オバマ2万ドルの給料は返還と減給職員苦楽を共にする

May 14 [Tue], 2013, 20:56
< p >新華社電によるとアメリカホワイトハウス役人3日、オバマ大統領は主動的に財政部の返還部分を示すと給料は、受けて減らして赤の影響で停止減給の政府職員苦楽を共にする。< \/ p >< p >アメリカホワイトハウス役人が同日メディアによると、大統領は、連邦政府職員が共同で負担して減らして赤苦い、毎月の給料の5%小切手での形式で渡す財政部。オバマ40万ドルに毎年の年収を計算して、彼は財政部に返還2万ドル。は一日前に、アメリカ国防相ハーグ爾はDQ10 rmt給料も一部返還、ペンタゴン文官の職の従業員のようにマイナスに赤「身」。< \/ p >< p > 5%についての数字は、ホワイトハウス試算の非国防連邦機関自動減赤メカニズムの予算削減割合。民主と共和両党がまとまらなかった、総額850億ドルの自動減赤メカニズムが先月起動。< \/ p >< p >を対応自動減赤メカニズムを起動すると、アメリカ国防部は約80万文民の多くは9月末までに順番に停止減給、支出を節約する。これらの従業員は少なく14予定日のクラスで、給料も相応の影響を受ける。ホワイトハウススポークスマンカーニー1日、ホワイトハウスは480名のスタッフを強制実施無料偽の措置として、未来はより多くのホワイトハウススタッフが直面して減給や無有給休暇の運命。< \/ p >< p >に週末、大統領を自動減赤メカニズムを開始して以来、初のゴルフの旅。批評家は、オバマ氏が本当に誠意を持って、ゴルフを放棄するべきこの趣味と民衆のグラムのうちの困難をさせないで、減らして赤メカニズム過失傷害した民衆の歓迎ホワイトハウス観光プロジェクト。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:オドラクエ10 RMTバマ毎月主動退薪5%)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk222/index1_0.rdf