呉:五年委員会から出発に仕事を進める国情革新を堅持し

May 14 [Tue], 2013, 10:23
標題:(両元ライセンスリリース)の呉、五年委員会からの国情と実際に堅持して出発推進人民代表大会仕事革新新華社北京3月8日呉邦国委員長3月8日午後に12回全国人民代表大会会議作に全人代常務委員会活動報告に言ったとき、革新的な仕事を推進する方法は、人民代表大会仕事の時代には、人民代表大会制度を堅持し、改善の内在する要求もできて、新しい情勢の下で人の仕事の題にあるべき義。私たちは憲法と法律の規定を堅持し、国情と実際から出発して、着実に秩序推進人民代表大会仕事革新し、大量の創始的仕事をさらに仕事実効。一は探索科学立法、民主立法新ルート。健全な法律草案発表メカニズム、法律草案発表常態化を実現する。常務委員会の審議の法律案も原則と中国人民をネット上に公開し、重要な法律草案はまだ主要メディアで発表し、広く社会の各界の意見を求めて、同時に健全吸収パブリックコメントフィードバックメカニズム、積極的に社会の関心し。両方の拡大人民秩序立法過程も科学政策決定、民主的意思決定の過程で、それから普及の法律知識の役割。五年に発表して、社会48件法律草案は、共有30万人余万の意見を提出し100。個人所得税法修正案草案発表後、受け取っ23万件もの意見、総合的に考慮の各方面の意見に基づいて、繰り返し協議と十分に重要な案審議委員会に改正し、給与所得控除経費の標準を3500元を低下したサラリーマン所得第一級の税率。発展の立法後評価パイロットを構築し、立法後評価作業メカニズム。選択科学技術進歩法、障害者6保障法等の法律は、アンケート調査ドラクエ10 RMT、実地調査、ケース分析など様々な形で、法律の制度の科学的、法律規定の可操作性、法律の執行の有効性などに客観的な評価を提供し、重要根拠法律改正。農業技術の普及法の改正を吸収した後、立法評価報告書提出の明確な農業技術の普及機構の公益性を強化し、公益性農業技術の普及サービスなどの意見をさらに高めて法律の対応性や操作性。二は革新監督仕事方法DQ10 rmt。質問や質問は人民に&ldquo ;府両院;実施監督の法定形式。常務委員会の審議結合を国務院関係報告を、それぞれグループ会議、联组会議などの形で展開の特定テ-マのお問い合わせは、国務院関係部門は主に責任戦友の招待出席意見や質問に答えるには、同委員会の構成员の交流を深め、共同研究の問題解決の方法が、またテレビ、インターネットなどのメディア報道現場や生放送し、積極的に発生する社会的反応。後に、選択常務委員会の構成員の関心を強化を推進する問題追跡監督、仕事の改善について。予算監督は常務委員会の重要な職権。実効を強化監督は、以前6月常務委員会会議を審議中央決算報告時一緒審議当時前5カ月予算執行状況のやり方で、変更8月会議で専門を審議当時予算の実施状況報告が、ポイント審査の全国人民代表大会の予算承認及び執行状況、中央財政予算決議移転支出の状況、重点支出資金や使用状況などを強化しながら、政府性基金予算、国有資本経営予算執行状況の監督、建設の推進政府全口径予算決算制度。追跡監督はこれらの年人民代表大会を解決重点難点のいい方法。10回常務委員会の強化を通じて追跡監督を解決した、農民就労者の賃金遅配滯納の輸出税還付、超期拘束するなどのいくつかの長期の問題を解決することができない。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk210/index1_0.rdf