日精神病男子地下鉄の口の人を切り緻4傷と体の超音波メモリ

April 30 [Tue], 2013, 17:20
< p」「環球時報駐日特約記者李珍」19日午前、日本東京一地下鉄駅付近で「ランダム人を切り事件」ドラクエ10 RMTによって4人がけが。この事件自体は特に深刻だが、近年日本では駅の近くに頻発して類似暴力事件で、令社会にとって頭が痛い。< \/ p >< p >日本「毎日新聞」の報道によると、現地時間19日午前8時15分ごろ、東京江東区の東京地下鉄東西線東陽町駅前交差DQ10 rmt点、1名の刃物男が突然に向かって駅前道中の人が勝手に刺され、伐採。その時こそ日本早くピークの時間、地下鉄駅の往来の数。刃物男の突然の登場に混乱させる人、4名年約30歳から60代の男性を切り付ける。その後にこの男が駆け付けた警察官に東京これ、警視庁が殺人未遂の疑いで逮捕。全体の約1時間事件。< \/ p >< p >日本警察調査確認後、男は現在49歳、自称黒社会の元メンバー、持ち歩いた二つの包丁。男は自分にとっての「包丁を持っ駅の暗殺者」のことを認めてい。しかし暗殺通行人の動機について、男の答えが不思議で、「自分の中で聞こえ埋蔵の超音波殺人」。日本の警察が吸う男を幻薬。日本新聞網によると、警察の調べによると、この男性は精神疾患、かつて長期入院治療。< \/ p >< p >日本各テレビ局19日までこの事件を追跡報道。近年、日本の駅週辺が多発類似のランダム殺人事件」と称して、日本は「無差別殺人事件」。去年大阪心斎橋商店街に一緒に地下鉄駅の近くに「ランダム殺人事件」2人が通行人死亡。2008年6月東京秋葉原駅の近くに、男が通行人を先には車を運転して、後は下車ナイフで通行人に警察によると、7人が死亡、負傷者14。世纪の90年代の東京地下鉄サリン事件は更に驚きの全体の世界を。駅から近くに人が集まり、「ランダム殺人」事件は突然ですが、よく破壊性が大きくて、どのように用心するこれらの「無差別殺人」の場合、ずっと日本社会に悩む。< \/ p >< p align=「right」>(元標題:日東京地下鉄が頻発して「ランダム人を切り事件」という日本頭痛令)< \/ p >
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aradkk109/index1_0.rdf