台媒:“不動養老」政策にさあ

May 14 [Tue], 2013, 0:52
標題:元台媒:不動養老 ;政策にさあ台海網3月8日ニュース台灣当局は内政部 ;は、3月1日から5年の期限、実験的に行う不動養老;制。台灣の『新生』紙社説今日発表文章によると、この福祉政策的、孤独に苦くたよらなかった老人にさあ、甚だしきに至っては老人が安いの疑いがあるとして、本当に不可解と意外。福祉政策を考慮するべきその普及と実用性をするべきで、過度の理想化。社説は、長い時間ダイジェストする討論して、台灣当局は内政部 ;は、3月1日から5年の期限、実験的に行う不動養老;制。主催の部門を経て招集する関係者に議論を重ねて後、この新発売の福祉政策が、こんなに非現実的で、孤独に苦くたよらなかった老人にさあ、甚だしきに至っては老人が安いの疑いがあるとして、本当に不可解と意外。私たちは見ておき不動養老;関係資格規定、すなわちその矛盾と分かる道理に合わないで、実験的に行う対象全台を100名ドラクエ10 RMT、満65歳以上長者を持つが、住宅不足かもしれない現金で暮らし、相続人もない当局関係者にも手当を申請。;通覧上記規定、指摘しなければならないたとえ実験的に行う期、100枠も所属焼け石に水で、各都県に割り当てられただけの桁。まして実験的に行う期に5年も、制度の成否は、財力に助け困難の老人、ターミナル空想でしかない。殘りの制限も矛盾に満ちと常識はずれを持って、まずは住宅の65歳以上年上不足の場合は、現金を売り出す家屋にできる、金500万(新台灣ドル、以下同じ)以上、生活の品質を高めることができてのんびり暮らす。万一家屋を抵当に関連部門は、毎月受給しかない1万元あまり生活费、「物価指数言しか清貧に過ごして。ましてや一度死んで、家を帰る当局や銀行のすべて。ある老人は、もし参加不動養老;制、3ヶ月後は逝去して、お金はすでに受領のが4万元だけが、価値500万元の家屋はこの人が沒収;孤独でした老人にとってばかりでなく、公平かつ不合理。たとえは、平均寿命言は、65歳から起算75歳でも10年、1年平均を受け取ることができる生活費15万元(女性より低い)、10年でも150万元、当局や引受銀行は取得価値500万元の家屋は、その名の美と老人の世話をするが、実は老人の形成には別の1種の搾取。推計による、65歳に不動養老;、90歳までの可能性が引き取りと家屋等値の生活費。言わないで人生七十古来稀;でも、現代医学が発達し、寿命も有限。は内政部;考えインフレ問題だが、年増加率は1%、まったくない。矛盾する現象が多く、最近ちょうど:建て商強気商機が抢攻銀髪住宅市場。房仲业者によるとDQ10 rmt、約6割と退職族家養不動 ;ので、建商準備の環境のよい場所で、障害の有無も設備、医療サービスを提供を呼びかけ、誘銀髪族入居。この傾向は分かる隠居老人は自分の家を持つことを望み。不動養老;は老人が家に住む元を標榜するが、自財産権設定の日から、自由な処分権。もし老人結婚しても、契約終瞭。不動養老;と新しい家を買う養老;の共通点は、老人がその屋;、違いは前者で対象を孤独に苦くたよらなかった老人は、後者の広範かつ対象の生活条件の良い人。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk193/index1_0.rdf