パキスタンタリバンに襲われた女の子が退院しイギリスまで学校(図)

May 01 [Wed], 2013, 10:22
< p >で新網3外国メディアの報道によると、月20日、イギリスに治療を受けたパキスタン女の子マララ(Malala)1月が退院し、3月19日開いたイギリスでバーミンガム学校の新生活。< \/ p >< p」報道によると、マララは昨年10月に搬送されイギリスバーミンガムエリザベス病院で治療を受け、医師は、その脳インプラントひとつの特製のチタン係金属板彼女を保護する脳のほか、彼女に返す移植した人工内耳。手術が終わって2013年1月マラは退院して、イギリスの家に住んで。< \/ p >< p > 3月19日、マララその父のに付き添われてイギリスまでバーミンガムの女子学校を開いて、新しい学校生活。発表によると、パキスタン政府はマララ提供毎年1万ポンドの授業料。< \/ p >< p >マララ後のインタビューで、「私は喜んでかなう、再びキャンパスに戻ドラクエ10 RMTる。私の希望はまた世界中の女の子がこの基本的権利を享有する。」彼女はまた、非常に懐かしんでパキスタンのクラスメートや先生や希望の学校の友達と付き合うイギリス新。< \/DQ10 rmt p >< p >聞くところによると、2012年9月マラて乗って帰るスクールバス3名、タリバン1台の中型バスに乗って、遮断する彼女の乗ったスクールバスにその射撃。弾丸が当たってマララ、怪我された彼女はすぐにヘリコプターペシャーワル地区の軍病院に搬送。その後、マラて運ばれイギリスバーミンガム治療。< \/ p >< p >  ;< \/ p >< p align=「right」>(元標題:タリバンパキスタン女の子を襲撃され退院して新しい学校生活)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk150/index1_0.rdf