、彼の提案は、建学モデルを推進したときは、必ず十分により適切と考え、貧しい山岳地帯の地区の農民の親の願いは、やらないでください全面的に、。彼はまだ貧しい山岳地域提案募集30からすれば、学生の田舎は建学校。またドラクエ10 RMT、町の学校や山間の学校のペアを助けるの相互派遣教師、この町の優秀な教師が田舎へ助けを教育のレベルはそこの先生。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk254/index1_0.rdf