欧州中央銀行の降今年と来年予想ふと新しい刺激策をとる経済

May 15 [Wed], 2013, 10:32
標題:欧元中央銀行が今年と来年経済予想を刺激策で何気なく新新網3月8日電による"ウォールストリートジャーナル」日文網によると、中央銀行はヨーロッパ引き下げ今年と来年のユーロ圏経済の見通しが、銀行行長徳拉吉希釈さらなる措置を取ると経済の可能性ヨーロッパRBAはできる行動をとった。にもかかわらず、今週のデータによると、ユーロ圏経済は第5ヶ月連続に萎縮し、かつ失業者数を記録1高位に触れ、近づいて、900万人、同時にインフレ率は低下ヨーロッパ中央銀行の目標区間内が、今日の毎月の記者会見に、徳拉吉は排除した多数形式の追加景気刺激策。徳拉吉によると、ヨーロッパRBAは計画特別措置を取る。しかし強調しさえすればドラクエ10 RMT、必要があって、中央銀行が緩和策を維持、ユーロ圏の政界や銀行業の実施構造改革と債務を削減喘ぐの空間を提供するDQ10 rmt。彼は、通貨市場や憶測緩和策終瞭の任意のサインヨーロッパ中央銀行は依然として警戒する。徳拉吉に重ねた過去の記者発表会において表現の見方、中央銀行とヨーロッパ当面の政策を推進する経済は今年下半期から回復、回復プロセスは金融市場での継続の正常化を受けて支え。徳拉吉に実行してマイナス預金金利をあまり熱心。彼は、RBAはヨーロッパ状況を考えて、結論はこれらの措置が不注意で深刻な後の結果。徳拉吉によると、ヨーロッパ中央銀行の現今年ユーロ圏経済は萎縮0.5%ぐらい。この予想遜はヨーロッパRBAは昨年12月が出した萎縮0.3%の予想中央値もない、欧州委員会と国際通貨基金(以下、IMF)は今年のユーロ圏経済の予想。ヨーロッパRBAはまた来年の経済の伸びの予想中央値1.2%から引き下げから1.0%。ヨーロッパ中央銀行の管理委員会はインフレ予想微調整し、今年の予想中央値は変わらない1.6%を維持し、来年のインフレ期待1.4%から引き下げから1.3%。(新網金融チャンネル
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk237/index1_0.rdf