調査36%だけフランス年国の行く末に自信がある

April 30 [Tue], 2013, 17:57
< p >新華網パリ4月4日の特電(記者の梁霓霓李霏)フランス1部の最新の世論調査では、わずか36%のフランス年は国家の前途に自信を持って、半数フランス年希望他国に移住。< \/ p >< p >このプロジェクトは世論調査に「音声調査」が行った調査では、聞かれると国の未来を信じ、時36%だけのフランス年から否定回答、下回っドイツ75%とアメリカ67%の統計データ。< \/ p >< p >調査では、回答者のパーセントがフランス66%の衰退、87%の人はフランス経済のパフォーマンスがますます悪くなって、54%の人間というのは、グローバル化にフランスは脅威は、38%の人はグローバル化とチャンス。< \/ p >< p」また、半数18歳から24歳間の人は、もし彼らの希望条件の許可なしに、他の国に住む。この割合は25歳から34歳の回答者はもっと高くて、51%。DQ10 rmt< \/ p >< p」「音声調査」をオンラインインタビュー1002名を訪問したフランス人、こんドラクエ10 RMTな結果データ。< \/ p >< p >の委託で今回の調査W&Cie会社総裁ドゥニ?岡田セルは、この結果を示して不況を背景に、フランス年社会に疲れ果て、疲労と外部世界好奇心などの複雑な心理状態。でも、岡田セルは、この意味しないフランス若者を大量に流出し、彼らただ渇望新しい生活の体験だけ。< \/ p >p >と<岡田セルを促進し、フランス工業の発展とフランス海外ブランドのイメージアップに役立つ年国への自信を取り戻す。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:だけ36%フランス年国の行く末に自信がある)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk118/index1_0.rdf